ANAのクレジットカードを作る際、ワイドカードとワイドゴールドか、VISA,JCB,MASTERカードで迷っています。 私の分の家族カードも作る事を希望してます。 夫が年内に上海に赴任する事が決まり、一緒に行く予定です。

ANAのクレジットカードを作る際、ワイドカードとワイドゴールドか、VISA,JCB,MASTERカードで迷っています。 私の分の家族カードも作る事を希望してます。 夫が年内に上海に赴任する事が決まり、一緒に行く予定です。 夫は現在、三井住友VISAヤングゴールドを持っており、それからの切替希望です。 夫は今、29歳で来年の1月に30歳になります。 ちなみに私は30歳以上ですが、専業主婦で無収入です。 調べてみると、ANAワイドゴールドVISAとMASTERは満30歳以上でないと申し込みできないと明記してありました。 現在、クレジット機能の無いマイルだけ貯める年会費無料のANAカードは持っています。 上海に赴任してからは、中国国内での出張が多くなる為、中国の国内線を頻繁に利用する事になります。 年に2回程、日本へ帰国予定です。 他に銀聯カードも作る予定です。 海外に住む事になると、新たにクレジット機能付のカードは作れないのでは?との疑問があり ANAに問い合わせたところ、日本国内に住んでいる時に申し込めば、新たにクレジット機能付カードは作れるそうです。 カードを作ってから海外へ引っ越す事になった場合、日本に住んでなくても住民票が無くても大丈夫との事でした。 ただし、郵便物は海外に送る事は出来ず、日本国内の銀行口座からの引落ししかできないとの事でしたが その辺はクリアできてます。 引っ越してからだったら『ANA CARD 全日空信用卡』が良いのではないかと勧められました。 これらの事を踏まえて考えると、どのカードを作るのが一番望ましいのでしょうか? 『銀聯カード』と『ANA CARD 全日空信用卡』だけにすべきでしょうか? わかる方いましたら良いアドバイスをお願いします。

クレジットカード1,938閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ANAということでしたら現在お持ちの三井住友カードを ANA提携にするとよいと思います。 JCB、VISA、Masterを比べると オリンピック公式スポンサーだったVISAが最も使えます。 Masterはそれほど違いませんが、 JCBは日本人利用が多い、一定レベル以上のホテル、 大型ショッピングセンター、有名レストランに限られます。 中国国内の航空機利用がどの程度の頻度なのかわかりませんが、 中国国外発行のクレジットカードで、航空会社ホームページで 事前購入ディスカウントチケットを購入することはできません。 代理店で購入できたり、あるいは出張なら会社がチケットを 用意するかもしれませんが、 ディスカウントチケットはANAマイレージ(提携は中国国際航空) が積算されてもごくわずかだったり対象外です。 航空会社チケットオフィスで購入するなら 普通運賃またはそれに近い値段ですので結構マイルはもらえます。 中国での生活でマイル獲得なら、普段のショッピングなどでポイント獲得、 これをマイルへ交換という方法がもっとも機会が多いと思います。 お作りになる銀聯カードは信用卡ですよね? 普通の銀聯カード(儲蓄卡)だとショッピングはできますが ポイントやマイルと関係ないので。 中国招商銀行がANA提携銀聯カード・全日空信用卡を発行していますが、 ショッピングマイルはキャンペーンでも20元(約260円)で2マイルですので 日本のANAカードのほうがが効率がよいです。 ただ、銀聯カードなら小規模な商店や食堂でも使えるところが多く、 国外発行カードが利用できない店舗(大きな店でも多い)や ネット販売でショッピングができるというメリットがありますので あわせて持つとよいでしょう。 搭乗マイルを集中させるにも、、 中国国際航空は中国最大のネットワーク(国内国外)を持っています。 ということで、ANAなら三井住友VISAかMasterでしょう。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答どうもありがとうございます! やはりJCBは海外ではイマイチなんですね。 中国国外発行のクレジットカードでは中国国内線の事前購入のディスカカウントチケットは購入できないんですね!?全く知りませんでした! 耳より情報もありがとうございます! ANAの三井住友VISAと、銀聯カードの信用卡を作る方向で検討してみます。

お礼日時:2010/9/3 20:57

その他の回答(1件)

0

赴任で日本への帰国が年に数回以下なら、生活の拠点はやはり渡航先ではないてしょうか? 日本国外へ赴任する場合、クレジットカードの保有がどうなるのか、三井住友カードやジェーシービーに問い合わせてみてはどうですか? 実際何らかの理由で債務不履行になった場合、ANAに債務の責任関係は無く、クレジットカード会社が督促などを行うわけですが、連絡が取りづらい日本国外に在住している会員への接触は手間がかかります