ここから本文です

障害者だけは絶対に産みたくないです!!!

omade151さん

2010/7/319:58:47

障害者だけは絶対に産みたくないです!!!

私には、発達障害(の疑い)がある弟がいます。

両親はそのことでいつも苦しんできました。私もそうです。
さんざん迷惑をかけられ、自分の弟とはいえとても愛せません。
両親は、とっくの昔に絶望しきり、老年になった今も弟を育てつつも楽しみひとつ持つことが出来ず、
屍のようにただ毎日を暗く悲しく過ごしています。

年とともに疲れきっており、弟を残して死ぬのは心配だが早く天国に行きたい、とよく口にし、
鬱状態で薬を飲んでいます。
弟自身も白い目で見られることに悩み不登校。障害は本人にとっても不幸です。


障害は個性だとかいう意見を聞くと、本当に相手を殺したいくらい憎くなります。
おまえは所詮他人で、障害者と暮らしたことがないから、苦労を知らないから、そんなことが平気で言えるんだよ!!って。

児童相談所に行っても、『ご家族が頑張らないと』
医者に行っても、『とりあえず栄養剤』
頼れる人、救いのある場所なんてありません。

家族である私たちは並々ならぬ苦労を強いられ、一家心中の話が出たことも一度や二度ではありません。
実際この間もその話をしました。
私自身もそのことでいじめを受けたり、自傷行為に走ったり、辛い目に遭ってきました。

両親は私以上に、地獄の苦しみを味わってきています。
障害があるということのために、家族を愛したくとも愛せない。
この苦しみは、普通の家庭に育った人にはわからないでしょう。

私だって、これからは人並みに幸せを望みたい。
普通の健康な子供を産んで、温かい家庭を作りたいです。
せめて孫だけは、健康で良い子を抱かせてあげたい。
自分が育った家庭は、針の筵でしかなかったから。

だから障害者だけは絶対に、絶対に産みたくない。

何に気をつければ、障害児は生まれないのでしょうか?
羊水検査以外にも何かできることはありますか?

子供を産まなければ良いという極論は申し訳ありませんがお控えください。

閲覧数:
232,065
回答数:
58
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/7/1023:27:27

どうも、羊水検査や、着床前診断を、万能であるかのように吹聴する輩が居るので、詳しく回答します。
彼らは、検査会社の社員か何かでしょうか?
必死に羊水検査や着床前診断の有効性を主張していますが、5%くらいは正しくても、95%は嘘です。

◆重要なアドバイスをします◆

羊水検査で発見できる障害児は、知的障害児に関して言えば、全知的障害児(特別支援学級が必要なレベル)の、およそ8人に一人です。
というのも、羊水検査で発見できる障害は、染色体異常だけだからです。
たとえば、ダウン症が代表例ですが、残りの8人中7人は、羊水検査では「まったく正常」という検査結果が出て、100%スルーしてしまいます。
なぜなら、染色体には異常が無いからです。

8人中7人というのは、主に自閉症なのですが、生まれても障害が有る事を発見できません。
成長過程で、「あれ?なんかちょっと違うぞ?」って思い始めて、遅い子では小学校4年生くらいになって「障害児」と認定されます。
生まれてからも、10年くらいは、我が子が障害児である可能性というのは拭いきれません。

◆実数をあげた例◆

いま、知的障害児の数は、日本では50人に一人です。(これは隠れ知的障害児とも言われる学習障害児を加えない数字です。)
1万人の妊婦が居たとすると、お腹の子が障害児であるお母さんは、200人現実に居ます。
染色体異常児の発生率は、お母さんの年齢にもよりますが、1/400~1/1000です。
35歳以上の高齢出産で考えると、400に一人です。
つまり、1万人の妊婦が全部高齢出産だった場合、お腹の赤ちゃん25人が染色体異常の障害児です。

この25人は、羊水検査でほぼ100%発見できます。
しかし、出産前の検査で判別して、中絶できるのは、これでお仕舞いです。
羊水検査で「健常児です」と判定された障害児が、お腹の中にまだ、175人残ります。
この175人は、そのまま生まれます。
つまり、1万人が妊娠すれば、どんな検査をしても、175人の障害児が生まれます。
これが、「絶対に障害児なら中絶する」の限界です。

少し前で触れましたが、これ以外に学習障害などの、隠れ知的障害児が居ます。
実は、こっちの方がいわゆる「障害児」よりも1.5倍ほど多くて、概ね1万人の赤ちゃんの内、300人ほど居ます。
普通級に居るけど、簡単な学校の授業に、全く付いて行けないという子供です。
こちらは、障害児として認定はされていませんが、将来の事を考えると、やはり、障害児です。

つまり、今の科学では、1万人の妊婦(お腹の中の500人の障害児)を羊水検査しても、発見できるのはたったの25人。
残りの475人は完全スルーで、しかも、生まれた時ではなく、何年も経ってから、
『あぁ、うちの子は障害児だったんだ・・・』
と判るので、悲劇的です。

◆肢体の障害について◆

知的障害は、これで限界ですが、肢体の障害を発見する為に出来る事は、少しあります。
それは、胎児をMRI検査する事です。
生まれつき、全く片腕が無いという子に関して言えば、かなり小さな胎児のときに、これで判ります。
ただ、発生数は宝くじ的確率なので、そこまでやるお母さんは、まず居ません。

という事で、羊水検査はでは、全障害児(胎児)500人の内の、25人しか発見できないということをお判り頂けたでしょうか?

◆膨らませた風船に針刺せます?◆

それから、羊水検査ですが、危険ですよ。
妊娠中の子宮というのは、膨らませた風船のようなものです。
風船を軽く膨らませて、注射針を側面から刺して、中の空気を吸い出してみてください。
たまに、破裂します。
それと同じことを、人間の身体にするわけですから、あまり、安全なことではないですね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「障害児 確率」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/57件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/7/1020:48:03

質問者さんの障害者を絶対生みたくない気持ちはわかります。しかしどうでしょうか、だれもそう思っているんではないでしょうか。障害を持った子どもが生まれてくるのを待望している人など聞いたことがありません。

障害のある子どもが生まれる確率というのは必ずあります。それどころか出産というのは、うまれてくる子どももしくはお母さんの命がけの共同作業だということです。命がけです。死んでしまうかもしれません。そういう大変なものだということは、頭ではわかっていても実感できるのは、そのときがきたときかもわかりません。医者は出産に際して生命のリスクについて語ります。当然、そうした命がけの大変な人生における最大の出来事にあっては、生命のリスクだけでなく、さまざまなリスクがあるわけです。それを引き受ける覚悟が本来は必要なんでしょう。

結局、普通の生活をきちんとすることしかないのではないのではないかと思いますよ。

障害は、その人に属するものではなく、社会の側に存在する。あなたのご家族が苦労なさったのは、障害を持った弟さんのせいではなく、弟さんが普通に生活することができない社会のほうに障害があるせいなのです。

2010/7/1016:18:46

検査を重ねても絶対なんてありえないし もし障害あったら殺す?!それとも施設に入れる?!

やっぱり障害児だけは育てたくないって考えてるなら子供は産まない事ですし 施設で親の無い子を引き取る方が無難だとおもいます。

uyttuyiuhuさん

2010/7/1011:03:41

着床前診断を受ければ産み分ける事が出来ます。
細胞分裂が4つに成った段階で、細胞を一つ取りだして障害の有無を調べる方法です。
(体外受精は必然的にこの方法になります。)
奇形の心配も、将来成る可能性の有る病気も、事前に知る事が出来ます。
当然ですが、副産物として男か女かもその時点で分かります。

この方法だと出産時のトラブル以外で、障害の可能性は極めて低くなります。
この段階で失敗したとしても、出来損ないポストがこの国にはありますので安心して下さい。


日本とアメリカはこれを規制する法律が無いので可能ですが、日本には産婦人科学会と云うフェミニスト集団がありそれを妨害しています。
ただ、中には学会に属さない医者もいますので探してみる事をお勧めします。




もし、障害にお悩みでしたなら先進国に旅行に行くと解決するかもしれませんよ。
旅行はなやみを取り除いてくれる効果が有ります。
危険なのでパスポートなどの身分を証明する物は保護者が管理しましょうね。
"迷子"に成らないようにしっかり見てないとダメですよ!!
先進国で"迷子"になったら"二度と見つけられません"から本当に気を付けて下さいね。

2010/7/916:59:31

まず、弟さんの件ですが、専門機関に診てもらい、
判定を受けることが先決でしょう。
まずは公の機関に相談することが大切でしょう。
判定を受ければ、適切なサポートを受けることもでき、
家族の負担の軽減や、本人の状態を安定させることも
できます。
障害ではないと判定されたら、障害以外の問題だと
いうことをはっきりさせることもできます。
「疑い」のレベルで済ませてしまっていますが、それこそ
無責任ではないでしょうか?
次に、ご自身の出産についてですが、今のままでは「極論」
を選択することをお勧めします。
すでにいろいろな回答で述べられているように、障害を
絶対に避けることは困難ですし、今のあなたのような
精神状態や思考傾向では、仮に障害ではなくとも
些細ななこどもの問題行動にも過剰に反応して
虐待に走る可能性があります。
「極論」がいやなのなら、ご自身も精神科を受診し
治療を受けた方がよいでしょう。
あなたが現在のままでこどもを産み育てることは、
仮に先天的な障害を持たずに生まれたとしても、
こどもに後天的な障害(精神的、身体的、社会的な
障害を含む)を与える結果になると思います。
そして、何よりもあなた自身が苦しみ続ける結果に
なるでしょう。

rootsmaximさん

2010/7/902:17:25

初めまして、 私は 父親と弟が 知恵遅れで 小3ほどの頭しかない父親に DVを受けて育ちました。また 弟は ひきつけを頻繁に起し 母親が その度に 病院に駆け付けていくのを 子供の時から見ていました。そんな環境に育ちましたし 大人になりました。 私の子供は 心臓が悪く おまけに 知恵遅れが遺伝しました。 でも 不幸とも思っていません、 大変ではありました、 子供の時は 逃げ回る生活でしたから 落ち着く場所がありませんでした。 そうゆう親でも親でしたし、育ててくれたので その事は 感謝しているぐらいですよ。 貴女は もうちょっと大人になられた方がよろしいと思います。 障害者であっても 兄弟に生まれたんだし、 親御さんが 大変だったとしても それは しょうがない事、 なにより 悲観的な考えの貴女に すごく 腹立たしく思います。 気分を悪くされたならごめんなさい。 私は
何があっても 常に前向きに 歯を食いしばって生きてきたので。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。