ここから本文です

ハワイからの帰国便で耳の鼓膜を損傷してしまい、 日本で耳鼻科に通院しています。

ma1********さん

2010/10/310:25:16

ハワイからの帰国便で耳の鼓膜を損傷してしまい、
日本で耳鼻科に通院しています。

行きの空路でのことでなく不幸中の幸いだったと感じていますが、
仮にオアフ現地で医院にかかって治療をうけた場合いくらくらい費用がかかったんでしょうか?
服薬と治療で今で一週間、まだしばらく通院がかかりそうです。
また、次に飛行機に乗って帰ることができるようになるまで機能回復するのに期間がかかりそうですが、
その間自分で宿泊先を自費でとらなくてはならないのですよね?ジャルパックツアーで行っています。
相談とかできたのでしょうか?
保険は楽天カード付帯旅行保険に入っています。

閲覧数:
2,935
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gzt********さん

2010/10/317:49:00

飛行機搭乗時に風邪をひいていたり、中耳炎、鼻炎などの病気をお持ちの方は飛行機の離陸時と着陸時に注意が必要です。離陸、着陸時の居眠りは厳禁です。飛行機で気圧の変化が生じるのは当たり前のことです。上記病気をお持ちの場合は中耳や鼓膜への影響があることを覚悟して搭乗する必要があります。飛行機搭乗前に風邪をひかないなど、自己管理が肝心ですので今後はお気をつけください。また、特に着陸時に飴をなめるなどの対策も重要です。
海外旅行保険は海外旅行時(たしか”自宅を出た時点から自宅へ戻るまでの間”適用可だったと思います)に起きた疾患に関して適用されますので、帰国された後でも請求できるのではないでしょうか。まずはお手持ちの楽天カードにお問い合わせになってください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2010/10/322:39:12

鼻づまりや風邪引きのときは旅行に行く前に必ず耳鼻科に行くようにしましょう、
そして一度破けたのなら必ずあらかじめ耳鼻科に行くようにしましょう。

飛行機の中で寝て飛行機が降下する時、鼓膜の所で気圧の変動がかなり適応するのがうまくいかず耳がおかしくなります。
私もハワイ島に行く時、すいていたため横になって寝た後、破けそうになりました、1週間程音が遠く聞こえました。

私はJALカードJCBゴールドに入っていますが風邪を引き声が出なく咳が激しくなりJCBに紹介され
プリンセスカイウラニのお医者様は通訳付きでタダになりました。
旅行傷害は医療費が必ず付いているのにしましょう。
(会費無料は死亡時の保証ぐらいですよね)
楽天付帯旅行保険の中身をご自分できちんと把握していなければいけませんよね。
旅行するには万全の注意が必要です。

JALパックツアーの責任はまったく無いと思います。
しかし医者の手配などはやってくれると思いますが・・・・
楽天カードの方が保険の手配などするのが普通ですよ。
楽天カード旅行保険には一度連絡してみたらどうでしょうか。

pin********さん

2010/10/311:18:28

いや~恐ろしいですね、最初の回答の方、 航空機事故が原因で疾患がでたのならともかく通常のフライトでの耳鼻疾患には航空会社は責任を取らないのが普通でしょう。

結構クレーマーって多いのですね。

orc********さん

2010/10/311:07:54

今回の旅行費用を楽天カードで支払っているのであれば、楽天の旅行保険でまかなわれると思います。
仮に旅行先であっても、楽天の保険はキャッシュレスサービスも対応していると思いますので、指定された病院で診察を受けるのであれば旅行保険の最大までは自己負担はないはずです。鼓膜損傷で最大までかかることはまずないと思いますが。
ツアーでいっている場合はツアーデスクなどで相談には乗ってくれると思いますが、費用を負担してくれることはないでしょう。そのために、どこの旅行会社でも旅行保険に入るように指導されますし、保険をどうするか(その旅行会社で照会したところに入るか、自分で手配するかなど)を確認されます。基本的には、保険会社との交渉になります。

さて、今回の件ですが、帰国後であっても、保険の対象になると思いますので、今回の自己負担分も旅行保険でまかなわれる可能性があります。早めに楽天の保険窓口に連絡して指示をもらった方がいいと思いますよ。
通常、保険の期間は「旅行に行くために自宅を出てから、旅行から自宅へ戻るまで」が対象です。

nos********さん

2010/10/310:43:54

3年前に海外に行くJAL機内で鼓膜が破れました。夜遅く到着、翌朝に
訪問先のベッドの枕に血が付いて気が付き、急いで地元の病院に行き
ました。鼓膜がきれいに破れていました。

金額は忘れましたが、現地の治療費と帰国後の治療費がかかりました。
今時、機内で鼓膜が破れるなんて自分でも信じられませんでしたが、
稀なケースですが、起きたことは間違いありません。

JALに問い合わせをしましたが、”謝り”の言葉は一度もありませんでした。
言ってしまえばJALの責任になるので、絶対それはしませんでしたね。
慇懃無礼、とにかく「お大事に」で終りです。
まるで海外での交通事故みたいで、絶対認めない・・のが航空会社の
方針です。

運よく、2週間で鼓膜は再生しました。これにも驚きましたが。
何が起きても出来るだけ責任回避が、お客に対する基本的態度と認識
しました。

どうぞお大事になさって下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる