ここから本文です

ダイヤモンドの鑑定書についている図は、購入した実物の形状ですか?それとも一般...

sug********さん

2010/9/2511:38:09

ダイヤモンドの鑑定書についている図は、購入した実物の形状ですか?それとも一般的な概念図ですか?

先日ダイヤモンドを購入したのですが、
一般的に鑑定書に付いている図は、購入したダイヤそのものの形状を表しているのでしょうか?
それとも一般的な形状を表しただけなのでしょうか?

購入した店舗で聞こうかと思ったのですが、他のお店の鑑定書についても知りたいので、
どなたか鑑定書に詳しい方がいらっしゃいましたら是非教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

(※購入したダイヤモンドはティファニーのハートシェイプです。)

補足ありがとうございます。
ダイヤを上下から見た輪郭線を表した図のことです。

この図が、購入したダイヤそのものの輪郭を表した図であれば、
例えばシンメトリーが極端に悪いダイヤモンドの場合、
この輪郭線図も、きちんとシンメトリーが悪いように描かれるものなんですか?

私はこれまで、この図はクラリティ用に用いられているだけで、
輪郭線は、一般的なハート形状が描かれているだけなのかなと思っておりましたので。

閲覧数:
805
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cha********さん

編集あり2010/9/2718:58:58

日本の場合、宝石鑑定機関は公的機関では無い為にたくさんの会社が有り、鑑定書の書式も統一されていません。そこで御質問の図ですが、お求めのダイアモンドの写真が貼って有り、もう一つ有るダイアモンドの図のことと思います。

この図には二通り有りまして、一つはダイアモンドを上下から見た図、もう一つは横から見た図です。

本来であればお買い求めのダイアモンドの形状が書かれているものと思います。
そこで一番多く流通しているラウンドブリリアンカットを例にしますと、上下の図の場合はプロッティングと言いまして、クラリティ(透明度)の等級を決定した根拠となった内瑕(ダイアモンドが形成された際に内包された欠点),外瑕(研磨された後に残った研磨痕)を記入するものですが、赤と緑で表示されるので等級が下がると、実際以上に見苦しくなる為に「図示省略」として書かれていないのが多いと思います。
また、横から見た図は直径を基準に100とした時の面の大きさの割合や角度が書かれていると思います。

しかし、最初申し上げましたが、鑑定機関其々書式が違いますので、図そのものが最初から省略されている鑑定書も有ります。




補足の分の回答ですが、上下の図であれば仰せの通りクラリティの等級評価を図示するものです。

シンメトリーに関しては残念ながら示されてはいないと思います。
あえて申し上げれば、横から見た図であれば、幅の一番広いガードルと呼ばれる部分から上のクラウンの台形の角度や、一番上のテーブルと呼ばれる平らな部分のパーセントで、辛うじてシンメトリーの良し悪しが判る程度です。

質問した人からのコメント

2010/9/29 06:11:24

ありがとうございました。ティファニーに問い合わせた結果、クラリティ用の図で、購入したダイヤの形状とは関係ないとのことでした。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる