ここから本文です

ヘルパーの医療行為について

sen********さん

2010/8/1121:35:46

ヘルパーの医療行為について

ヘルパー初心者です。現在2つの事業所に登録して仕事をしています。

A事業者では高齢者に服薬確認、服薬配薬、デイ準備送り、買い物同行、更衣介助をしています。
また、重度障害者の方のカテーテルの洗浄を行っています。

B事業所では服薬配役はできないのでやりません。と言われました。
ネットで調べると服薬配薬、カテーテルの洗浄は違法になるのでは?と思いました。
恐れ入りますがどなたか教えて下さい。

補足皆さんご回答ありがとうございました。
勉強不足でした。
もっと勉強してヘルパーをがんばっていこうと思います。

閲覧数:
3,144
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sig********さん

2010/8/1210:40:50

A事業所の判断が正しいと思います
詳細は、服薬が一包化されていることやカテーテルも可能な事と難しいことがありますが、一定の判断があり行われていると思います
法令の解釈が緩和され、今後も医療依存度の高い方を支援する為にヘルパーの役割が増えてくると思います

安易に考えないで事業所内でも研修会、勉強会を重ねて下さい



B事業所は少し勘違いされていますね

服薬配薬

一包化されていれば何も問題は有りません
個別にシートから出す場合は別なので、この部分を混同しているのかな?

厚労省でも論議されているので、
http://www.wam.go.jp/
最新情報を勉強して下さい


読みやすい最新情報サイトもご紹介しましょうね
http://www.medicalcarenet.com/index.htm

質問した人からのコメント

2010/8/12 22:43:23

降参 わかりやすく教えて頂いてありがとうございました。
もっと勉強が必要だと思いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

maj********さん

2010/8/1122:10:32

医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について(医政発第0726005号、平成17年7月26日)に規定されています。

服薬については以下の条件を満たしていることを医療職が確認し、服薬に関しての医療職から服薬指導があれば、患者ごとに区分し、一包化された内用薬の内服(舌下錠の使用も含む)、皮膚への湿布の貼付、褥瘡の処置を除く皮膚への軟膏の塗布、肛門からの座薬投入または鼻腔粘膜への薬剤噴霧を介助することができるとされています。

①患者が入院・入所して治療する必要がなく容態が安定していること。
②副作用の危険性や投薬量の調整のため、医師または看護職員による連続的な容態の経過観察が必要である場合ではないこと。
③内用薬については誤嚥の可能性、坐薬については肛門からの出血の可能性など、当該医薬品の使用の方法そのものについて専門的な配慮が必要な場合ではないこと。

またカテーテルの洗浄については医療行為に当たるものと判断されます。

bak********さん

2010/8/1121:48:04

服薬配薬って、お医者さんで処方してもらったお薬を
利用者さんが服薬できるように種分けしてテーブルに
並べるのは医療行為でもなんでもありません。
薬局で1回飲む分を1包化されていればなおさらです。

カテーテルの洗浄って何のカテーテルをどういう風に洗浄
するのでしょうか、カテーテル単体の洗浄ならなんら問題
ありません。
留置カテーテルの洗浄(膀胱洗浄)ならあり得ませんが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる