ここから本文です

逆進性のある消費税で、逆進性緩和のためにとる方法は次のどちらがいいでしょうか...

tai********さん

2010/7/1022:55:19

逆進性のある消費税で、逆進性緩和のためにとる方法は次のどちらがいいでしょうか?
①複数税率
②税の一定額還付

閲覧数:
367
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pro********さん

2010/7/1323:45:00

複数税率も、税の一定還付も、逆進性緩和に効果があることは判っていますがこれらの方法を取る事は非常に危険です。

原因は仮払い消費税と仮受け消費税にあります。

通常商品代金に消費税分を上乗せした金額を頂き、消費税を納めます。
一見何の変哲も無いこの仕組みに落とし穴があるのです。

(1)通常経済取引は力の強い企業が価格を決められます、力の強い企業が力の弱い企業に消費税を押し付けるケース。
(2)商品の価格に消費税を上乗せ出来ないケース。

これらのケースの場合、消費税の税率が上がれば上がる程金額も大きくなり企業の利益を減少させます。
また、消費税の増税による買い控えも考えられますので、更に苦しい立場に追い込まれる事でしょう。
このケースに当てはまるのは主に中小企業です、倒産の増加や深刻なデフレが予想出来ます。

複数税率も、税の一定還付も、消費税率を不用意に上げる恐れがあります。

質問した人からのコメント

2010/7/17 09:37:24

中小企業のこと考える視点が欠けていました。。。。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる