ここから本文です

野村克也監督は嘘つきですか?先発、中継ぎ、抑え投手分業制は自分が作ったと言っ...

mas********さん

2010/6/413:10:12

野村克也監督は嘘つきですか?先発、中継ぎ、抑え投手分業制は自分が作ったと言っていますが実は始めに投手分業制を作ったのは中日の近藤貞雄監督らしいです。 よく広島を解雇になった小早川を復活さした話しをしますが最終的には2割5分の10本塁打程度しか打ててないので復活さしたとは言えないです。
みなさんどう思われますか?

閲覧数:
903
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuk********さん

2010/6/415:58:12

投手分業制を作ったのは中日の近藤貞雄監督です。
江夏を先発から抑えに転向させて成功した事で抑え投手の歴史を変えたのはノムさんです。
これまでは先発の尻拭いという扱いでした。元中日の板東英二など
小早川の場合は97年開幕での活躍からヤクルト優勝に導いた事で言ってます。
野村再生工場は南海監督時代からやってます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kya********さん

2010/6/414:27:48

さきがけは、三原監督です。
1960年、大洋初優勝時に中継ぎ専門の投手がいました。まだ完全に分業ではないですが、エースの秋山さんを後に回した頃もありました。基礎を作ったのは恐らく三原さんです。

完全にしたのは、近藤監督ですね。ノムサンは、抑え投手の基礎と言ったところでしょうか。
南海時代、江夏を後に回して抑えの原型を作ってます。
形式でなければ、読売の宮田も元祖ストッパーです

fpc********さん

編集あり2010/6/414:14:59

日本の投手分業制は確かに近藤さんがつくったものです。
権藤投手を連投に次ぐ連投で潰してしまったことが、原因だといわれてます。

野村監督の場合は長いイニングを投げられない江夏投手を復活させるために分業制を考えたみたいです。

両者の違いは監督かピッチングコーチかです。
近藤さんの場合ピッチングコーチだったため、監督が完投させると言えば従わないといけなかったのに対し、野村さんは自分が監督でしたから(しかも捕手で)、確実に江夏投手につなぐ分業制を実践できたのでしょう。

それと、野村監督は近藤さんを参考にしたわけではなくメジャーを参考にしたので自分が日本で初めて分業制を導入したと言っているみたいです。
小早川選手についてですが、あまり打てていませんが、巨人のエースの斉藤投手から開幕戦3連発など優勝に大きく貢献しているのでそう言われてるみたいです。
あの開幕戦で小早川選手がいなければ優勝はできなかったと野村さんは言っています。

ただ単に数字だけでなく貢献度も加味していかないといけません。
そうしなければみんな個人プレーに走るとおもいますが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる