女性ホルモンがなくなる

女性ホルモンがなくなる 母が女性ホルモンがなくなってくるから豆乳(200)を飲んでいるんですが これは意味があるんでしょうか 年をとっていくにつれて更年期になるから別に飲まなくてもいいと思うんですが

生理650閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

更年期障害を低減するようです。 こちらの「ダイズ」の項を参照してください http://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv.html#Jw04 補足 サプリメントの本を読んでいたらイソフラボンの項目があったので書かせていただきます イソフラボンは、大豆の胚芽に多く含まれるポリフェノールの一種です。 女性ホルモンに構造が似ており、作用も似ています。 大豆イソフラボンは「骨の健康が気になる方に適する食品」としてトクホにも認定されています。 女性ホルモンには、骨にカルシウムを沈着させる効果があります。 しかし、更年期になるとこのホルモンが減少し、骨のカルシウムが失われて、非常に骨折しやすくなります。 この時に女性ホルモンやイソフラボンなどの女性ホルモン作用のあるサプリメントを投与すると、骨密度の低下が抑えられます。 ちなみに、乳がんにも、少しですが効果があるそうです。 イソフラボンを大量摂取すると、ホルモンバランスを崩し、月経周期の遅れや、子宮内膜増殖症になる危険性が高まることが懸念されており、摂取量は一日30㎎以下にすべきだそうです。 大豆イソフラボンにはセロトニンを増やす効果があります。 セロトニンが減ると欝になったり、気分が不安定になったりするのですが、大豆イソフラボンによって、症状の改善が見込まれます。 結論・・・更年期で女性ホルモンが減るからこそ、それを補うためとして、摂取した方がいいのではないでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりました そう母にいっときます

お礼日時:2010/6/19 14:26