ここから本文です

ジブラルタ生命の「ドリームゲート」という商品について 1歳になったばかりの息子...

aferinchuさん

2010/8/511:02:58

ジブラルタ生命の「ドリームゲート」という商品について
1歳になったばかりの息子の教育資金にと今まで毎月少しずつですが貯金してきたのですが、 米国ドル建保険に加入しようか迷っています。
保険期間 終身
払込期間 20歳

為替変動によるリスクはあるのですが、今の円高状況はしばらくは続くような気がするので、入るなら今かなと思っています。後半円安になったとしても、1ドル120円ぐらいだったら損はしないかな…と。主人が外国人なので、ずっとドルで持っていてもいいしな…とも思っています。
ジブラルタ生命の「ドリーム・ゲート」という商品をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご意見をうかがいたと思います。
よろしくお願いします。

補足私と主人は保険に入っていて、万が一どちらかに何かあっても生活できるようにはしてあります。
子どもには、教育資金だけでなく、結婚もしくは独り立ちの時に少しでもたしにしてもらえるぐらいは貯めておきたいなと思っています。もちろん、保険だけでは足りないので、足りない分は貯蓄から出します。
ドル建てはリスクはあるけど、今なら少し得する可能性があるかな…と思い検討しています。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
10,709
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cad78271さん

編集あり2010/8/512:19:39

ジブラルタのホームページを拝見して仕組みを見ました。

その前に質問主さんは今回お子さんの教育資金の計画をどうお考えになっているのでしょうか?
いつまでにいくら貯めたいとお思いでしょうか?

育資金準備で大切なのは、いつまでにいくら貯めるのか?だと思います

まず教育費積立と同時にご夫婦の保険の保障の持ち方もしっかりお考えください
学資保険で万が一の時に教育費だけ確保できても残された家族の生活費が確保できていなければ意味がありません。同時にそのことも確認してみてください。


その上で、普段の貯蓄ではまかないきれないから今のうちからコツコツ貯蓄して対応しようとするのが教育費の積み立てだと思います。
ではいつの進学が一番お金がかかるかご存知でしょうか?

・・・・・・・・・・入学費・・年間教育費(/年)・学外活動費
幼稚園(公立)・・10万円・・25万円・14万円
幼稚園(私立)・・10万円・・50万円・14万円
小学校(公立)・・10万円・・30万円・24万円
小学校(私立)・・30万円・120万円・24万円
中学校(公立)・・10万円・・45万円・31万円
中学校(私立)・・30万円・125万円・31万円
高等学校(公立)20万円・・50万円・26万円
高等学校(私立)40万円・105万円・26万円
大学(国公立)・・30万円・・50万円
大学(私立文系)30万円・・90万円
大学(私立理系)110万円・120万円
大学(私立医科)200万円・370万円

仮に公立で幼稚園から文系大学までだと約820万円
オール私立だと約2060万円かかります
この中でも一番お金がかかるのは大学です。月1万ずつ貯金しても年12万×18年=216万円しか貯まりません
大学2年分位ですね。倍の月2万円で大学文系4年分くらいになります

高校は無償化に動いていますからもっと少なくて済むかもしれませんね。


さて、ジブラルタのドリームゲートですがホームページで見たところ契約者男性30歳、お子さん0歳、死亡8万ドル、保険料月144.33ドル、払いこみ期間お子さん20歳まで。ドリームボーナスは4回、17歳で12000ドル、18、19、20歳でそれぞれ4000ドルです。

これはどういうことか分かりますか?祝い金として受け取れる金額は総額24000ドル(1ドル100円で240万円)、支払い総額は34425.6ドル(1ドル100円で344万2560円)と進学資金では100万円も元本割れしています。

大学卒業後に結婚資金として100万円以上を一緒に用意してあげたいというなら良いかも知れませんが、純粋に進学資金として積立るものとしては無駄な貯蓄な部分があるように思えます。
ちなみに月1万円タンス預金でも20年で240万円貯まりますから死亡保障の額以外では学資保険と比べてお得かどうかは疑問に感じます。この商品なら低解約型定期保険を利用した方が効率的なような気がします。

最終的には質問主さんが積立目的・計画をどうお考えになってるかでこの商品が合う合わないが出てくるとおもいます。
再度この機会に何のために保険で積み立てるのかをお考えの上ご判断されてください。

ご参考になれば幸いです。


補足です。
計画でそのようにお考えで、この商品がマッチしているなら良いのではないでしょうか。
為替の変動で毎月の保険料が変わるリスクもありますので、途中で続けられなくなる事態だけは避けれるように無理のない額で積み立ててくださいね。
教育資金は教育資金、結婚資金は結婚資金と目的別に分けて途中で小出しにするより一括で受け取れる物の方が基本返戻率は良いので、他にももっと良いものはあるとだけ申しておきますね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gib441441さん

2010/8/701:06:48

この保険はドリームボーナスの部分だけ見ると支払総額に対して祝金が少ないように見えますが、祝金を全て受取った後、仮に解約した場合、解約返戻金と合算すれば支払総額とほぼ同額戻ります、その時の状況に応じて対応すれば良いと思います。保険は財産なので、お子さんが独立する時に保険として渡すか、解約し現金で渡すかを選べるのも素敵な事だと思います。どちらにしてもお子さんからは感謝されると思いますよ。学資保険と違い被保険者は子供なので、父親死亡時の払込免除はないので注意してください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。