ここから本文です

日本酒についてですが、 辛口とか甘口、淡麗とかありますが、 どんな味なんでし...

wan********さん

2010/6/1722:37:47

日本酒についてですが、
辛口とか甘口、淡麗とかありますが、
どんな味なんでしょうか?
飲んでも正直わかりませんでした。

甘口のお酒と聞いたのでのめるのかなと思って
買ったんですが、私の舌では苦いという感想です。
日本酒で使われる甘口、辛口、淡麗、
の言葉の意味を教えてください。

あと、上撰、特撰、吟醸、大吟醸、読み方がわからないのですが、
じょうじょう酒だったかな?
それらの違いも教えてください。

閲覧数:
41,529
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pas********さん

2010/6/2123:41:34

こんにちわー!

日本酒は基本的に甘いお酒なんですけど、あんまり甘くないのを辛口といいます。水に近づくかんじ。
塩とかワサビとかトンガラシみたいな辛さの日本酒はありません。

日本酒度というのがあって、この数字が大きいのが辛口、小さいのが甘口とされます。+5ぐらいから辛口と言われてるのかなあ。+10以上のものもあります。
+2ぐらいだと甘口に分類されます。
甘口を看板にしてる日本酒ってあんまり無いです。どっちかというと辛口ブーム。

亀泉というお酒に-10っていうのがあります。それほど極端に甘くはありませんでした。
http://www.kameizumi.co.jp/product/jyungin/pg194.html

甘口で美味しいお酒は、而今かなー。手に入れにくいかもしれないけど。
http://www.yukinosake.com/02-17-jikon.html

フルーツみたいに甘いのがすきなら、日本酒で造った果実酒があります。
このへんは全部上品な甘さで飲みやすいお酒です。若い女の子にも大人気。
http://item.rakuten.co.jp/sakeuzen/c/0000000130/

ちなみに鳳凰美田というお酒は果実酒じゃないのも美味しいです。


苦いのは、アルコールは基本的にみんな苦みがあるから、お酒に慣れてない人には仕方ないかもしれません。それからデキの悪いお酒は甘口でも辛口でも苦味を強く感じるものがあります。


端麗というのは芳醇とか濃醇とかいうのの逆ですねー。
旨味の強さです。味の濃厚さみたいな感じ。端麗はあっさりしてて、芳醇はこってりしてます。


日本酒に特級とか一級とか二級という区別があった昭和時代の典型的な日本酒というは、芳醇甘口のアル添酒でした。三増酒なんていうのもあった。数年前に酒税法が改正されて、三増酒と言われていたものは今は合成清酒という表示で売られていますが。
これらが、ベタベタに甘くてクドい味だったんですね。マズかった。安い焼酎を炭酸抜きの温いコカコーラで割ったようなイメージかなー。
その反動なのか、淡麗とか辛口のお酒がブームになって久しいです。

実は甘くてクドい日本酒が出回るより前の戦前とか江戸時代は、酒屋さんに樽に入った原酒が運ばれてきて、酒屋がそれを水で薄めて小売してたんです。酒屋がケチって薄めすぎたお酒は「金魚酒」と言われてたそうです。その時代のマズい日本酒は味の薄いお酒だったんでしょう。その反動で戦後は甘くてクドい味を指向したのかもしれません。


濃醇旨口で美味しいのは石川の菊姫。
http://www.kikuhime.co.jp/index.html

濃醇旨口の菊姫の山廃純米と、端麗辛口の三千盛純米と、女性人気の高い香り系の鳳凰美田の純米若水あたりを飲み比べてみたら、ぜんぜん違う特長のあることがわかると思います。


上撰=じょうせん
特撰=とくせん
吟醸=ぎんじょう
大吟醸=だいぎんじょう

上撰と特撰は、特級とか一級という区別があった時代の名残だと思うけど、酒蔵が自社基準でつけてるランクです。
吟醸と大吟醸は酒税法で規格がきまっています。
ちょっとむずかしいかもしれないけど、国税庁のホームページに詳しい説明が書いてあります。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/hyoji/seishu/gaiyo/0...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sui********さん

2010/6/1806:47:05

前に回答したものと同じで恐縮ですが、日本酒を摂氏15度として、「摂氏4度の純粋の水」と同じ重さの酒(比重=1)を日本酒度±0で表し、それより軽いものはプラス、重いものはマイナスで表示します。一般的に甘口はエキス分(酒を加熱して、蒸発しないで残る糖分、乳酸、デキストリン等)の量が多く、比重が大きいのでマイナス、逆に辛口はエキス分が少なくプラスを表示します。
ただ、エキス分が同じでも酸が多ければ辛く感じ、酸が少なければ甘く感じるので、日本酒度だけで一概に甘い、辛いを決められません。
淡麗は、味や口当たりがすっきりと軽く、滑らかであること。日本酒の場合は糖分と酸度が比較的低い数値のものをいいます。
(参考:『読んでからじっくり味わう日本酒の風味』)
まあ、甘口といってもお菓子みたいに甘いわけではありませんね。

上撰・特撰は、超手っ取り早くいえばメーカーが独自につけたランクです。吟醸・大吟醸は、これも超手っ取り早くいえば精米歩合の低い白米を使い、(吟醸は60%以下、大吟醸は50%以下)低温で発酵させることによって独特の吟醸香を出したものです。
じょうじょう酒?本醸造酒のことでしょうか?米(精米歩合70%以下)、米麹に少量の醸造アルコールを加えたものです。
この辺が参考になりますかね。日本酒造組合中央会HP。
http://www.japansake.or.jp/sake/what/feature/index.html

日本酒に苦さを感じるなら、「すず音」あたりから始めてはどうですかね?シュワシュワで甘酸っぱくておいしいですよ。

ham********さん

2010/6/1723:14:51

辛口と甘口は日本酒度というもので、+5~−5で表されます。

日本酒度は数値で表されるだけあって、非常にわかりやすい違いです。あまり見ませんが、−5の日本酒は甘くて飲めないと思える程に甘いです。これは普通に味覚があればどうやってもわかるはずです。

淡麗か芳潤かはある程度感覚的な問題ですが、違いはかなりあります。芳潤のものを飲んだ直後に淡麗のものを飲むと水の様です。

日本酒は作り方などで色々な表示上のルールや区分けが色々あります。

まず調べてからの方が良いでしょう。

ここで簡単に説明し切れる様なものではありません。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる