ここから本文です

病院に行くべきか悩んでいます。

mktさん

2010/9/1618:02:41

病院に行くべきか悩んでいます。

大学生の女です。精神科か心療内科に行きたいのですが、私みたいな人間が行っていいのか悩んでいます。高校生の時にメンタルヘルス科に自律神経失調症と不安障害で通院していましたが、母に仕事を休ませてまで通院しているのがつらいのと、先生にこの程度で来たのかと思われていそうで怖くて通院をやめてしまいました。その後も親に死にたいと喚くことがありましたが、病院には行きませんでした。卒業し、実家を離れてからは症状もだいぶ治まったのですが、今になってまた気分が落ちるようになりました。簡単に書くと次の通りです。

死にたい/誰か殺してくれ/特定の子(時々みんな)死ねばいいのに/浅いアムカ(悩みの移行・自分へのしつけ)/やる気が出ない/友達といると(好きなことをしていると)楽しい/一人になると沈んでやるせない)/たまに友達といても(好きなことをしていても)沈む/たまに一人でも調子がいい/ストレスで胃と頭痛にくる/急に泣けてくる

私には私の世界の中心となる人がいて(依存してる自覚はあります)、その人に「お前は俺にとって要らない子だよ」と言われている気がしてしまうと症状が強くなります。でもたぶん気のせいじゃなく本当に私は要らない子なんだと思います。気分が落ち着かないときは気づいたら朝になってたり、深夜徘徊をします。道路に這いつくばって泣きたいと、何度も思いました。ちなみにまだ不安障害の症状はあります。

友達の前では楽しくできるので通院を勧める人はいないですし、家族は理解が無い人たちです。かといって自分から病院に行くのは、「この程度で…」と思われそうでやはり怖いです。自殺願望はありますが、将来やってみたいこともありますし、まだみんなと生きていたいです。私は病院に行くべきでしょうか。行ったとして、そう伝えたら、先生は生きる手伝いをしてくれますか?
また、精神科か心療内科か、クリニックかというのも悩んでいます。家族にもばれたくないです(保険証を使うと家族にばれるとか…)

長くなりましたが、よろしくお願いします。

閲覧数:
360
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ryo********さん

2010/9/1618:20:13

少し不安障害などとのオーバーラップがありそうですが、基本的にはうつ病の症状と思われます。
「友達と一緒にいると楽しい」という症状は非常に救いになっているようですね。

実家を離れてから症状が落ち着いたのであれば、家族が負担になっているのでしょうか?

何れにせよ、精神科または心療内科を受診される方が良いと思います。
内服薬ですごく改善される方もたくさんいます。


この程度で来るな、なんて思う医者は基本的にはいないと思いたいですが、そういう不心得者がいた場合には、病院を変えましょう。精神関係の医者はピンキリですので。


鬱などの気分障害は、
「これは病気のせいなんだ。治るんだ。」
と思うことが大事だと思います。


良いドクターに恵まれることをお祈り致します。

質問した人からのコメント

2010/9/23 22:03:15

病院、行ってみようかと思います。悩みの原因は家族のこともありますが、友人関係が大きいです。

みなさんありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hay********さん

2010/9/2023:11:32

他の方も言っておられますが、あなたの病気の本態は「うつ」であるように思いますね。

うつは不眠もありますから、それによって自律神経失調症や精神不安や不安定となりイライラした感じになる場合もあります。

うつ→不眠→イライラ→余計に症状悪化と悪循環を繰り返すばかりでなく、放置しておくと周りの人との隔絶も大きくなり、ついにはあなたの社会的立場にも悪影響を及ぼすでしょう。また自殺したいと思っておられるのも病気のせいです。

あなたの症状を言えば精神科や心療内科の専門の先生であれば、これ位でとは決して思わないと思います。十分にあなたは苦しんでおられるからです。

通常の保険であれば親にバレるということは無いでしょうから、まずは早めの受診をオススメしますが、親に理解が無いというのは一つ問題かもしれませんね。精神疾患の治療には家族の関与も大きいです。とはいえ、もし家族の協力が得られなかったとしても十分に改善は可能です。まずは重ねて申し上げますが、早目の受診を!

知恵袋ではあなたのように自覚があれば良い方で明らかに精神疾患を疑わせるのに自覚なく投稿を繰り返している方を拝見します。そういう方は周りを不快にするばかりでなく、自らの言動で自分自身をも不利な立場にしてしまうでしょう。日本では比較的、精神科に関わるような病気は恥ずかしいとされており受診を好まないですが、早目の治療でこうした自滅型の人間にならずに済みます。

あなたにはそうなって欲しくありません。もう一度言います。早めの受診を!

ara********さん

2010/9/1618:17:40

ご相談の精神的な問題は、
洋食由来の食べ物による症状です。

最近、急激に増えていますが、
昔はレアな病気です。

食事を和食にして、魚を食べて下さい。

牛乳製品(カゼイン)、パン(トランス脂肪酸)、
植物油(オメガー6脂肪酸)の摂取を中止して下さい。

食べ物には有害な作用があると思って下さい。
全てが食源病です。
------------------
精神疾患へのアプローチ再考②精神疾患 統合失調症 自閉症完治の仕方
http://blog.livedoor.jp/shinzitu/archives/51002161.html

統合失調症にもグルテン・カゼイン除去が効く(2006/2/27)
http://u171nt.at.webry.info/200602/article_2.html

2009年4月21日 牛乳と小麦で心の病に
http://gclef.soreccha.jp/e47706.html

グルテンとカゼインの除去食で自閉症やADHDが治る説。
http://d.hatena.ne.jp/hotsuma/20081005/p1

--------------------
アメリカ上院栄養問題特別委員会報告書・マクガバンレポート
http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/4000

◆この歴史的レポートは日本以外の先進国が健康政策の原典としています。
アメリカ合衆国政府は1977年に 『 ガン、心臓病、脳卒中など現代病は食生活の間違いで起こる“食源病”である』と解明して、深刻なビタミン・ミネラル不足を世界に警告しましたが、日本だけ無視し続けています。
その結果が本当に健康な人は、わずか5%しかいない真相の一つだと思います。

葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)
葬られた「第二のマクガバン報告」(中巻)

◆1971年、アメリカのニクソン大統領は、国家的プロジェクトとして「ガン撲滅計画」をスタートさせ、巨額の研究費を国立ガンセンターなど、西洋医学を中心とした政府機関に投じました。
アメリカ建国200年を迎える1977年までにガンを撲滅するという作戦でした。しかし、ガンは年々増え続け、結局ガン戦争に勝てませんでした。
この計画は実現されないまま、1977年にマクガバン上院議員を委員長とするアメリカ上院栄養問題特別委員会が膨大なレポート(通称マクガバンレポート)を発表しました。アメリカ上院は世界最高の権威と権限を持つ調査機関でもあるのです。

☆この委員会が設置された理由は、

「ガン、心臓病をはじめ多くの病気が増えている。そして進歩したとされるアメリカの医学を活用し、しかも巨額の医療費が注ぎ込まれているのに、アメリカ国民は病気ばかり増えてますます不健康になるばかり。この原因を解明し根本的な対策を立てないことにはアメリカは病気で滅んでしまう」というものでした。

hys********さん

2010/9/1618:09:12

あらゆる手段を使って将来幸せになって下さい!なので病院に行く事をおすすめします。『この程度の事で』などとは思う必要ないですよ。
『将来やってみたい事がある』『まだみんなと生きてたい』素晴らしい事じゃないですか!貴方の幸せを祈っています☆

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる