ここから本文です

中学3年間より高校3年間の方が早く感じるのはどうしてですか?

tos********さん

2010/5/2717:11:45

中学3年間より高校3年間の方が早く感じるのはどうしてですか?

閲覧数:
750
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ega********さん

2010/5/2717:29:26

人は、時間を『自分が生きてきた時間』を分母として感じるようにできています。

例えば、14歳中2の1年間は、自分の中で14年分の1年。17歳高2の1年間は17年分の1年です。
言い方を変えると、20歳の人の10年間は、その人の人生の50%を占めますが、50歳の人の10年間は20%でしかありません。
このため、歳を重ねるほど時間をみじかく感じるようになるのです。

質問した人からのコメント

2010/5/27 17:37:44

成功 なるほど、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

xx_********さん

2010/5/2717:20:24

俺のカンでは、今まで生きてきた人生に対する3年の重み?比率?が違ってるからだと思ってる。
赤ちゃんや乳幼児の時の記憶はほとんど皆なくなってると思うので、物心ついてある程度記憶の
ある幼稚園の5歳をスタートとして、そこから小学校の6年間は6/7年、そりゃその時点での人生
大半が小学校なんでめっちゃ長く感じると思う。
中学で3/10年、高校になると3/13年と年月が経つにつれて人生においての1年の比率が減ってきます。
それでも高校でも今思い返すと、まだゆっくりだったな。学生の時はイベントとかいろいろあって覚えてる
事が多いからってのもあるんだろうね。
二十歳すぎると早いとよく言いうけどホント早い(笑
25歳~31歳の6年が小学校のあの長かった6年とほんとに同じ日数あったの???って思う・・・。

nan********さん

2010/5/2717:16:48

ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネが著作で紹介した法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に解明した。

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

yas********さん

2010/5/2717:16:01

人間の中の経験をする時間の差によって生じるものです。
たとえば、100歳の人の1年と1歳の人の1年。
どちらも同じですが、1/100なのか、1/1なのかでは意味が違います。

この点ではないでしょうか?

人間は、年を重ねるごとに、時間の経過が遅く感じると言われています。

もう一点、中学生より、社会的に認められている部分が多い分、楽しみや、
喜びなど、社会的自立の一面が多く、より人生が満喫できるようになるからではないでしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる