ここから本文です

105-5700とアルテグラ-6700のブレーキパッド舟の違い

aaa********さん

2010/6/1920:15:45

105-5700とアルテグラ-6700のブレーキパッド舟の違い

105とアルテグラを見比べていたところ、アルテグラのブレーキパッド舟にはパッド固定ネジ以外にもネジのようなものが存在し、変わって105の方にはそのネジのようなものが見られません。見た目的には105の方がすっきりしていて良いのですが・・・。以前、木材体荷重付近外に金属ピンを埋め込んだものは強度が上がるとのデータを見たことがあるのですが同じようなことなのでしょうか?

このネジのようなもの詳細について知っている方お願いいたします。

補足http://www.worldcycle.co.jp/item/28417.html

これの分離して描かれているネジ

閲覧数:
2,337
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

編集あり2010/6/1922:40:31

それは『タイヤガイド』ですね。
通常、タイヤガイドとはシューの下に飛び出ているフィン自体の事を言うのですが、シマノの場合は、ブレーキパッドが減った時などに、アルミ製のタイヤガイドがリムに接触してリムを傷付けてしまうのを防ぐ為に、タイヤガイド部に樹脂製のボルトを取り付けてあり、そのボルトの事を『タイヤガイド』と呼んでいるのです。
特にリムハイトの高いディープリムでは接触し易くなり、カーボンディープリムではちょうどカーボンが薄い部分に当たってしまい、最悪の場合、リムの破損を引き起こす可能性がありますので。
この、樹脂製タイヤガイドを取り付ける方法は、シマノが特許を持っているのだそうです。

特にカーボンディープリムをターゲットにしているという事で、『そんなホイールを使う105ユーザーは少ないだろう』という判断で、コストダウンの為に省略されているのではないでしょうか。

ちなみに、下はデュラエースのパーツリストですが、これの15番をご覧下さい。
cycle.shimano.co.jp/media/techdocs/content/cycle/EV/bikecomponents/BR/EV-BR-7900-2868A_v1_m56577569830713523.pdf

質問した人からのコメント

2010/6/23 19:14:07

いつも詳しい説明ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

anc********さん

編集あり2010/6/1922:46:07

画像求む

どの画像を見たのか判りませんけど、シュー交換ネジの事じゃね?

ブレーキシューホルダにブレーキシューを留める固定ネジ以外にシューにネジあるのかな?

補足

ああ、ブレーキシューホルダの羽にあるやつか、タイヤガイドバンパーだね
コレ、シュー外した状態でブレーキレバー握ったり、シュー劣化でシューが脱落した場合に
この樹脂製のタイヤガイドバンパーがあるお陰でシューホルダーがリムを削るのを
緩和してくれるとか何とかって聞いた

ただ、今のシューは強度高いしシューが脱落する前に交換したりするから
ショップやメーカーでシュー外して調整した後は外しちゃう場合もあるそうだわ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる