ここから本文です

コックさんの帽子が長いのは どんな意味があるのですか。

tomoojiisanさん

2010/9/2516:06:17

コックさんの帽子が長いのは どんな意味があるのですか。

閲覧数:
17,771
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bomboyon93さん

2010/9/2516:23:08

かつて18世紀のフランスで、有名なシェフのアントン・カレームという人が、お客さんの被っていた真っ白のシルクハットを「あれ、かっこいいなぁ」と思って、同じような帽子を厨房でかぶるようになったのが広まったという説があります。

もうひとつ、これもほぼ同時代のパリのオテル・リッツで活躍したオーギュスト・エスコフィエという料理人が、背の低い人だったので、厨房で自分の存在を示すために長い帽子を被るようになったのが始まりという説もあります。

昭和の初めにオテル・リッツに留学した帝国ホテルのコックたちが、帰国後にこの習慣を伝えたことから、日本でも広まったようです。正確には分かりませんが、コックの階級によって、帽子の高さも決まっていると訊きます。

なんだか飾りっぽい「コックさんの帽子」ですが、意外に合理的ではないかと思います。
ひとつには、頭にピッチリくっついておらず、空間があいているから、長時間被っていても蒸れない。(髪の毛の落ちるのをふせぐのはもちろんです)
それと、フランス料理店などは、料理の味を最終的に決めるシェフから、ソースを作らせて貰える料理人、肉を焼くことを任されている料理人、野菜を洗ったりする雑用係まで、けっこうヒエラルキーがあるので、「シェフに最終チェックを頼みたいけど、どこにいるんだろ?」という時などに、人一倍めだつコック帽をかぶっているのは都合がいいのかもしれません。

質問した人からのコメント

2010/9/25 17:56:15

成功 なるほど、空間も確保されているのでムレとかも良さそうですね(^^♪

シェフの階級を間違えるのを防止するための帽子、合理的です。

ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

職業とキャリア

職業

  • この仕事教えて
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。