ここから本文です

有給をとった月は、休日出勤に伴う時間外手当をいただけないのでしょうか。教えて...

tiy********さん

2010/5/1023:15:55

有給をとった月は、休日出勤に伴う時間外手当をいただけないのでしょうか。教えてください。

5月の連休に有給休暇をいただきました。月末に4時間の休日出勤するように言われました。私は休日時間外手当がいただけると思っていましたが、月の中で有給休暇を取っているので休日出勤の扱いにはならないと言われました。有給休暇を取った月は、休日出勤の時間外手当はいただけないのでしょうか。回答よろしくお願いいたします。

閲覧数:
1,481
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

2010/5/1107:39:58

>有給休暇を取った月は、休日出勤の時間外手当はいただけないのでしょうか。

労基法の休日労働なのかどうかで変わります。
ほかの方も書いていますが、労基法35条により、1週1日4週4日の休日が労基法上の休日です。
ですから、1ヶ月に3日しか休みがないのであれば、1日は少なくとも休日の割増賃金35%は必要です。

たぶん時間外労働の25%になるかどうかです。
法定外休日に4時間労働したことにより、1週の労働時間が44時間になったのであれば、4時間25%のの割増賃金の支払が必要です。
有給の取得した日は、労働ではないので、労基法32条の労働時間には含まれません。
労基法32条の労働時間というのは、会社の指揮命令下に置かれた時間のことであり、有給は労働から解放されている必要があるので、労働時間には該当しません。
有給を取得した日が平均賃金や有給の出勤率には労働したものとみなされるので、勘違いされている人が多くいます。

>月の中で有給休暇を取っているので休日出勤の扱いにはならないと言われました。

別の週に有給をとっているのであれば、フレックスタイム制でない限り、時間外になるでしょうね。
フレックスの場合は、1ヶ月の総枠で見るので、有給を取得しているのであれば、その休日(時間外労働)の4時間が時間外労働にならない可能性はあります。

ただし、仮に時間外にならないばあいであっても、100%の時間単価の支払は必要です。

例えば所定8時間で、午前中に4時間の半日有給をとって、午後から6時間労働した場合は、労基法32条の労働時間は6時間なので、法37条の割増賃金の対象にはなりません。
ただし、本来4時間のところを6時間働いているので、法定内残業として100%の時間単価の支払まで免れることはできません。

質問した人からのコメント

2010/5/11 20:37:16

ありがとうございました。よくわかりました。雇い主に休日出勤した時間分だけ、休みを取るようにと言われましたが、給料はなんだかんだと理由をつけて下げられ、35%や25%の上乗せがなくても普通に時間外手当がいただければ生活は少し楽になります。勇気を出して時間外の申請をしてみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2010/5/1101:02:56

有給休暇は給料のある休みというよりも労働を免除される日と判断されます。
つまり休んでいても働いているとみなされるのです。
そもそも有給を取る事で不利益があってはなりません。
会社の行為はは問題のある行為です。
賃金未払いとなりますから労基署に相談してみてください。

hid********さん

2010/5/1023:39:35

・休日割増(35%以上)の対象になるのは、所定休日のうち、週1日の「法定休日」だけです。
・法定休日以外の所定休日に出勤した場合は、週40時間超の時間外割増(25%以上)の対象です。

この場合の労働時間は実労働時間によります。
ですので、有休を取った週の法定休日ではない所定休日に出勤した場合、その週の実労働時間が40時間を超えなかったのなら、時間外割増はありません。

ひょっとしたら使用者は、「4週に4日以上の休みがあるから……」と思っているかも知れませんが、「休日」と「休暇」は違います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる