ここから本文です

プロのラケットと市販ラケット は違うと聞きました。 では例えばナダルが使っ...

瀬里ー奈・呉芽州さん

2010/8/1801:20:08

プロのラケットと市販ラケット
は違うと聞きました。

では例えばナダルが使ってるラケットとナダルモデルのラケットは何が違いますか?

あとプロになったばかりでスポンサーがまだいないプロは市販のラケットを使うことになるんですか?

閲覧数:
4,320
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kat********さん

2010/8/1822:30:23

重さと素材ですかね。
市販のラケットはグリップ内のバランサーでバランスを組んで張り上がりで320グラム前後以下が多いですが、
プロ仕様の物は張り上がりで350グラム前後、それに好みにより鉛のバランサーを付けたりして370グラム前後を使用しています。
ということは、市販品のグリップ内のバランサーだけ増やして350グラムにしてもバランスが滅茶苦茶になってしまうということです。
ですから、フレームやコアの部分自体が、素材構成を含めて別物と考えるのが普通です。

素人とプロではスイングスピードが全然違いますから、市販の飛びの良さをうたい文句にしているラケットでは飛びすぎてしまいますね。
プロはそんなに飛ばないラケットでも飛ばせるから強度とかコントロール性の方に重点が置かれるのではないでしょうか?

実際にラケット自体はそれほど進歩はしていないものです。プロの使うものに限ってですけど。

シニアツアーでエドバーグなどはプロスタッフ6.0の95SQという、もう10年以上前のラケットのペイントだけ最新モデルにして使用していますし、現役のマーディーフィッシュなど多くのウィルソンの契約プロが1990年代に作られたプロスタッフクラシックをこれまたペイントだけ最新モデルに塗り替えて使用したりしています。

ラケット契約はしていなくてもプロでしたら購入、もしくは無償提供という形でプロ仕様の物を使っている人が殆どでしょうね。
メーカーは沢山のプロ用のラケットをストックしていますから、そこから自分に合ったものを選ぶだけです。

スクールのコーチなどでメーカーと契約している人は市販品と同じラケットを使用しているようです。

とにかくメーカーは売上を伸ばしたいので、次々に最新モデルを色々なうたい文句で出し、プロはペイントだけメーカーの意向に沿って変えて使用している。という事ですね。

質問した人からのコメント

2010/8/24 09:34:44

なるほど~

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる