ここから本文です

傷害事件の被害者です。 示談に応じるべきか、このまま刑罰(検察官のお話によると...

tea********さん

2010/6/2210:57:32

傷害事件の被害者です。
示談に応じるべきか、このまま刑罰(検察官のお話によると、罰金刑と執行猶予のボーダーライン上だそうです)を受けていただくか判断に迷っています。この案件に対して慰謝料としての相場とは?

今年の2月に会社の同僚の男性から仕事帰りに食事に誘われました。
以前にも他の同僚を交えて食事に行った事は何度かありました。その日は、2人だけだったのであまり乗り気ではなかったのですが、断りずらい雰囲気もあり、それまでの印象は決して悪い方ではなかったので行くことにしました。
職場の話などをしながら良い雰囲気でした。
食事も終わり、私は帰宅しようと考えていましたが、相手の男性がカラオケに行こうと言い出し、1時間だけと言う約束でカラオケに行くことになりました。
しかし、カラオケに着くと混雑しており1時間以上の待ち時間。
私は、帰りたいと相手に伝えて店(2F)を出て鞄から携帯を出してタクシーを呼ぼうとしたところ、急に携帯と鞄を取り上げ、髪をわしずかみにして階段(20段)を引きずり落とし、落としきったところで、動けなくなり倒れ込んでいる私に、身体や顔に殴る蹴るの暴行を加え、更に起き上がることの出来ない私に『泣いてる演技なんかしてるんじゃねぇーよ』などと罵声を浴びせながら髪をつかみ、15メートル以上引きずり、無理やり立ちあがらせて『さっさと歩け!』などと言いながら、まともに歩くことすら困難な私に後ろから蹴ったり殴ったり・・・『死んだらええねんっ』『死ねや』などといっていました。
何故このような状況になったのか、私には理解が出来ませんでした。しかし、このままでは殺されるのではないか?という恐怖と不安から、とりあえず謝ろうとすると『だまれ!』と顔を殴り・・時間にして30分
どうやら、相手の社員寮に私を連れて行こうとしていたらしく、私は隙をみて寮の管理人さんに助けを求め助かりました。
その後、近くの総合病院に救急でかかり検査を受け、病院に警察の方が来て、そのまま警察に行き状況説明をしました。
そして、その日のうちに加害者も警察に出頭。罪を全て認めました。暴行を加えた理由として、帰って欲しくなかった。と
私は、頭部・頚部・下肢・上腕打撲で3カ月の加療の診断がつきました。
その後、顔の腫れがひいてきたところ目が見えずらく、眼科を受診したところ右目が網膜剥離を起こしていました。
即日入院・手術13日間。剥離の範囲が広かった為、視力、網膜、複視の安定までに最低半年は掛かるとの診断でした。
その間、加害者側から100万で示談して欲しいという代理人からの書面と加害者直筆に反省文の2通のみ。
私は、会社も辞めざるをえませんでした。

補足相手が初犯であること・社会的にしっかりしている事(研究者という職に就いており人当たりがとても良く真面目に見えます)から公判(執行猶予がつく位)から略式裁判(罰金刑)になるかもというお話でした。ただ、彼は事件前と変わらず生活(ゴルフに合コンなど)を送っており、お見舞にも来ることもなく反省しているとは思えません。社会的制裁を受けているとも思えません。会社にも自分に都合のいいように伝えている始末です。

閲覧数:
28,106
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cav********さん

編集あり2010/6/2221:22:24

示談に関しては先の方がおっしゃるように一度弁護士に相談したほうが絶対いいです。100万円なんかでは話にも何にもなりませんよ。

自分の経験を元に、「加害者が今どういう心境か」という視点で回答させていただきます。
まず今考えてるのは、「とりあえず示談を取っておけば罰金で済むだろう」という軽い気持ちです。これは相手の弁護士が入れ知恵をしてますからね。
どんな事件でも被害者次第で後の展開が全然変わってきますから、起訴される前の今の段階では、どんな事件の加害者も必死に示談を取りに行きます。自分の時も弁護士に示談交渉を依頼しました。ただ、起訴までの日数が短いため、慌てて示談に応じたら被害者が損する事が多いです。
このまま示談が取れなければ起訴は間違いありません。起訴されてしまったら示談を取っても「起訴取り下げ」というのは出来ないため刑事裁判となります。けど、この時期に示談を取ったら判決が軽くなりますから、やっぱりどの被告人も「何とか判決までに示談を取ろう」と必死です。実刑と執行猶予のボーダーラインなら尚更です。
ですから、有利な条件で示談を取るなら、「起訴から判決」までの間が一番いいです。起訴から初公判までだいたい1ヶ月半~2ヶ月と比較的時間の余裕もありますから、じっくり考えられます。被告人としては執行猶予が取れるなら、という事で少しぐらいは無理をしてきます。

ただ、自分の予想としては、「加害者の生活環境、資産状況、初犯であること」を考えると、示談が成立しなくても十中八九執行猶予が取れると思います。相手の弁護士もそう予想してると思います。おそらく「懲役2年6月~3年、執行猶予4~5年」ぐらいだと思います。
気分を害されるかも知れませんが、あえて正直に言いますと、もし仮に今の自分が加害者の立場だったとしたらあまり心配しないです。
それに、あなたが補足に書いてる通り、絶対反省なんかしてません。今考えてるのは、「いかにして刑を軽くするか」だけです。これはもう、どの事件の容疑者(被告人)でも同じです。自分も塀の中で色んな人を見てきましたけど、本当に反省してる人なんか殆ど見たことありません。それが現実です。

ですから、少なくとも今の段階で慌てて示談に応じるのは得策ではないと思います。とりあえず起訴されるまで待った方がいいと思います。

加害者側の心理状況をよく考えて動いて下さい。そのために少しでも参考にしていただければ幸いです。
一日も早い回復をお祈り申し上げます

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gin********さん

2010/6/2313:36:29

まだ示談する必要ないと思います、もし男が実刑になった場合控訴して必死になって誤ってくると思います、示談金も多く提示すると思います、執行猶予になった場合民事で慰謝料請求しましょう。社会的にしっかりしてる奴はお金が無いから払えませんは通りませんので・・・ どうせこんな奴は猶予期間中に同じことして合算刑で実刑になると思いますが・・・・ それから病院は休まずちゃんと行ってください、全治3ヶ月の診断はあくまでも平均的な期間ですので、治るまで2年かかるかも・・・(ニヤリ) 仕事ができなかった期間全部保証してもらいましょう~ 休業補償と慰謝料は別ですよ~ 相手の弁護士に騙されないように示談書はよく見ましょう。

zep********さん

2010/6/2310:40:07

示談と言うことは起訴の取り下げと慰謝料含めてと言うことだと思いますが百万は安すぎます。
男の僕が眉毛辺りを六針縫う怪我で130万(慰謝料だけで)でした。

ただ、相手が提示以上の事を求めなら他の方も言ってる様に弁護士に相談して、交渉、取り立て(給料差し押さえ等)までしてもらわないと、慰謝料どころか、治療費すら払って貰えない(逃げられる)かもしれません。
大変だと思いますが、頑張って下さい。

kcm********さん

2010/6/2214:51:58

一度弁護士に相談してみてください。

怪我の程度に対する示談金も安いと思います。
民事裁判で治療費用と慰謝料を請求したほうが良いと思います。

ita********さん

編集あり2010/6/2214:05:41

>罰金刑と執行猶予のボーダーライン上

これは、罰金か罰金の執行猶予のボーダーという意味でしょうか?

それとも、罰金と懲役の執行猶予のボーダーという意味でしょうか?

その傷害事件が執行猶予の付く罰金なんて程度ではないとおもいますがね。

執行猶予は裁判所が付けるもので、検察官が求刑するものではないですが、例えば懲役3年6月が予想される事件で、3年を求刑すると「ああ、検察は執行猶予でいいと思ってるな。」てな具合ですが。


★もしかして、略式で罰金にするか”起訴猶予”のボーダーって意味ですか?

そんなに軽い事件でしょうかね?
あなたとその同僚の関係が濃いものならわからなくもありませんが。

わたしなら、公判請求してもらいたいですね。
勿論、求刑は懲役で。


慰謝料は相場云々ではなく、あなたの考える額です。
それが出せるなら示談でもいいでしょうけど。

★★そういうことなら、余計示談する気にはなれませんね。

賠償については、賠償として請求すればいいでしょう。
示談ではなくね。

で、検察官には厳罰を望む意思を明確に示せば、あとは検察官の判断ですね。

ema********さん

2010/6/2211:21:15

基本的には示談はしないで欲しいと思います
ただ、こう言う事件を聞くと男性の態度が急変した理由を想像してしまいます
女性側が何か勘違いするような、素振りをしたのではないか、勘違いするような言葉言ったのではないか等々
男性は女性が思ってる以上に自惚れ屋です

後悔しないよう熟慮のうえ貴女自身が納得出来て正しいと思う判断をして下さい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる