ここから本文です

ミックス関係です。 ヘッドボイスでhiC以上出せる方に質問ですが、やはりファルセ...

kar********さん

2010/9/1818:53:39

ミックス関係です。
ヘッドボイスでhiC以上出せる方に質問ですが、やはりファルセットの限界音域まで表声が出ますか?
また、hiC以上が出るのであれば、日頃どのようなトレーニングをされているのか教えて下さい。
因みに男性アーティストで、あなたがヘッドボイスの練習用にしているオススメ曲もあれば教えて下さい。最適ならば女性アーティスト曲でも構いません。参考にしたいです。

補足回答有り難う御座います。
すいません。私の書き方が悪かったです。
現段階でhiC以上(厳密にはhiD#以上)出せる方は、どのようにしてそこまで音域を広げられたのか知りたかったのです。
ヘッドボイスは私も表声と定義しています。実は、裏声で出せる最高音域は理論的に表声でも出せると聞いたのですが、私の基本的な発声が悪いのかhiD#から伸びないのですよ(^_^;)もちろん裏はそれ以上出てるのですが…。

閲覧数:
9,773
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hig********さん

編集あり2010/9/2120:28:41

自分はhiCを強く出したいならhiAを太くきれいに出せるようにしてます。

hiCを出す練習より確実に伸びると思います。

ですので自分は基本L'Arc-en-Cielの曲(セブンスヘブンなど)で太くミックスで出すようにしてます。


補足

一応ミックスで裏声の最高音のhihiAまで出せますがさすがにhihiAは超汚いです。

hiFくらいから声が崩れます。

コツとしては
・地声の力を抜くこと
・声質を高くして補強
・声量を抑える
・喉を開く
声量を抑えることですが、案外声量を落としたな~って思ってもヘッドで響くので声量は変わりません。

hiEの裏声から上記を意識するといいと思います。


追記
それとヘッドボイスでは頭内部の筋肉が重要になります。

目を見開く、耳の筋肉、頬の筋肉など、表情筋の筋肉も重要になります。歌手を見ればわかりますが非常に表情筋が働いています。

あとはやはり体(お腹)の支えです。

hiEに堪えられる体を作らなければhiEはしっかり出せません。体を楽器だと思いましょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bas********さん

2010/9/2113:28:00

個人的な感覚なのでスルーなさってかまいません。

自分は裏声hiFですが、一応ヘッドボイスの最高音は裏声を越えてます。
歌では使わない音域なのでめったに使いませんし、失敗率も高いです^^;

個人的にヘッドボイスの音域では音が上がるにつれて
①どんどん脱力する
②声量を抑える
③響きを増やす
④軽く出す
ということを基本的に意識してます。

あと、個人的な意見ですが、喉の筋肉を使うバランスが
少し悪いかもしれませんね。
自分は喉の筋肉の使い方を少し変えたら一気に音域が広がったので。
一度ボイトレとか行ってみるといいかもしれませんよ。
自分はそれで音域が広がったので

がんばってください。

kac********さん

編集あり2010/9/1917:13:37

ヘッドボイスの最高音がhiC以下の人っていますかね?
karaokeikuzouさんはヘッドボイスは表声に入らないって定義かもしれませんが、
ヘッドボイスは表声だと考えていまして、ファルセットより高く出せます

練習は週に6日
1.ドミソドソミドのパターンの音階発声練習をリップロールとタングトリルで(最高音はhiC)・・・合計9分
2.「奇跡のハイトーンボイストレーニング」弓場徹(Track19のみ)×3回・・・3分(輪状甲状筋強化のための息漏れの裏声の練習)
3.「ハリウッド・スタイル 実力派ヴォーカリスト養成術」ロジャー・ラヴ(Track22)・・・20分
4.課題曲5曲以上

あとはロングブレス・ロングトーンも時々やります
現在ヘッドボイスだけの練習はしてませんし、曲では練習したことないのでお奨め曲はないです

【補足】
「hiD#から伸びない」のならヘッドボイスの練習よりも、裏声を清らかな澄んだ音色で出す練習をしたほうがいいように思います(可能ならばYUBAメソッド)

ヘッドボイスは輪状甲状筋と閉鎖筋を同時にバランスよく使うので、伸びなくなった時の状態が「ファルセットに変わってしまう」のなら閉鎖筋強化、「声が詰まって出せなくなったり、叫ばないと出ない」のなら輪状甲状筋の強化、というように症状によって練習を変えたほうがいいですよ(たぶん後者だと思います)

喉周りの力みとか喉締め癖もありそうです(結局これの原因も輪状甲状筋を使って声帯をストレッチさせて音を上げることができず、代わりに閉鎖を強めて音を上げようとして喉周りの筋肉も力むから)

自分の場合、輪状甲状筋強化のために最初にやった練習はこちらの裏声の練習です
http://www.ntv.co.jp/dreamvision/02_broad/0911/main_yaba.html

息漏れのない裏声を出せるようになってから閉鎖を強めてヘッドボイスらしきものが出せるようになり、そのヘッドボイスをリップロールで出す練習をして強化しました

【補足の補足】
ヘッドボイスを見つけるにはこの動画が役にたつかもしれません
How To Sing - Finding Head Voice
http://www.youtube.com/watch?v=KWKwv7jXkVs

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる