洗濯について タンブラー乾燥禁止とかいろいろありますが実際大丈夫ですよね? 確かにその表示の通りが1番いいと思いますが

5人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

17

17人がナイス!しています

その他の回答(4件)

4

『タンブラー乾燥はお避けください』は無視しても割りと平気ですが、『タンブラー乾燥禁止』と明言しているものは結構悲惨な結果になる場合が多いです。 カジュアルを着ることが殆どで、タンブラー乾燥『禁止』表示のものはめったにないのですが、何気なくビジネスソックス(『禁止』表示だった)を乾燥機に入れたらびっくりするほど縮んで履けなくなりました。

4人がナイス!しています

4

毛糸のニット、レーヨン、は顕著に縮むので避けましょう。 ポリウレタンの入ったものは傷みやすく、じゃっかん縮み、毛玉になります。 シルク、麻は乾燥機OKですよ。ただし型崩れを防ぎたいスーツなどは止めましょう。 綿のTシャツも実は縮んでます。しかし襟がデロンとならない等のメリットは大きいです。

4人がナイス!しています

2

メーカーは確かに過剰な表示に逃げる傾向があります。やり過ぎると繊維協会から指導が… 最近ファッション全般がカジュアルになってきていますね。Tシャツひとつとってもダメージ付けたり。ですから私たちの感覚もよれよれに対して寛容になっていると思いませんか? 実際は乾燥機はかなりダメージを与えます。きちんと着たいもの、プリントや付属(ビーズとかレースとか)が付いるもの、明らかに縮む組成のものは避けてね。

2人がナイス!しています

1

駄目なものは、本当に駄目なんです。問題は、本当に駄目なものと、少しくらいは平気なものとの見極めが、自分でちゃんとつけられるかどうか、ですよ。たとえば、ウールのセーターを乾燥機にかけようものなら、「何、このごわごわは。それに、もしかして大人用じゃなくて、子供服だったっけ?」というくらい、派手に縮みます。合皮素材が使用されている物を乾燥機にかけたら、表面加工が溶けたり剥がれます。とかとか・・・ 実際問題、そういうリスクがあるのだから、「大丈夫ですよね?」と聞かれたら、「大丈夫じゃありません」としか、お答えのしようがないです。あとは、「何があっても自己責任」でどうぞ。

1人がナイス!しています