電気ポットと電気ケトルの、メリットデメリットは何ですか? 今家族と同居していて、来週私の世帯だけ引っ越すので電化製品などを購入していま

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほどです。魔法瓶タイプの電気ポットを、探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2010/10/7 1:23

その他の回答(3件)

1

電気ポット ○常時保温しているので使いたい時にすぐ使える。 ○60度保温など必要な温度での保温ができる。 ○容量の大きいものがある。 ×保温には電気代がかかる(VE魔法瓶式は比較的少ないが) ×お湯を沸かすのに時間がかかるものが多い ×お湯が最後に残った分は無駄 電気ケトル ○沸かすのが早い ○必要な量だけを沸かせばいいので無駄が少ない ×その都度沸かす手間がかかる ×沸かす時の消費電力が大きいのでブレーカーが落ちたり、コンセントの場所に制限が出ることも お湯を沸かすだけの電気代は同じ量を沸かすのなら(2Lポットで1回と、ケトルで500mlを4回とか)電気代はほぼ同じです。 一気に沸かすケトルは時間は短いですが強火で沸かすようなもので時間あたりの電気代はポットよりかかります。 結局保温しないだけ電気代はケトルのほうが安いです。必要な時に電気ケトルで沸かせばいいかな~と考えているのならケトルでいいと思いますよ。 特に夏はケトルで十分。とりあえずケトルを買ってみてやはりポットがいいなと思ったらポットを買い足してもケトルは無駄にならないと思います。

1人がナイス!しています

1

電気ポット、、、大容量が常にあるからノータイムでお湯が出る。補充回数が少ない。 電気ケトル、、、運びやすい。早く温まるので保温がいらない分電気代が安い。 上のメリットで見ればデメリットも自ずと判ると思います。 ケトルの方が確かに電気代は安そうですが、使用頻度によりますね。 冬に親子三人でおかわり考えるレベルだと、、微妙ですが文面から見ると少し大きめのケトルで充分では? 困るのはお客さんの時だけど、その時はヤカンを使うだけだし、、。

1人がナイス!しています

1

電気ポット:使いたいときにお湯がある。コーヒー、紅茶、カップ麺などにも最適。一度に沸かせる量も3Lくらいまであり大容量。ただし保温には電気が必要。よって保温時間が長いとコスト大。 電気ケトル:すぐ沸く(1分くらい)。マグカップ2~3杯くらいには最適。容量は600ml~1500mlくらいまでと少。保温は基本不可。使いたいときに少量のお湯が必要の方に最適。 よって、電気ケトルがいいのではないかと思います。 理由①:「普段、ポットのお湯を使うことがあまりない」→電気ポットは保温性が高いものもありますが、基本保温するのに“電気”を使用します。無駄なコストが発生。 理由②:「電気代は安くなるほうがいい」→電気ケトルも消費電力は1200W程とかなり電気を消費しますがわりと短時間で沸きます。電気代は保温を考えなければケトルの方が安い。 ※不確定要素:一度に必要な量が多くなる(2L以上)のであれば容量の問題で電気ポットしか選択肢はありません。 いかがでしょうか?

1人がナイス!しています