ここから本文です

九星気学で、移動で良い方角とか悪い方角とかありますが、そんなこといちいち気に...

nis********さん

2010/5/3016:15:36

九星気学で、移動で良い方角とか悪い方角とかありますが、そんなこといちいち気にすると、どこにも行けなくなるのですが、 九星気学を信じている方はどうしているんでしょうか?年に数回の旅行とかなら、方角を気にすることはできるんですが、出張とか会社の用事だと無理が出てくるのですが…。
また、新幹線や飛行機の中で働く人とかの運勢はどうなるのでしょうか?

閲覧数:
620
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bel********さん

編集あり2010/5/3017:16:29

別に気にしなくても差し支えございません。
それぞれの行いの象意がでるだけですので、特段に気にして生活する必要もございませんしね。

新幹線や飛行機の中で働く人など。
仕事柄、添乗員やパイロットなど普段から移動をともなう人などは、自宅から見る太極が薄くなることはあるようです。
この場合。頻度にもよりますが吉も凶も作用が幾分和らぐほうになります。

九星気学などでは移動について100パーセント重視しているものではないのです。
気学は家相が80パーセント。引越しなどは運気の方向付けの意味として20パーセント。
祐希採りはオマケノおまけなんです。

だから、移動の吉凶を日々云々するよりは、家相の太極の吉凶を重視しますので
本来はパイロットなど職業柄であっても家相からの太極の吉凶が薄まるようなところの方があまり意味がないので残念だなところだと思いますよ。

本来の持っている運は、子供のときできまりますので、子供のときに住んだ主な家の家相がより非常に重要なのです。
だから大人になってあれこれと吉方位転居したところで、元もとの持っているものが大きく充足されるとか滅失するとかというものでもなく。
転居や移動の運は、そもそも方向付けと思っていただいたほうがいいと思います。
いい方角で動けば、よいめぐり合わせの運が付いて。
悪い方角で動けば悪いめぐり合わせの縁が付いてくるものなのです。
持っている土台の上に、年を重ねて物事を立てていくにあたって、いい風向きが続くようなものなのかどうなのかです。


会社の出張などは特に気にするものではないです。
新規取引先なら仕事の交渉などの良し悪しにはかかわりますけども、長年の得意先ならさほど差しつかえないですし。


もうすこし、占いの専門書店などで中級ぐらいの書籍をご覧になれば今の疑問は解消すると思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kn1********さん

2010/6/523:03:33

凶方位の時に、行かざるを得ない場合には、出来れば、方替え(別方位に行き)
さらに、その場所から、本命の目的地へと行く、とか、用件を早期に済ませて、
サッサ、と帰る(凶方位のエリアに居る時間を、短くする)、等をしていますよ。
新幹線とか、飛行機の中で働く人の場合には、基本的には、1泊をしない人
が多いので、影響度が少ない、としています。でも、ツアー・コンダクター等での
人の場合には、吉凶方位の換算&影響度の効果は、複雑になるのでね、
長くなりすみません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる