ここから本文です

父親がうつ病で会社を休職中です。 うつ病と診断されてから三ヶ月たちますがよく...

kor********さん

2010/7/1520:13:25

父親がうつ病で会社を休職中です。
うつ病と診断されてから三ヶ月たちますがよくなりません。
最初に疑ったのは若年性アルツハイマーです。父親の母親(私の祖母も若年性アルツハイマーだった

ため。
しかしMRIとSPECというレントゲンをとったところ若年性アルツハイマーではないとでました、
しかし遺伝が多いのでいつなるか不安です。。
気になる点は、父親は毎日夜散歩にいきます。(一時間程。
散歩から帰ってくると全く様子がかわって元気になりはきはきと喋ります。普段なかなかでてこない計算もすらすらでてきます。うつ病は散歩
でそんなに変わるのでしょうか?

長々と失礼しました。

閲覧数:
1,376
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sit********さん

2010/7/1520:20:34

うつ病は脳内の神経伝達物質が少なくなり、おこると言われていて、その伝達物質の主なものはセロトニンです。
うつ病の治療にはこのセロトニンを増やす薬を投与するのですが、本来人間は自分でセロトニンを作ることができるのです。

セロトニンを作るために有効な刺激が、反復運動や日光と言われていて、お父様はウォーキングによるセロトニン生成で少しよくなっていると考えられるのではないでしょうか?
うつ病の人にはかなり良い習慣です。

好きなことをするというのも回復の兆しだと思います。

お大事にして下さい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる