ここから本文です

水虫の原因とされる白セン菌て、どんな菌なの?

aqu********さん

2010/6/1500:17:59

水虫の原因とされる白セン菌て、どんな菌なの?

閲覧数:
1,540
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

car********さん

2010/6/1601:16:48

白癬菌は皮膚糸状菌(体が多数の菌糸と呼ばれる管状の細胞から構成されている)でありカビやキノコとかと同じ真菌(細胞核を持つ真核生物)に属し、細菌(細胞核を持たない原核生物。バクテリアや大腸菌など)とは異なる。皮膚の角質層、毛、爪などにおいて硬タンパク質のケラチンを栄養源として増殖する。従って水虫の治療はそこから原因である白癬菌を追い出すか静菌するか死滅させるものとなる。その3つの方法を併せた優れた治癒法・予防法に炭酸カルシウム・炭化カルシウム・水酸化カルシウムの水溶液であるホタテ貝殻セラミックス水の常用が挙げられる。ケラチン上に炭酸水素カルシウムの薄い膜で表面を覆いケラチンを摂取するのを妨げ成長を抑制する(静菌、予防)。またカルシウムにより皮膚表面を乾燥させ白癬菌の棲息を妨げる。ホタテセラミックスによる強力な除菌力が菌を死滅させる。3ヶ月以上(足の爪だと1年以上)の使用により皮膚・角質層が入れ替わり白癬菌を完全に追い出すことが可能となる。ホタテ貝殻セラミックス水はホタテ貝殻粉末を特殊焼成して蒸留水に溶かした自然のものから出来ているため体にやさしく安心で米国ではMOIYA、日本では爽貝水で知られている(http://www.karuluck.jp/soukaisui_info.html)。水虫が良く再発してしまう理由は水泡等の症状が無くなったところで多くの人が治療・除菌をやめてしまうが白癬菌はまだ潜伏しており冬は症状は出ないが春・夏になり発症するためである。完全なる除菌・滅菌が完治に必要であり暖かい間だけ治療・除菌・予防すれば良いというものではない。

質問した人からのコメント

2010/6/21 22:23:23

成功 詳しく解説して頂き有難うございます。
季節関係無く、治療が必要と言う事ですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる