ここから本文です

自分の遺伝子を残したくない。伝えたくない。

gui********さん

2010/6/308:24:02

自分の遺伝子を残したくない。伝えたくない。

男です。
私は、結婚願望が全くありません。ゼロに等しいです。
私なりに考えてみたのですが、その理由のひとつに
子供がほしいと全く思わないという考えに至りました。
それが理由の全てでは、ありませんが、
子供が欲しくないという理由をさらに突き詰めると、
自分の遺伝子を残したくない、伝えたくない。
という考えに行き着きました。

私は、容姿について10年以上も悩みつづけ、
30代になろうかとしても、まだ悩んでいます。
アトピーにも悩みつづけました。
容姿やアトピーは確実に遺伝します。

将来の子供が同じ生涯と苦しみを味あわせるのは、
哀しいことですので、
「負け戦」を最初からするのは愚かですし、
賽をふって、最初から1しか出ないと解っているのに、
ふっても仕方ありません。

そして、最終的には、私の遺伝子を残すべきではない。
ここで流れを止めて、淘汰させるのが賢明だと思いました。
世の中、容姿が良い人を求めるのは、本能的に
良い子供を残したいがために、肉食獣も結局
オス同士の決闘に勝てる者、ハンターとしての能力に長けているものが選ばれるのは、
即ち、生物としての優生な遺伝子を残したいための本能的行動なのだと思います。

きっと、このような心境で子供を育んでも、愛情は芽生えないです。
嫌悪して、最悪虐待に走るでしょう。

自分が憎たらしいのに、女性を愛せるでしょうか?
ましてや、子供を愛せるわけがない。

自分を愛せなければ、他人を愛せない。
この格言は正しいと思います。身を以って証明しています。
しかし、どうしても自分を愛することなど、千歩譲っても不可能です。


ハンディ(私の場合過大解釈な側面もありますが)などを負い、私のような考えを持つ方々はいるでしょうか?
また、私の考えはおかしいでしょうか?
それとも、そういう考えも選択のひとつとして正しいのでしょうか?

補足本当に歪んでいるのは性格。真のカッコイイとは何だ?という
回答は受け入れざるを得ません。特にpantherさんの回答。
子供の有無の裏側にある苦悩を的確に読み込まれました。私は神経症というものに罹患していますが、この原因は
「理想と現実のギャップ」にあります。私は不可能であってもそこを埋め合わせないと気がすまない。
真の原因は、ハンディより執着にあるのでは?
この執着から開放されたらどんなに幸せなことか。。

閲覧数:
10,508
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

to0********さん

2010/6/308:38:27

ひとりひとりの人生の選択を、
おかしい、おかしくないって、
議論しても、なんの足しにもなりません。

正しい、正しくないって、
裏付けが、なぜ、必要なのですか?
あなたは、あなたが思う選択を、
どうぞ、なさってください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bim********さん

2010/6/311:46:48

そういう考えを持つ人がいるかいないかという質問に関しては、「たくさんいる」というのが答えですね。
「子作りは罪」とかで検索してみましょう。
そういう考えが正しいかどうかという質問に関しては誰にも答えは決められないでしょう。
ただそういう考えが過剰にエスカレートすると、毒ガスをまいたり集団自殺したりします。
そういうのは迷惑なのでやめてください。

また、20代前半の頃は僕もあなたと同じような意見を持っていました。
でも30代前半の今僕は子作りにはげんでいて、子供が欲しくて欲しくてたまりません。
そんな風に考えが変わることもあるでしょう。

本当に自然淘汰されるべき遺伝子の人は子供を作りたい作りたくない以前に結婚も子作りもできません(それが自然淘汰です)ので、いろいろ考える必要はないんじゃないですかね。

アバター

ID非公開さん

編集あり2010/6/319:00:13

参考までにお読みください。

あなたが、どんな考え方をもち、また、それに従ってどんな行動をとるかは全くの自由です。
ですから、ここでは、あなたの考えの正邪を争うことは、避けたいと思います。
専門的な科学的思考のトレーニングも受けておられるようですので、生物学・医学の専門書をそういった態度で調べれば、「簡単に断定は困難」という、「科学的中立性」に容易にたどり着けるとは思いますが・・・。

ただ、あなたがここまで連綿と文章を書きつづらずにいられなかった、心底の気持ちとは何なのでしょうか?

私には、「幸せになりたくてなりたくてしかたがないのだけれど、どうしても自信がない。ただ、それを認めてしまうのは、とてもつらいことだから、『しっかりとした理由』のもとに主体的に選択したことにしたい」という、ネガティブな、というより臆病な気持ちのような気がしてならないのです。

もし、そうでなかったとしたら、失礼をお許しください。
ただ、「幸せになるための本当の第一歩」は、「幸せになりたいと素直に認める」ことではないでしょうか?
あなたに欠けているのは、「自分を肯定する」という「素直」な態度に思えてなりません。
あなたが、如何なる容貌・体質であろうと、あなたがお幸せになってはならない理由などうしても想像しえません。

あなたから「素直さ」を奪っているのは、あなたの容貌・体質ではなく、「あなたご自身の思考」ではないでしょうか?
「こうありたい自分」という「思考」が、「こうでしかない自分」という「現実」を攻撃し、あなたの存在を葛藤させ、引き裂いているのではないでしょうか?
「思考」は理想的人格の想像にとどまりません。幸福のありよう、愛するという行為のありよう、子供、女性・・・、すべてに及んでいます。
あなたは、「こうあるべき幸福、愛、子供、女性」の姿に徹底的に攻撃されているのではないでしょうか?
繰り返しますが、その攻撃の源はあなたの思考、「~はこうでなくてはならない。理想だ。でなければいけない。そういうものだ」です。
そして,あなたは、「あなたが作ったあなた専用の檻」の中で苦しみ、悩んでおられるのではないでしょうか?

苦しくて仕方の無い時、そこには必ず、「思考」が存在します。
その思考をいちど手離してみてください。
「まぁ、いいか」の単純な一言で。「こだわることもない、これはこれで悪くもないぞ」と。

世界はあまりにも広大です。
1人のちっぽけな人間の思惑を超えた巨大さを有するものです。
そうやって、あなたがあなたを縛り苦しめていた「思考」に気づき、それを手離すたびに、その世界の豊かさに触れえるはずです。

お幸せでありますよう。

補足に
解決のキーは常に「気づき」です。
あなたは、もう充分に自分の問題に気づかれていると存じます。
あとは、ただ、自分が手放せずにいる、そのさなかに「今、私はこの思考、この価値観に固執している」と、まさにその瞬間に気づくことです。
そこから、無理に、辛い思いをして、手放す必要はありません。
ただ、その瞬間瞬間に気づいていくだけです。「いま、しがみついている」と。
やがで、「いま、手放した、しがみついていない」という瞬間もまた、あなたにはおありだということにも気づかれることでしょう。およそ、森羅万象のすべてにしがみつくことなど不可能なのですから。
そして、そのときあなたは、あなたの内にある心の軽やかさ、そして体の軽やかさも、同時にきづかれることでしょう。
それが、「あなたを苦しめていた『思考』」との決別のための、長い長い旅路の最初の第一歩なのです。やがて、「もう少し手放したほうが、もっと軽くなれるのでは」と模索しはじめている、御自身に気づかれることでしょう。
ただ、「気づき」を保つこと。それだけが、キーであることをお忘れなく。

y_h********さん

2010/6/309:07:08

あなたがそう考えられるのなら選択の一つでしょう、その考えがおかしいかどうかはあなたが自身が判断するものです。
当然賛否両論あるでしょうが・・・・・
本当の意味で何がカッコよくて何がかっこ悪いかを良く考えてください、あなたの人生は本当に生涯苦しみだけですか?
恐らくあなたは(誰でもですが)そうではないと判っていると思います、でもネガティブな面を考えすぎるからそういういい面が見えていないだけだと思いますよ。
廻りをしっかり見てください、いろんなハンディを持ってしっかり生きていらっしゃる方が沢山います。
見た目が悪くても何かに一生懸命になっている人はカッコいいと思いませんか?
どんなに見た目が良くても投げやりで中途半端な人はカッコいいですか?
自分がどんな人間になるかは自分次第だと思います、「憎たらしい」という考えは忘れてください。
どんなに小さなことでもいいので何かをやり遂げてください、そのためには努力、忍耐、我慢が必要ですが一つずつクリアしていく内に自分を好きになっていくと思いますよ。
大半の人はそうやって生きているのだと思いますよ。

pin********さん

2010/6/308:43:00

考え方は一応スジが通っているとは思います。

また、生物のメスは「より良い子孫繁栄のため優れた人材を選ぶ」は正解です。

でも、「優れた子孫」ってなんだと思いますか?

私は正直、質問者さんのルックスをどうこう思うより、ルックスのコンプレックスから来た歪んだ性格のほうで質問者さんの子を生みたくないと思いました。ルックスで評価する女、相手にすることないのでは?

…最後に、子を残したくない、ということは、Hも出来なくなるということを頭と心の両方で理解してくださいね。

kyo********さん

2010/6/308:30:56

考え方という意味では一応スジが通っているかと思います。でもあなたの子供が生まれた時から負け組ということはありませんよ,容姿をかなり気にしてるようですが,おもいっきりカワイイ子供が生まれることもありますよ!それにそもそも親にとって子供は容姿なんて関係なく可愛く,愛しいものです。あなたを幸せにしてくれるものだと思いますよ。別に子供を作らないことは批判しませんよ

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる