ここから本文です

同じ敗戦国のドイツやイタリアでは何故戦争放棄の憲法が作られなかったのでしょう...

han********さん

2010/5/820:50:18

同じ敗戦国のドイツやイタリアでは何故戦争放棄の憲法が作られなかったのでしょうか?

閲覧数:
3,707
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

amu********さん

2010/5/821:18:08

ドイツ、イタリアへ進駐した連合国側(特に米国からみた)の事情があったと思います。

①日本国憲法のように、
戦争放棄(武力行使は~、永久にこれを放棄する)
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
とまで明記しているのは、めずらしいですが、
②ドイツ憲法(ボン基本法)では、以下のように、侵略戦争を禁止しており、それで、歯止めをかけています。
第28条
1、侵略戦争の禁止(侵略戦争の遂行準備と行使は、違憲であり処罰する)
2、戦争遂行のための兵器は、連邦政府の許可を得られた場合のみ、製造・運搬・取引できる。

質問した人からのコメント

2010/5/9 18:06:39

降参 皆さんありがとうございました。
ドイツの憲法にこんな条文があるとはしりませんでした。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

voo********さん

2010/5/916:46:41

日本は無条件降伏したのです。
戦争放棄の条文はそれを世界に表明したのです。
何をされても抵抗しないという意味です。
ドイツ・イタリアは無条件降伏したわけではないので、日本とは全然違います。

gyo********さん

2010/5/902:20:12

それまでの歴史でも敗戦した国というのはいくらでもありますが、それで軍事力の完全放棄を憲法に謳った例はありません。
第一次大戦後のドイツでもそれなりの軍事力は持つことが許されましたし、戦勝国が敗戦国を併合するのでない限りは国を守るための兵力は持たされて当然です。
実際日本に対してもアメリカは再軍備を要求していますし、その結果として自衛隊が出来たわけです。
それを憲法を利用して軍事費を最低限に抑え、「元はといえばマッカーサーが軍備放棄とか言い出したんだから」と国の守りをアメリカに肩代わりさせることで経済再建に全力を投じるというアクロバティックな手段を採った戦後日本のやり口が世界の常識の斜め上を行っていたということなのでしょう。

him********さん

2010/5/823:08:08

国の事情でしょうね。
日本みたいな海洋国家はアメリカの海軍力が絶対だったため、アメリカ軍がいる限り国防に問題がなく戦争放棄憲法が現実的だった。
逆に、ドイツはソ連がすぐそばまでやってきているわけですから、軍事力の放棄などできるはずもない。
あと、イタリアはムッソリーノを追放して枢軸を裏切ってますので敗戦国ではない。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる