法務局の公図にも、市役所の公図にも載っていない土地

不動産27,135閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

おっしゃるとおり、土地家屋調査士に依頼したところ、境界線が抜け落ちていました。図書館に保管されていた地図で確認ができました。土地台帳の閲覧でも、分筆登記の、確認ができました。アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2010/5/23 22:35

その他の回答(3件)

1

残っていればの話ですが、 ①法務局の古い台帳から土地の成り立ちを確認する。 (電算化前の台帳の更に前の地租の時代の台帳。) 旧台帳に出ていない経過が記載されていることが多い。 ②測量図。法務局に無いものでも法務局から市役所へ 送付された登記申請書の副本(測量図・位置図が添付 されている)が市役所へ残っている可能性がある。 元番、隣接地番の分筆時のものを調べてもらう。 保存スペース等の関係で廃棄している所や、倉庫に眠ってい て所在不明の所も多いと思われるので、どちらも閲覧でき る保証はありません。 しかし、この方法以外で真実に近づくのはちょっと難しいかと 思います。

1人がナイス!しています

0

単なる現況確認不能地では? 国勢調査の漏れだとか、そんなところではないかと思います。 役所は登記にある限り、どこにあるかわからない土地でも課税をしますので、 現所有者が閉鎖すればいいのだと思います。

0

市役所の課税台帳に原則位置図があるはずじゃなかったですか? 区長等が持っている古図 隣接の測量図から探す 隣地らしき人の所有者より聞き取り 土地家屋調査士に相談 しか思いつきません。 後は市役所の固定資産税の係で探さすしかないでしょうね