ここから本文です

スラムダンクでなぜ戦うことのなかった森重を登場させたのですか?

ori********さん

2010/9/1903:54:04

スラムダンクでなぜ戦うことのなかった森重を登場させたのですか?

閲覧数:
31,459
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mo0********さん

編集あり2010/9/2401:44:04

私なりの解釈です。

新たなる時代の幕開け、また、その可能性を想わせる象徴として登場したのが森重ヒロシです。
2年生ではなく1年生というのがミソなのです。

全国では山王最強、神奈川では海南と翔陽、愛知では愛和学院というのが、この作品の中で今までの常識でした。
それを覆そうという野望、情熱を持ってバスケに励む者がいたとしても、「勝てっこない」「別に勝たなくても良い」という変化を求めない冷めきった現実は変わらず、歯がゆい時代が続いていました。
それを印象付けるのが、赤木と小暮の寂しさに満ちた回想シーンです。

(実際、この連載当初は、日本のバスケ人口は多くても冷め切っていて、「能代最強」、「いくら頑張ってもチビの日本人はNBAなんて無理」が常識でした。)

ところが、時代は変化しつつある。

それが主人公である桜木、そして流川、また湘北高校の台頭であり、森重の出現です。

翔陽は強い!海南は強い!さらに、今年の山王はケタ違い!

湘北の1年生コンビはそれをも覆してしまう、さらなる可能性を秘めた才能と決して諦めないという情熱に満ちている。

しかし、そういった存在は、主人公である二人だけではない。しかも1年生!

「主人公の二人だけではないのだ」というところが、新たなる時代は続いていくのだということを連想させ、物語の幅をさらに広げます。

そのためにもヒロシの存在というのは非常に重要なのです。


また、言い過ぎかもしれませんが、もしヒロシの存在が無ければ、「桜木と流川は凄い」というだけのストーリーになってしまうような気もします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「スラムダンク 森重」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hot********さん

編集あり2010/9/1908:56:19

当初は湘北が勝ち進み、決勝での対戦(ルーキー対決)→3年間のライバルという設定だったのでしょうが、作者が別に書きたいバスケマンガができたため、山王戦をピークに持っていき、そのまま連載終了となってしまったものと思われます。ちなみに、この大会での優勝は「森重」のいる高校たど思われます。(決勝で海南大付属を破って優勝。)

rem********さん

2010/9/1906:32:51

リアリティを出すためがひとつの理由です 作者はスラムダンクを決まったように 決勝まで進んでライバル校と戦ってかって優勝というような いかにも漫画のような話にしたくなかったようで 他の高校生のバスケ選手のように
アイツと戦いたい!と 意識してもほとんどの選手がそれがかなわない そういった部分を描きたかったのと
全国がいかに広くいろんな選手がいるか というのを描きたかったというのもあります。

湘北が最も輝いた時代 全国の他の選手はどう動いたかタイムチャート的な表現でもあり また終了後読者が色々想像の中でストーリーを膨らませることが出来るようにです。


それと 単純に トーナメントの組み合わせが決まるまでは まだ心のどこかで「どうなるか解らない」という思いもあったからだと思います

mar********さん

2010/9/1904:29:44

もしも山王での終了を作者が決めていたのであれば、読者、担当編集へのオトリですね。
看板漫画でしたのでDBと同じく集英社をだます形で理想のエンディングへもっていったのかもしれません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる