ここから本文です

中学1年生の素朴な疑問です。 地球では空は水色なのに。宇宙ではなぜ深い青色な...

gog********さん

2010/7/3020:39:46

中学1年生の素朴な疑問です。

地球では空は水色なのに。宇宙ではなぜ深い青色なのでしょうか?
もし地球の色は太陽の光に関係があるのなら、宇宙にも太陽はあります。

あまりにもばかげた質問だったらすみません。

頭にふと思いついた不思議なのでそう思った方は
する―していただいてかまいません。

閲覧数:
152
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

宇宙は広い無限大な空間があって、そこに星などがありますね。

太陽だけが輝いていても、照らしているものが無ければ周りは真っ暗なままです。というか実際は宇宙は黒です。

空が青く見えるのは、地球表面だけに大気があるからです。地上から見た空は、空気を取り除けば真っ暗な宇宙です。(月面とも同じです)

宇宙を背景にして、太陽光に照らされた大気が明るく見えるので、暗くはありません。なので、空気が薄くなる所や、真空宇宙との境目に来たときは徐々に宇宙色になり暗くなってきます。高度13Kmを飛ぶ旅客機の窓に広がる景色は・・・はっきり言って、ほぼ、宇宙ですね^^;

そして、空がなぜ青いかというと、大気の成分と適度な濃度(濁りぐあいも)によって、青っぽい光が良く散乱しやすく、赤っぽい光は散乱しにくくまっすぐに届きやすいからです。昼間では、赤い光より青い光が主に見えることになります。

青色は屈折や散乱する割合が多いです。

夕方になると、太陽方向が低く見え、太陽光が大気中を通過する距離が増える位置関係になるので、赤い光が届きやすく、有利になります。なので、赤い光で夕焼けがそまります。夕焼けの時刻に、空気がめちゃくちゃ薄いと青空みたいになっちゃいますね。

飛行機上空の夕焼けは変わったものが見えそうですね。

「実験編!!」

薄い石鹸水やカルピスなど、適度に白っぽく濁りのある透明色で、光に透かしたり、反対から見たりすると、夕焼けや青空の仕組みがわかりますよ。実験すると、とてもきれいですよ!

前に描いた絵ですが、わかるでしょうか。

宇宙は広い無限大な空間があって、そこに星などがありますね。...

質問した人からのコメント

2010/7/30 21:39:27

降参 こんなにもくわしく!更にイラストまで・・・。
わざわざ素朴な疑問に答えていただきありがとうございます!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる