ここから本文です

犬の睡眠時の明るさについて

inu********さん

2010/5/2108:48:00

犬の睡眠時の明るさについて

ふと疑問に思ったのですが、犬の睡眠時の照明について、
寝る時は、真っ暗にした方が良いですか?
それとも蛍光灯の豆電球程度の薄明かりが良いのでしょうか?

今までは薄明かり程度にしていたのですが、
自分(人間)は、真っ暗じゃないと熟睡できないので、
犬もそうなのかと・・・・

因みに我家の愛犬は、1歳になったばかりのチワワ(♀)です。

犬の生態に詳しい方、アドバイスをお願いいたします。
質問以外の注意点などもありましたら併せてお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
53,915
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

alu********さん

2010/5/2109:22:19

犬というのは寝たり起きたりするものですが、昼間と夜の睡眠の違いは「光」です。

体内時計は太陽と一緒に働くため、夜間は暗くして睡眠をとることで、身体に必要なホルモンやタンパク質が十分に合成できるのです。

体内時計は光のため、身体に熟睡モードの信号を送れません。

世の中、全てはバランスとタイミング。

これらが一致した時にこそ、最善の結果を得ることができるのです。



お話になっているような若干の薄明かりと、暗闇のどちらがいいのかでは、飼い主さんの希望で考えればいいと思います。


煌々と電気がついている部屋と、照明を落とした静かな環境では、どちらがいいのかというのは、説明しなくてもお分かりでしょう。



犬は人にとっての最適な明るさよりも弱い光、暗がりでも感じ取れる眼を持っています。
(視力がいいというわけではありません)




また、寝る直前まで一緒に遊んでいて、突然「はい、おやすみなさい」という切り替えは、興奮しやすい個体には無理な場合もあります。

夜型の彼らにとって、自分達が落ち着いたその時間にたくさん遊びたい気持ちは分かりますが、それでは神経が興奮し、身体が熟睡できません。

寝る前はマッサージなどのコミュニケーションをして心を落ち着かせ、せめて照明を落とし、静かな環境作りをしてあげたいものです。




睡眠時とは違う状況では、反対の「光」についても考えてあげられるといいでしょう。

健康の管理者は神経系と内分泌系であり、それを支配するのが「光」それも7色のフルスペクトラムをバランス良く含む光、特に太陽光であるそうです。

太陽光は生命機能のコントロールタワーである脳の視床下部を刺激し、体内平衡を維持するために重要な自律神経と内分泌系に指示を出し体内バランスをコントロールしています。

そして、自律神経が体内臓器に情報を送る脳の松果体に影響を与え、それが老化に関与するホルモン「メラトニン」の分泌を促進し、寿命を延長するのではないかとも言われています。

一方でフルスペクトラムを持たない白色蛍光灯ではこの効果は得られず、逆に健康にマイナス面が生じることがあるため、ドイツでは法律的に病院および医療機関での白蛍光灯の使用が禁じられているそうです。



太陽の光は、食糧や空気が私達生命に栄養を与えているのと同様、それ以上のことを目に見えない部分で行っています



現代社会ではオゾン層の破壊による紫外線の害が取り上げられるせいか、生活から太陽にあたることの大切さが消滅しつつあるように思えます。

また、本来目覚めから就寝まで「光」とともに変化している生活も、人工的な「光」に左右され、「太陽の光」の美しさを忘れがちです。

その結果、私達現代人は、かつては存在しなかったような精神的または肉体的疾患に悩まされているのかもしれません。



その点、動物はいつの時代も文明に左右されることなく、たとえ文明の中にあっても自然の教えにそむくことなく生活しているように思えます。



沢山の食物はあっても、食べるものを選ばなければ「栄養不良」になるのと同様、多様な光が存在しても必要な光を選ばなければ「光不足」に陥り、健康を損ねることになるかも・・・ということにも気付いてあげられるといいでしょうね。


そして、それが良い睡眠にもつながるのではないかということにも。

質問した人からのコメント

2010/5/28 16:36:37

感謝 詳しく教えて頂いてありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aec********さん

2010/5/2110:29:13

犬の視力と言う点からお話いたします。

犬は元来夜行性動物ですので、暗いところでよく機能する目を持ち、それを使い分けています。

明るいところでは普通のカメラ、暗いところでは高性能暗視カメラを使います。

普通のカメラ(目)しか持たない人にとっては暗くても、犬には充分明るい環境と言えます。

ですので就寝時、部屋を真っ暗にしたら犬が見えなくなって困るということはありません。

もし、困っているようでしたら網膜の病気が考えられます。

その際は動物病院にお連れください。

また目の健康管理の方法について情報公開しておりますのでご活用ください。
http://animaleye.exblog.jp/

ori********さん

2010/5/2109:04:47

犬は野生の名残りか、真っ暗闇でも人間の表情がわかるほど
夜目が利くそうです。
ですから、すべての電気を消灯しても何も問題ありません。
また、電気を点けているからといって寝られないということもありません。

犬が落ち着いて寝られるかどうかは明るさではなく
落ち着ける場所です。

毎日同じ場所で寝ているのならば、チワワちゃんは毎日安心して熟睡してますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる