30代の主婦です。今のところ、旦那の保険は郵便局の保険のみ入っています。保険料は月16,000円で、60歳の満期未満に死亡した場合は500万円、

生命保険3,430閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(2件)

0

30代主婦です。子供が生まれるため、先日保険のかけ直しをしました。 私 ・医療保険+ガン保険 (東京日動あんしん生命)掛け捨て、先進医療つき月7200円 ・養老保険 (第一生命) 貯蓄型、65歳時または死亡時に300万、月7000円 養老はお付き合いで入りましたが、残りはネットで保険無料相談サイトを探し、FPさんに相談に乗って貰いました。 夫は独身時代からの医療保険を義母が払ってくれているので、これから死亡保険を相談する予定です。 色々な会社の保険を較べられるので助かりました。

0

ご妊娠おめでとうございます。 ご家族構成が変わると保険も見直す必要がありますので、この機会に必要保障額を試算されると良いかと思います。 簡略化しますと、以下のイメージです。 例)サラリーマン、モデル世帯の場合 ・普段の生活費 月30万円 ・いざという時の生活費 月21万円 ※目安7割 ・公的保障(遺族年金etc) 月10万円 ・貯蓄等の月換算 月1万円 ↓ 月換算10万円の保障が適切 保険料は必要保障額の結果として決まります。 あくまで一般論としては、ご記載のようにお子様二人で世帯主の死亡保障500万はかなり少なめです。 加入目的などにもよりますが、例えば葬儀代だけでも300万円程度が目安になるためです。 保険種類としては、割安なタイプのものとして収入保障保険が挙げられます。 保障が逓減することから合理的で、割安な保険です。 奥様に関しては、死亡保障が1,700万円と少し端数(700万円)がありますので、こちらは何らかの意図があるものでしょうか。 仮に特に無ければ、一般的には奥様の死亡保障はあまりいりません。 強いて言えば、家事や炊事、育児などが極めて苦手な旦那様の場合に、家政婦などを雇うことを見越してその分を些少カバーしておく程度です。 そうでなければ、奥様分は300万円程度まで削減してしまって良いかと思います。