ここから本文です

妻がうつ病パニック障害で悩んでます。 妻から突然離婚したいと言われ戸惑って...

oha********さん

2010/5/2012:26:56

妻がうつ病パニック障害で悩んでます。

妻から突然離婚したいと言われ戸惑ってます。
子供が2人いるので自分としては離婚したくありません。

同じ様にパートナーがうつ病パニック障害で夫婦一緒に協力している方、又は経験者からのアドバイスが欲しいです 。
よろしくお願いします。

閲覧数:
1,092
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mit********さん

2010/5/2013:05:23

私も「うつ病」、「パニック障害」をもっています。「過敏性腸症候群」や「不安神経症」や「そううつ病」を発症しています。
ohanabloodさんは、奥さんに「頑張れ」とか励ましたりはしていませんか?していたら、良くない事です。
奥さんから、「何故離婚をしたいのか?」を聞いていますか?「病気」か「ohanabloodさんに迷惑をかけさせたくないか」のどちらかの原因で言っているのかもしれません。
私も先月まで仕事していましたが、パワハラが原因で退職をしました。病気も発症して11年以上になりますから・・・・。
旦那は私の病気を理解し、病院にも付き添って来ています。
ohanabloodさん、奥さんは1人で病院へ行きますか? 1度、一緒に病院へ行って、医師とも話してもいいと思います。
心療内科か精神科のどちらかの受診をしていると推測します。
大丈夫ですよ、私達には子供がいないので子供に関しては分かりませんが、ohanabloodさんの気持ちは分かります。
まずは、奥さんを休養させてあげて下さい。
また、分からない事があれば、相談に乗りますよ。遠慮なく質問下さい。励ましは厳禁!

質問した人からのコメント

2010/5/27 12:24:19

ご協力ありがとうございます。
今は少しずつ妻と話しています。
自分で注意していたのですが何回か妻を励ましてたのが つらかったみたいです。

でも、別れたいて気持ちはまだ変わらないみたいで少しずつ妻と話ができればと思っています。
また何かあったら皆さん相談にのってください。よろしくお願いします。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kon********さん

2010/5/2215:50:03

あなたがストレスかもしれないから取りあえず今苦しいからかあなたへの遠慮かもしれません 奥様の病気をよく調べて下さい そして支えになるから離婚は病気が治ってからかんがえよう 今は大切な人だからとはぐを勧めます 繰り返し愛を伝えて下さい うつは寂しさや悔しさに憎しみが根雪のようにつもり本人も知らない病気です 愛と休養が何よりですよ

aka********さん

2010/5/2116:19:02

パニウツ元気(漢方薬)を試してみてはいかがでしょうか?副作用ないみたいですし
2月位前は予約殺到し過ぎで 一時期発注が間に合ってなかったぐらいの評判ぶりです
他にトラウマを抱えてらっしゃる場合は地球が天国になる話

霊的なものを心配されてる場合は伊勢白山道ブログをオススメします

ame********さん

2010/5/2100:23:32

どうか、これだけはわかってほしいです。奥様が言う「離婚したい」は本心ではありません。
私は元の奥様を知らないですが、今まではどうでしたか?病気が言わせている可能性はありませんか?言った本人も後で後悔している場合があります。

あと精神疾患は短期間で治るものではありません。しかし良い時と悪い時を繰り返すうちに、多くの人が回復する病気です。

でも質問者様も奥様の心ない言葉に、きっとすごく傷付いたと思います。受け入れるも拒むも結局は質問者様の決断。質問者様自身のお体もお大事に‥

jul********さん

編集あり2010/5/2018:40:04

ohanabloodさん julianday187です。 投稿遅くなり申し訳ありません。

では、前回の続きを話させて頂きます。

3回目の入院は、今までの総合病院の精神科ではなく、完全な精神病院と呼ばれる所への入院でした。

ここは、今までの病院の入院環境とは、全く異なっていました。

大きく違うのは、今までの病院は開放病棟と呼ばれ、お話しした様に入院環境は自由でしたが、

ここの病院は閉鎖病棟と呼ばれ、完全に24時間、医師、看護師の監視下にあり、病棟からは一切出れません。

所持品(携帯電話、現金、腕時計、タバコ、ライター、アクセサリー、ベルトは自殺防止の為)も全て取り上げられました。

面会も決められた家族以外は一切ダメです。

病棟内に設置されている自動販売機を利用する時は、その都度、看護師に依り管理されている、

前払いしてある自分のお金から120円もらい買いました。

食事も入浴も全て監視下にありました。就寝時も1時間置きに見回りに来ました。

また、ここの病院のもうひとつ大きな違いは、入院患者です。

今までの病院の入院患者の多くは、うつ病でしたが、ここでの入院患者の多くは統合失調症や覚せい剤依存者などで、

私の様な、うつ病、自傷行為患者は軽い病状に入ります。

女性の入院患者は、うつ病や、自傷行為、摂食障害(過食症、拒食症)が多かったです。

ここでの、治療方法はやはり薬物投与ですが、デイケア(またはOT)と呼ばれる社会復帰訓練です。

体育館での色々なスポーツ・カラオケ・映画鑑賞・バスに乗ってドライブ・おやつ作り・皮細工・絵画・合唱などなど、

とにかく色々やりました。強制ではなく自分の病状をとても考慮してくれました。

一見ただ遊んでいる様に思われますが、考えて見て頂ければ全て日常生活なのです。

健常者の方には理解に苦しむ所だと思いますが、精神疾患を抱えている人は、

当たり前の日常生活が出来ず苦しんでいるのです。

きっと奥様も、そこを苦しんでいるのではないでしょうか?

ここでは長い入院患者は、何年、十何年です。私は約4ヶ月と言うここ病院では早い退院でした。

ここでの入院をきっかけに私は職場復帰が出来ました。

時たまパニックに襲われながらもなんとか通院しながら仕事もこなし、

一番の趣味である海外旅行にも、独りで行かれるまでになりました。

所が2年前に再発です。

きっかけは、職場でのパニック発作でした。運悪くペーパーバッグを所持していなかった為、

何も言葉を発せられず、救急車を呼ばれる事態になりました。

その頃覚えたのが、オーバードーズ(薬物の多量摂取)です。

自殺願望が抜けない状態の私は、多数の精神科を受診し、睡眠導入剤のハルシオンを約800錠、

睡眠薬のベンザリンを約400錠集め、それを自殺目的にいっきに飲みました。

普段、無断欠勤をしない私を不信に思った上司から連絡で家族に発見され、

救急車で病院に搬送され、胃洗浄、腸洗浄され、意識が戻ったのは2日後のICUのベッドの上です。

医師から説明を受け、今の睡眠薬は非常に安全に開発され、致死量も何万錠と、

自殺は、ほぼ不可能と言われました。

しかし、少量(処方されたばかりの2週間分程度)のオーバードーズを無意識のうちにする様になり、

職場の保健士さんと、医師と相談し、再度4回目の入院(3回目の精神病院へ)をする事になりました。

3ヶ月程、入院した後、退院し、現在は復職しなんとかやっています。

長文になり、何のお役にもなりませんが、これで全てです。

今がご主人もふんばり所だと思います。がんばって下さい。 くれぐれも、奥様に対し、がんばれは絶対に禁物です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる