ここから本文です

もう遅い?すり傷を湿潤療法できれいに治したい。 4日前、旅行先で脚に15センチ×...

surrey_198511さん

2010/8/1102:25:13

もう遅い?すり傷を湿潤療法できれいに治したい。
4日前、旅行先で脚に15センチ×10センチの大きなすり傷を負いました。
帰宅した後ネットで調べて、湿潤療法で治すのがよいことを知ったのですが、

ケガの直後の傷口が湿っている時でないと効果がないのでしょうか?
念入りに水洗いし、血が出たところだけバンドエイドでふさいで、4日間たっています。
浅いすり傷はかさぶたのようになっています。血が出たところは、まだ湿っています。
跡が残るのが心配で不安です。
詳しい方、よろしくお願いします。

閲覧数:
15,527
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

turuchan_40さん

2010/8/1208:18:07

瘡蓋が出来ている場合は、そこで傷の治癒はストップして、瘡蓋が剥けると酷い痕が残ったりする事が多いですね。

湿潤療法は、瘡蓋が出来ていても間に合う可能性はあります。瘡蓋の下には常にフレッシュな傷が存在するからです。
一番判るのは、瘡蓋を剥いて出血する場合ですが、これは根性がいるのでやめておきましょう。

まず瘡蓋の除去ですが、これはしばらくぬるま湯に付けて少しふやかしてから、食品用ラップやキズパワーパッド等の被覆材を貼りつけておけば保湿効果によって自然と自己融解して浮いてきますので、その後で簡単に取る事が出来ます。

湿潤療法を立ち上げた茨城県の石岡第一病院の夏井睦医師のサイト<新しい創傷治療>より
<痂皮の扱いについて>
http://www.wound-treatment.jp/wound137.htm
1例目のハイドロコロイドとは、写真ではデュオアクティブと言う被覆材を使っていますが、キズパワーパッドも同じハイドロコロイドです。

湿潤療法の病院での治療では、そんなにのんびりと待っていられませんので、瘡蓋をブラッシングで除去して被覆材を貼ります。
<-顔面挫傷例->
http://www.wound-treatment.jp/wound002.htm
この中の3例目の方は瘡蓋を除去して湿潤療法を行っています。

湿潤療法を行う場合はこちらを良く読んでおいて下さい。
<家庭でできるすりむき傷,裂傷,熱傷の治療-皮膚外傷のラップ療法->
http://www.wound-treatment.jp/next/wound245.htm
これが湿潤療法の基本的な処置ですので一度読まれればより一層理解できます。
ここではラップを使用していますが、キズパワーパッドでも同じ効果です。
こまめな患部の洗浄と、パッドの貼り替えが大事です。

まだ間に合うと思いますので、是非痛くない治療を試されるのが良いと思います。

質問した人からのコメント

2010/8/13 18:19:59

降参 たくさんの情報をありがとうございました。感謝いたします。
キズパワーパッド、さっそく購入しました。かさぶた部分に貼ったら、かさぶたがツルリとれました。
毎日貼り変えていますが、治りが速くて驚いています。
張り替え時もほとんど痛みはないです。
このままキズパワーパッドで治療を続けようと思います。ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。