ここから本文です

司法試験対策上、判例百選や試験対策判例集、重判のみではやはり足りませんか? ...

sun********さん

2010/10/1009:14:42

司法試験対策上、判例百選や試験対策判例集、重判のみではやはり足りませんか?


判例六法の細かな判例も覚えなきゃ、勝てませんか?
択一も判例六法のみにしか掲載されていないマニアックな問題、でましたか?

補足マニアック判例を出すのは得点調整のためではないですか?


新司法試験の択一において、判例百選や試験対策判例集では掲載されていない判例が問われた問題の数は、毎年平均何問くらいなんでしょうか?

あまり多くはないのではないのかな?
いたずらに不安をあおるのはよくないです。たしかな論拠をもとに煽らないと

閲覧数:
883
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

k_n********さん

編集あり2010/10/1010:14:09

足りませんと再三申し上げたはずです。
なぜ同じ質問を繰り返すのでしょうか。

マニアックな問題が出る率は択一のほうが多いですよ。
だからこそ択一六法や肢別本などの、あなたのいうマニアックな判例を集めた
専用対策本があるのですから。

肢別本にのっている問題を見れば、
過去問はマニアックな判例・裁判例だらけだったことがすぐ分かると思います。

>補足に対して
>マニアック判例を出すのは得点調整のためではないですか?

意味が分かりません。配点は公表されており、
マニアック判例を扱った問題であっても、他の問題と同じです。
その問題を取れた人が上にいって、間違えた人が下に行くだけです。
「マニアック問題は答える必要はない」というのであれば、間違いです。落ちます。
誰でも分かる他の問題では差はつかないからです。
全問とれという趣旨ではありませんが、取るつもりで勉強しなければ。

>新司法試験の択一において、判例百選や試験対策判例集では掲載されていない判例が
>問われた問題の数は、毎年平均何問くらいなんでしょうか?

毎年の司法試験の問題について、予備校が解説本を出していますから参考にしてください。
というか、質問があいまいなのに問題数を聞かれても困ります。
「試験対策判例集」というのが何を指すかによります。
ここに択一六法や肢別本を入れるのであれば、おそらく毎年全科目通じて1問あるかないかです。
(ただし、択一六法や肢別本の膨大さもわかっているはずです)
しかし、判例百選と重判に限るのであれば、各科目25%程度は
そこには掲載されていない判例・裁判例を前提にした選択肢が入っていると考えます。

>いたずらに不安をあおるのはよくないです。たしかな論拠をもとに煽らないと

不安をあおった覚えはありません。なぜ不安に思うのですか?
私はこれまでの貴方の質問に対して、まっとうに勉強すべきとしか言っていません。
あなたが「基本書も択一六法も判例六法もいらない」で合格したいというのは甘えです。
それをしないことを不安に思うのは、正当な恐怖であって
私はそのことを貴方につきつけることになんの躊躇もしません。

私は以前お答えしたとおり、判例百選派であり、
肢別本は全科目を1周しかしていません。
しかし、これはかなり希少な例で、通常択一対策として言われているのは
「択一六法ないし肢別本を全科目3周」というものです。
方法の違いはあるけど、マニアック判例対策や細かい条文知識については
これぐらいは勉強しなければいけないし、普通のことだということです。

合格者が自身の経験を元に語って、
受験生がその内容を信じないのはかまわないと思いますが、
それを越えて「いたずらに不安を煽る」などと言われなければならないとは思いません。

質問した人からのコメント

2010/10/10 10:49:07

ありがとうございました。回答に対する質問を掲載しましたのでご覧ください

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる