ここから本文です

水平震度 K=1ってなんのことでしょうか?

job********さん

2010/5/1120:43:07

水平震度 K=1ってなんのことでしょうか?

閲覧数:
41,909
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sor********さん

2010/5/1321:19:03

震度法の震度のことであれば以下のとおりです。

地球の重力加速度はg=980cm/s^2(または9.8m/s^2)で表されます。

地震時には物体に水平方向に慣性力が作用します。
この物体に作用する力をF、物体の質量をm、物体に作用する加速度をαとすると、

F=m×α

となります。

この慣性力Fの大きさを物体の重量Wと比較して何倍の力かを表すと、

W=m×g

ですので、

F/W=α/g

となります。

このα/gを震度と呼び、K=α/g と表します。

地震時の構造物や斜面などの安定を検討する際に、震度Kを用いて慣性力F=K・Wを作用させて解析する手法を“震度法”といいます。

震度法は1916年に東京大学教授であった佐野利器教授(建築学者)が提案した方法であり、現在でも簡便な解析手法として用いられています。

尚、加速度を特に1gal=1cm/m^2と表すことがあります(1galは1ガルと呼びます)。
地震に伴う加速度を表すときに用いられる表現です。
したがって、重力加速度gをガルで表すと、g=980gal となります。

K=1とは、地震時に水平方向に重力加速度と同じだけの加速度が作用することを表します。
言い換えれば、地震時に構造物に対して水平方向に構造物の重量に相当する慣性力が作用することを意味します。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる