ここから本文です

奨学金を借りる時、人的保証をする場合は連帯保証人は2人必要なんですか? そ...

tky********さん

2010/5/121:23:00

奨学金を借りる時、人的保証をする場合は連帯保証人は2人必要なんですか?

それとも連帯保証人1人、保証人的な人1人が必要なのでしょうか?



教えて下さい!!

閲覧数:
12,006
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

si7********さん

2010/5/200:09:18

JASSOでは連帯保証人一人、保証人一人です。
(少なくとも私が借りた頃は)
で、連帯保証人は父に、保証人は伯父に頼みました。
現在は奨学金を完済しております。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rik********さん

2010/5/512:35:25

専門学校で奨学金の担当をしています。

連帯保証人1人、保証人1人です。

連帯保証人は両親のどちらかしかなれません。
保証人は逆に両親はなれず、4親等以内の65歳未満の成人で、本人や連帯保証人とは別生計の人、という条件があります。
また、印鑑証明を提出しなければならないので、実印の登録をしている人でないといけません。

採用決定時に返還誓約書を提出するんですが、それはそれぞれの直筆でないといけません。
(つまり、奨学生・連帯保証人・保証人がそれぞれ記入するということ)
また、その時に収入の証明や印鑑証明が必要になります。
もし保証人がその条件に当てはまらない知人なのであれば、さらに提出書類は増えます。
(すべての財産の証明や返還保証書など)
ですので、支援機構としては、機関保証を推奨しています。

あひるさん

2010/5/205:26:50

■2. 連帯保証人(保証人)を選任する場合
以下、それぞれを選任します。

連帯保証人(父母。父母がいない場合はそれに代わる者)
保証人(原則として4親等以内の親族で、連帯保証人と別生計の者)
申込時に、「連帯保証人」を選任し、その方の「印鑑証明書」を提出します。
貸与終了時に、連帯保証人と保証人を選任し、連帯保証人の「印鑑証明書」と「収入に関する証明書」、保証人の「印鑑証明書」を提出します。(4親等以内の親族でない人を連帯保証人や保証人にした場合は、貸与終了時に「返還保証書」及び資産等の「証明書類」の提出が併せて必要になります。)

■連帯保証人には誰を選べばよいですか。
連帯保証人には、原則として父母のどちらかを選んでください。

ただし、本人が未成年者(20歳未満)の場合、連帯保証人は親権者(親権者がいない場合は未成年後見人)となります。

★今年から返還誓約書の提出が早くなったようですので、保証人の印鑑証明も早い時点で必要かもしれません。
連帯保証人・保証人は1人ずつで良いですが、娘が3年前に申請した時は、未成年だったからか親権者などの欄に両親が揃っている場合は父母両方の署名をした記憶があります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる