ここから本文です

アレルギーのこと、体質

ryu********さん

2010/5/2813:25:45

アレルギーのこと、体質

学生です。僕ははっきりと確定はしていませんが花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、金属アレルギーを持っています。

高校の頃、春になった時に鼻がムズムズし、総合病院だと初診はなぜかレントゲンを撮られるし高いので個人の耳鼻科に行ったのですが、院長が無愛想で患者にキレる人だったのですが、鼻の中の検体を採っても花粉は見つからず、パッチテストも陰性で、「うーん、花粉はないけど症状からするに花粉症だなあ」と言われ、薬を飲んだら治りました。

その後、春や秋、黄砂の時期になるとくしゃみや鼻水、さらには目がかゆくなり結膜が炎症を起こすようになりました。眼科の先生は「おそらくアレルギーでしょう」と。それから掃除などをしていてほこりがたつと先述の症状が出ます。なので花粉症などの時期には今は通院しているクリニックでタリオンという薬をもらっています。(ちなみに心療内科です)

あとは、少し前から安物のネックレスやステンレスではない金属の腕時計をつけるとみみずばれの様に腫れるようになりました。汗をかくと酷いです。トップコートでネックレスを加工するも、ムラができて意味がなかったりチェーンが固まりました。なのでステンレスは?と思いステンレスに変えると全く症状は出ませんでした。

昔はアレルギーとは無縁だったのに、なぜ急にこんなにアレルギー体質になったのでしょう?やはり現代医療ではアレルギーや体質は治せないのでしょうか鼻炎とかなら対症療法などのように。レーザーで花粉症を治すのもあるようですが高いですし何か怖いので・・・。
他にも牛乳や、水分を摂りすぎるとすぐに下痢を起こしたり、ちょっと刺激物を食べると胃痛になったりします。ストレスでも胃腸が悪くなるんです。整腸剤を飲みましたが酷くなりました。

対症療法でも薬を仕方なく使いますが、薬は飲まない方がいいのは明確です。少なからず体に負担をかけます。でも、しんどいなら極力多用は避けるようにし、薬に頼るしかないのでしょうか?また、金属アレルギーも辛いです。つけられるものが限られるのですから。

※少し外れますがなぜステンレスのアクセサリはあんなに高いのでしょう?加工が難しくコストがかかるからですか?

閲覧数:
755
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yum********さん

2010/5/2813:58:58

アレルギーの症状はコップの中の水によく例えられます。
水(アレルギーのもと)がコップ(あなたの体)にたまっていき、
ある瞬間水がこぼれ始める。これがアレルギー症状の発症です。

長年にわたりすこしずつあなたの体にアレルゲンが入り、
体にアレルギー反応の元になる物質(抗体)が作られてきました。
そしてある瞬間、限界を超えたからアレルギーの症状が出たと言うことです。

現在のところ、発症したアレルギーを根本的に解決する方法はありません。
対症療法として花粉症であれば花粉の毒を注射するとか。
鼻粘膜をレーザーで焼いてカサブタを作るとか。
薬を使わず花粉症を割と抑えられるのは鼻の粘膜に
ワセリンを塗っておくことらしいです。
花粉がワセリンに張り付いて体の奥に入ることを防いでくれるようです。
が、目の痒さは抑えられません。
やはりお医者さんに行ってそれなりの治療を受けないといけないでしょう。

金属に対しては以下の左のほうがアレルギーになりやすいので
出来る限り右のほうの素材を使うようにしてください。
鉄>ステンレス>銀>金>プラチナ


余談ですが、興味深いのは、サルの世界にも花粉症があるということです。
そしてこれは人間が飼育しているサルに限って花粉症を発症し、
野生の猿は花粉症にならないそうです。

大きな違いは寄生虫です。
寄生虫が体内にいる野生の猿では
アレルギー症状を起こす抗体が寄生虫を攻撃しているので
アレルギーが起きにくいです。
一方飼育環境にあるサルは虫下しで寄生虫を取り除いています。
従って、抗体が暴走して花粉症になると考えられています。
寄生虫がいないというのは動物としては相当異常なことですからね。

ここから想像できるのは人間でも体の中に寄生虫をすませることで
花粉症などのアレルギー反応が治るのではないかと言うことです。
実際、実験のため体内で回虫を飼っている研究者がテレビに出てました。
この人にアレルギーはないそうです。
今後、このような方向の治療方法も出てくるかもしれません。

ステンレスのアクセサリーが高いのは
ステンレスの中に含まれるクロムやニッケルが高価な金属だからです。
鋼で形を作ってその上から
ニッケルメッキなりクロムメッキをする方が圧倒的にコストは抑えられます。
あと、見た目が綺麗で錆びないので、販売店が法外に
高値をつけているだけ、ということもあり得ます。

加工ということでは、鋼よりは加工が難しいですがそれほどではありません。

質問した人からのコメント

2010/5/28 15:15:29

降参 分かりやすいご回答ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jd_********さん

2010/5/2814:47:44

アレルギーになる原因は、化学物質だと考えられます。

現代人の身の回りには様々な目に見えない化学物質が溢れていまして、我々は気づかないうちに多くの化学物質を体内に取り込んでいます。それと、個人の体質と相まって、アレルギー体質になるものと考えられています。

このことは割りと最近になって、調査が始まったようで、お医者さんも殆どは、未だ知らないです。化学物質とは言っても、いろいろありますが、影響があるのは揮発性の有機化合物や重金属などです。

調査によると、食品等に含まれる農薬などの化学物質は、大半は便として排出されるため、思ったほどの影響はないとのことです。逆に呼気や皮膚を通して吸収されると、体内に蓄積され易いです。

ちなみに予防接種(ワクチン)にも、添加物として多少の化学物質が入っており、これが影響してると主張している人もいます。予防接種も、必要だとは思いますが、やりすぎはよくないような気がしています。

化学物質が体内に留まるのは酸化作用が強く、体組織と強く結合するためです。そういう意味では、抗酸化作用のあるものを多く摂取して、デトックスを進めることが、治療に繋がると思います。

ただ自然と治る人も、結構、いるようですね。治る人も大概は、理由がよく判らずに、いつの間にか治っていたという感じのようです。

ご質問の趣旨と少しずれているかも知れませんが、参考まで。

ステンレスのアクセサリについては、手間が掛かっているのと、作者の意匠料みたいなのが、あるのではないでしょうか。この辺は、知識がなく、詳しくは判らないです..

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる