ここから本文です

新党改革の支持率は低迷しているようですが、舛添要一代表は人気のようです。 ...

akifutaroさん

2010/5/200:31:51

新党改革の支持率は低迷しているようですが、舛添要一代表は人気のようです。

この新党改革に期待しても良いのでしょうか?

確かに集まったメンツは微妙すぎますね・・・。

『舛添要一前厚労相が代表となった「新党改革」の支持率が低迷している。報道機関の世論調査で、舛添氏は「首相にふさわしい人」の1位なのに、このギャップは一体何なのか。永田町では「新党の参加メンバーが微妙すぎる」という見方が広まっている。

共同通信の世論調査(29日公表)。舛添氏は前月比4.1ポイント減だったが18.3%で「首相にふさわしい政治家」の首位をキープ。一方、新党改革は1.6%という低支持率だった。

そもそも、新党改革は、舛添氏が改革クラブに入党し、党名を変更したリフォーム新党。渡辺秀央最高顧問と荒井広幸幹事長、山内俊夫国対委員長が残留組で、自民党から矢野哲朗、小池正勝両参院議員が合流した。

旧改革クラブについて、政治ジャーナリストの角谷浩一氏は「永田町では『はぐれ鳥たちの政党助成金受け取りシステム』と揶揄する人もいた。政党要件を満たす5人をそろえることにきゅうきゅうとしていたイメージがある」と断じた。

振り返れば2008年8月、渡辺氏ら参院議員5人で結党予定だったが、「ぶって姫」の姫井由美子参院議員がドタキャン。残ったメンバーに「まぬけ4人衆」と捨てぜりふを残して去った。

その後も、欠員が出るたびに、無所属や自民党からメンバーを補って5人を確保してきた。

個人の経歴でも、舛添氏とは距離がありそう。

渡辺氏は、自民党衆院議員時代に郵政相を務めたが、1991年と96年の総選挙で落選して新進党に入党。その後、参院にくら替えし、自由党、民主党と籍を移った。民主党所属時の04年の参院選では、比例で最下位当選。07年ごろから「反小沢色」を強め、改革クラブを結党した。

「政界の一寸法師」といわれる荒井氏は自民党衆院議員を3期務め、04年に参院に。その後、郵政民営化に反対して離党し、田中康夫代表と新党日本を結党したが、また離党して改革クラブ入り。民主党関係者は「荒井氏は臆面もなく、その時の人気者に接近していく」とあきれる。

自民党から合流した矢野氏は、安倍改造内閣で「入閣濃厚」といわれ、議員会館にモーニングまで用意していたのに入閣できず、安倍氏本人に電話で問い合わせる姿をテレビで報じられている。

角谷氏は「舛添氏は国民的人気が高いが、それ以外は『愉快な仲間たち』といわれても仕方ないメンツだから」と、支持率低迷について語る。』

この新党改革は夏の参議院選挙ではどうなりますかね?

期待して良いですか?

閲覧数:
1,370
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mimikuro3bonさん

編集あり2010/5/200:49:16

舛添さん=外国人参政権賛成派

だからアウト!!

彼の人気もマスコミが勝手に作り上げたもの。

質問した人からのコメント

2010/5/8 23:18:03

成功 在日外国人に地方参政権を授与するのは私も大反対です!よって新党改革には投票しません!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/5/201:40:12

外国人参政権賛成ってだけで何の期待もしてません。

むしろ自民から、こういう議員が離党してくれた事がありがたいです。

まぁ、新党と言うよりただ舛添が改革クラブに入っただけでしょw

さむい・・・さむい・・・

2010/5/201:03:24

舛添君失敗しましたね。
このまま自民党にいれば、谷垣氏の後で総裁狙えたのに。
次の衆議院選で勝てば舛添総理になれたものを・・・・・・。
政党助成金狙いの改革クラブ乗っ取りも見え透いてて、もう完全に大失敗。
これで舛添総理の可能性は永久に消えた。ある意味、谷垣の筋書きどおりか?

sinjjj2005さん

2010/5/200:52:42

1%も期待できません。
舛添氏以外は、今年の参議院選挙で改選になりますが、当選はかなり難しいと思います。
舛添人気も、マスコミが作ったようなものです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。