ここから本文です

ベトナム戦争で、アメリカ軍がハノイに原爆を投下する計画もあったんですか?

kam********さん

2010/10/817:10:55

ベトナム戦争で、アメリカ軍がハノイに原爆を投下する計画もあったんですか?

閲覧数:
739
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tho********さん

編集あり2010/10/818:04:19

ありません。
アメリカは北ベトナムと戦争をしていたのではなく、南ベトナムの反政府ゲリラから政府と市民を守っていたのです。

反政府ゲリラの背後に北ベトナムが隠れて援助していたのは事実でしたが、それは大っぴらにはされませんでした。
あくまで北ベトナムの何者かが政府の意向を無視して南の反政府ゲリラを援助しているという体裁にしていたのです。
独立国家である南ベトナムの反体制派に北ベトナムが援助をするということは、まぎれもなく間接侵略であり国際法に違反する行為だからです。

もちろん一党独裁体制にある北ベトナムでゲリラに援助できるような個人や組織など存在できるはずもありませんが、
朝鮮戦争でも中国は政府軍ではなく義勇軍が参戦したという体裁を取ったように、共産主義国家はそういった偽りを言い訳に無理を通そうとする傾向があるのです。

アメリカ軍はその北ベトナムからの補給路(ホーチミンルートとも呼ばれた)を分断するために北爆と呼ばれる爆撃をしましたが、それはあくまで反政府ゲリラに対する攻撃であり北ベトナムとは戦っていないという体裁をとり続けました。
当時の国際世論は北ベトナムに同情的だったので、面向かってその非を追求する事ができなかったのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sna********さん

2010/10/822:08:20

ベトナム戦争中のアメリカ軍が、原爆の使用を検討したことはありませんが、インドシナ戦争ではフランスが原爆の使用を考えていたようです。
都市部を狙った戦略爆撃ではなく、フランス軍の最終拠点であるディエンビエンフー要塞を包囲攻撃するべトミン軍に原爆を投下して、戦局の逆転を図ろうとしたようです。
結局、フランス政府はインドシナ植民地の放棄へと方針を変え、ディエンビエンフー要塞は見捨てられる形で陥落し、原爆の使用にはいたりませんでした。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる