ここから本文です

三畳期とジュラ機を分かつ大量絶滅はなぜ起こった?

zaz********さん

2010/7/1616:52:40

三畳期とジュラ機を分かつ大量絶滅はなぜ起こった?

閲覧数:
1,113
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gal********さん

2010/7/1903:13:09

☆三畳期とジュラ機を分かつ大量絶滅はなぜ起こった?

/
われわれは、ひじょうに多くのことを本当だと信じている。
ほとんどの人は、真実として科学が確立した事実を受け入れているにすぎない。

世界的規模の大量絶滅は5回。

①オルドビス期後期の4億4000万年前、
当時生きていた450科のうち22%が死滅。

②デボン期の3億6000万年前、
ほぼ同数の科が 絶滅。

③ペルム期の終わりは最大の大量絶滅で2億5000万年前、
400科のうちの50%が絶滅。

④三畳期後期の2億1300万年前、
300科のうちの20%が絶滅。

⑤白亜期後期の6600万年前、
650科のうちの15%が絶滅(恐竜含む)。

②-③のペルム期-三畳期の移行期に、
生物のすべての種のうちの76-96%が姿を消した と見積もられている。
http://www15.plala.or.jp/lively-p/Ward01.htm
/
//
ところが現在は、過去のどの時期よりも急激な大絶滅が始まっている」

恐竜時代 0.001 種/年
一万年前 0.01 種/年
千年前 0.1 種/年
百年前 1 種/年
20年前 1000 種/年
現在 40000 種/年

これは、たとえば恐竜時代は、年間0.001種、
つまり千年で1種が絶滅したということを表しておる。
今はさっきも言ったように、1年に4万種といわれておる。
恐らくここ数年のうちに、10万種が1年間で消える割合になるじゃろう
http://homepage3.nifty.com/kokorogy/kokorogy16.htm
http://www.mahoroba.ne.jp/~totoro/seibutu.htm
//

大量絶滅は ②-③のペルム期-三畳期の移行期と解釈します。

恐竜絶滅の K-T境界(15%)よりも、
P-T境界では大絶滅(76-96%)が発生している。

★地球内部を原因とする環境変化の要因が高いと考えられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/P-T%E5%A2%83%E7%95%8C

下記のシナリオが提案されている。

日本の面積の5倍もある巨大な溶岩の岩盤(洪水玄武岩)が、
中央シベリアから西シベリアにかけての台地(中央シベリア高原)で
確認されているため、超大陸の分裂に際し、非常に大規模な
火山活動が中央シベリア~西シベリアにかけて起こり、
大量の二酸化炭素が放出され、温室効果により気温が上昇したと考えられる。

なおこの現象は「プルーム大噴火」といい、巨大なホットプルームが
核から突き上げられることによって地殻が割れて
隙間から大量のマントルが噴き出す。

気温の上昇は深海底のメタンハイドレートの融解・気化を引き起こし、
さらに温室効果が増して、気温もますます上昇し、
さらに多くのメタンハイドレートが溶け出す悪循環がおこった。

なおメタンには炭素12が多く含まれており、これを裏づけるように
炭素12が当時の地層から大量に見つかっている。

当時、植物による長年の光合成によって、
酸素は大気の30%程度を占めるまでに蓄積していたが、
メタンハイドレートから放出された大量のメタンの燃焼に消費され、
又、メタンと酸素が反応して別の物質に変わってしまったため
10%程度にまで急減してしまった。

(生物が呼吸困難を起こすのは15%ぐらいである)そのうえ、
多くの植物がこの時に絶滅してしまった。

このことの裏づけとして、酸素がある環境では作られないはずの
ベルチェリン(Berthierine)が南極の当時の地層から見つかっている。

メタンハイドレートの融解によって、赤道付近では気温が10度あがり、
極地では、20度~30度あがった。

この結果、環境の変化に耐え切れず、生物の95%が死滅するに至った。

☆三畳期とジュラ機を分かつ大量絶滅はなぜ起こった?

/...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

takoな爺さん

編集あり2010/7/2207:04:38

まず、質問者さんへ

↓大量絶滅@Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8F%E7%B5%B6%E6%BB%85
を見ても分かるように、「三畳紀末」の絶滅ですね
↓@ナショジオ
http://www.nationalgeographic.co.jp/science/prehistoric-world/mass-...
「続きを見る」をクリックね

で、他の回答に関してなのですが

>なおメタンには炭素12が多く含まれており、これを裏づけるように
>炭素12が当時の地層から大量に見つかっている

はぁ? 何が言いたいのやら^^;

↓<「炭素」@Wiki>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E7%B4%A0

↑の「最安定同位体」を見てね

繰り返すけど
>なおメタンには炭素12が多く含まれており、これを裏づけるように
>炭素12が当時の地層から大量に見つかっている。


こんなにも科学的素養が無いのに・・・
無いことがバレバレになることすら気が付かない・気が付いていないのに・・・
進化論を論じちゃうわけね^^;アハハ

どっかから拾ってきた記事のコピペなら、
その出典を明らかにすることが「科学的態度の基本」なんですけど
知ってました?

↓多数のID使って言いたい放題かつ
どっかから拾ってきた『自説』展開大好き な人なんですねぇ、あいかわらず
galgalwishさん
mayoneezu395963さん
mayoeruhituzijpさん
mayoeruhizijpさん
rx073157さん


↑全部同一人物ですよ

不都合なことは書き換え! が得意な人なので、全文をコピペしておきます念の為

↓ 以下コピペ ↓

galgalwishさん

☆三畳期とジュラ機を分かつ大量絶滅はなぜ起こった?

/
われわれは、ひじょうに多くのことを本当だと信じている。
ほとんどの人は、真実として科学が確立した事実を受け入れているにすぎない

世界的規模の大量絶滅は5回

①オルドビス期後期の4億4000万年前、
当時生きていた450科のうち22%が死滅

②デボン期の3億6000万年前、
ほぼ同数の科が 絶滅

③ペルム期の終わりは最大の大量絶滅で2億5000万年前
400科のうちの50%が絶滅

④三畳期後期の2億1300万年前
300科のうちの20%が絶滅

⑤白亜期後期の6600万年前
650科のうちの15%が絶滅(恐竜含む)

②-③のペルム期-三畳期の移行期に
生物のすべての種のうちの76-96%が姿を消した と見積もられている
http://www15.plala.or.jp/lively-p/Ward01.htm
/
//
ところが現在は、過去のどの時期よりも急激な大絶滅が始まっている」

恐竜時代 0.001 種/年
一万年前 0.01 種/年
千年前 0.1 種/年
百年前 1 種/年
20年前 1000 種/年
現在 40000 種/年

これは、たとえば恐竜時代は、年間0.001種、
つまり千年で1種が絶滅したということを表しておる
今はさっきも言ったように、1年に4万種といわれておる
恐らくここ数年のうちに、10万種が1年間で消える割合になるじゃろう
http://homepage3.nifty.com/kokorogy/kokorogy16.htm
http://www.mahoroba.ne.jp/~totoro/seibutu.htm
//

大量絶滅は ②-③のペルム期-三畳期の移行期と解釈します

恐竜絶滅の K-T境界(15%)よりも、
P-T境界では大絶滅(76-96%)が発生している

★地球内部を原因とする環境変化の要因が高いと考えられている
http://ja.wikipedia.org/wiki/P-T%E5%A2%83%E7%95%8C

下記のシナリオが提案されている

日本の面積の5倍もある巨大な溶岩の岩盤(洪水玄武岩)が、
中央シベリアから西シベリアにかけての台地(中央シベリア高原)で
確認されているため、超大陸の分裂に際し、非常に大規模な
火山活動が中央シベリア~西シベリアにかけて起こり、
大量の二酸化炭素が放出され、温室効果により気温が上昇したと考えられる

なおこの現象は「プルーム大噴火」といい、巨大なホットプルームが
核から突き上げられることによって地殻が割れて
隙間から大量のマントルが噴き出す

気温の上昇は深海底のメタンハイドレートの融解・気化を引き起こし
さらに温室効果が増して、気温もますます上昇し、
さらに多くのメタンハイドレートが溶け出す悪循環がおこった

なおメタンには炭素12が多く含まれており、これを裏づけるように
炭素12が当時の地層から大量に見つかっている

当時、植物による長年の光合成によって
酸素は大気の30%程度を占めるまでに蓄積していたが
メタンハイドレートから放出された大量のメタンの燃焼に消費され
又、メタンと酸素が反応して別の物質に変わってしまったため
10%程度にまで急減してしまった

(生物が呼吸困難を起こすのは15%ぐらいである)そのうえ
多くの植物がこの時に絶滅してしまった

このことの裏づけとして、酸素がある環境では作られないはずの
ベルチェリン(Berthierine)が南極の当時の地層から見つかっている

メタンハイドレートの融解によって、赤道付近では気温が10度あがり
極地では、20度~30度あがった

この結果、環境の変化に耐え切れず、生物の95%が死滅するに至った

回答日時:2010/7/19 03:13:09

↑↑

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる