ここから本文です

どう違う?

石川友則(仮名)さん

2010/9/518:52:56

どう違う?

水平対向エンジンと、挟み角180度のV型エンジンはどこがどう違いますか?

閲覧数:
324
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mes********さん

編集あり2010/9/519:46:12

「180°V型」という表記は見かけます。

V型と言った場合、狭義には「隣接する2気筒がクランクピンを共有する」ものを指します。つまり、180°V型で組になる2気筒を見ると、片方が上死点にあるタイミングではもう一方が下死点にあります。
一方、水平対向では、組になる気筒同士は上死点・下死点を同時に迎えます。そして、その2気筒は点火のタイミングも同時です。
(もちろん、通常の180°V型や水平対向ではピストンは上下ではなく水平に動きますが、一般的用語に従って「上死点」「下死点」と書いています)

人によっては、点火タイミングが同じ物を「ボクサー」、同時でないものを「180°V」と呼び、それらを総称して「水平対向」と呼ぶケースもあるようです。

[補足]
↑上の方、説明文と図では、言っていることがまるで逆では?
図はどう見ても、「水平対向」が同位相、「180°V型」が逆位相になっています。

質問した人からのコメント

2010/9/7 13:45:11

感謝 みなさん、回答をありがとうございました。
私には、mesier111さんの回答が一番判りやすかったのでベストアンサーにさせていただきました。
またよろしくお願いします。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

min********さん

編集あり2010/9/622:37:05

水平対向エンジンは、向かい合ったシリンダーが同時に爆発し、振動を打ち消し合います。
180度V型は各シリンダーがバラバラに爆発します。

ここに詳しく
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%B9%B3%E5%AF%BE%E5%90%91%E...


下の方、、直した、ありがと

水平対向エンジンは、向かい合ったシリンダーが同時に爆発し、振動を打ち消し合います。...

j32********さん

2010/9/519:47:24

水平対向エンジンの種類に180度V型エンジンとボクサーエンジンが分けられます。
この2つの違いはクランク角の位相の違いです。このクランク角が同位相であると180度V型エンジンと呼ばれ、ボクサーエンジンは位相が180度ずらしてあります。

m44********さん

2010/9/519:12:03

V型エンジンで60度と90度以外ありましたっけ。
360度を割るだけですから。
Vを180度に広げたらVではないでしょう。
おまけで水平対向エンジンと言わずにボクサーと言うとカッコいいですよ。

sat********さん

2010/9/519:02:48

水平対向の場合は、右と左の点火タイミングが対になって同時に行われて、
V型の場合は、すべてタイミングがずれて点火されるということでしょうか?

sam********さん

2010/9/518:59:44

挟み角が180度だったら、そもそもV型エンジンとは言わんのでは?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる