ここから本文です

プルデンシャル生命の米国ドル建終身保険について

hir********さん

2010/5/2109:15:42

プルデンシャル生命の米国ドル建終身保険について

30歳・自営業・家族は妻・年内に子供が増える予定です。
付き合いでプルデンシャル生命の方とお話しました。

終身保険で必要な額は、5千万円とされました。

65歳払い込み済でいくと、通常では月額9万円だそうです。
とてもじゃないけど払える額ではありませんでした。

そこでお勧めされたのが、米国ドル建の保険です。
現在のレート換算でいくと
月約5万円の保険料で、死亡時にこれも5千万円。

単純にはお得な保険なように思えますが、いかがなものでしょうか?

為替が35年後にどう変わってくるか心配ですし、こういった保険の保険料としては妥当な保険料なのでしょうか?

閲覧数:
6,442
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

usa********さん

2010/5/2109:37:20

2級ファイナンシャルプランニング技能士(AFP認定者)です。

現在、米ドルに対して円高なので、円換算すると保険料は低いので、良いですが、今後に日本経済が回復したとしても、米ドルに対して円高が続く保障はありません。

外貨預金や外貨建てMMFや外貨建て投資信託となんら代わりがないので、為替リスク、信用リスク、価格変動リスクを理解した上で検討する必要があります。毎月支払うのであれば、ドルコスト平均法に従って、保険料を支払うこととなるので、長期投資の商品としては、まずますといったところです。

従って、不安であれば無理な保険契約はさけても良いと思います。今、生命保険業界は国内系、外資系いずれも競って加入を勧めているのが現状です。

私個人もプルデンシャル生命は円建て利率型変動終身保険(最低保障)に加入はしていますが、外貨の保険はあえて、しておりません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tat********さん

2010/5/2317:15:33

あなたが担当者を気に入って納得できれば加入すれば良いですし、そうでなければ断れば良いと思いますがいかがでしょうか?

pru********さん

2010/5/2223:35:51

ドルが必要になる事情がなければ私はどうかと思います。
あなたの保険金を受け取る方は急にドルを受け取って安心ですか?

いつまで自営業を続けられるかなど理由があって、終身でその金額が必要なのですか?

プライバシーにかかわるのでなんともいえませんが、終身5千万円をどう算出したのでしょうか?

jap********さん

2010/5/2117:12:54

損得で言えば終身保険となりますが問題はドル建てです。支払う保険料も受け取る保険金や解約返戻金も全てドルなのです。
本来あなたが円建ての終身保険に加入しておりさらに将来の不安を解消するために基軸通貨を利用した終身保険に補填として
加入するという目的であれば良いのです。しかし全てがドル建てとはあなたが65歳まで円高が続き66歳から円安になるなど
ありえません。仰るように円建てと比較すれば予定利率は倍程度ドルが高いはずで今の換算で同じ保険料で比較すれば3割ほど
安価に見えますがそれは今だからなのです。ただし円安になった場合減額するなどをすればそれなりにヘッジは効きますが
あとはあなたが担当者のメリットとデメリットを十分聞いて判断したほうが賢明です。プルデンシャルはコンサル営業に特化した
会社ですが担当者のキャリアによって大きく将来の信頼性が変る可能性もあり高額な保険料の支払いもあるわけで納得してから
判断すれば良いのです。もしも私だったら円建てをドル建てを半々にします。また将来的にそれほど高額な保障が不要であれば
プルデンシャルには年金支払いタイプの養老保険があります。これも円建てと外貨建てがありある年齢まで保障がありそれ以降
年金として受け取れるという面白い保険です。最初から年金保険ではなく死亡保険金があるためにうちの会社でも最近興味があ
あるようです。
今後リリースするかどうか知りませんが聞いてみたほうが良いかもしれません。ただし私はあなたに勧めているわけで
はありませんので。

lun********さん

2010/5/2113:50:07

なぜ定期でなく終身になってしまったのか分かりませんが、死亡保険で必要なのは子供の学費と生活費くらいで期間は成人するまで20年もしくは大学出るまで最短23年程度です。掛け捨てなら比較的安く済みます。

ドル建ては外貨投資です。アメリカ留学でもさせるならともかく国内で使う分を確保するためにリスクをとるのは確実ではありません。

掛け捨てのライフネットの場合は5000万20年に就業不能10万をつけても1万以内に治まります。定期死亡保険より割安な収入保障保険もほかで探せばありますのでいろいろ選べるとは思います。
http://www.lifenet-seimei.co.jp/plan/index.html

dog********さん

2010/5/2111:14:45

一見お得な保険に見えるとは思いますが、あくまで現在時点での話になります。保険は自体いい保険ですが円安になっていったときに解約返戻金が増えていくのと同時に支払っていく保険料も高くなっていきます。
今1$=90円で月払保険料が5万円とすると、1$=100円で約5万5千円、1$=110円で約6万1千円と支払っていく保険料が変わる場合があります。
死亡保障が終身で5000万円とされた理由がわかりませんが、今現在の死亡保障がいくら必要なのか?その金額がいつまで必要なのかをしっかりと確認されれば終身保険だけで5000万円にはならないと思います。
終身保険や収入保障保険など組み合わせれば保険料はもっと抑えることができるかと思います。
一例ですがアリコのマイフューチャーという終身保険なら同じ内容で保険料が円建てなので月6万円くらいで保険料が変わることなく5000万円の死亡保障を付加することができます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる