ここから本文です

怪我をしたときにオキシドールで消毒するのは、間違った処置だというのは本当です...

haniwa7777さん

2010/10/1502:06:08

怪我をしたときにオキシドールで消毒するのは、間違った処置だというのは本当ですか?

閲覧数:
65,818
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

turuchan_40さん

編集あり2010/10/2020:46:18

医療関係者による回答が入った様ですが、ただの知ったかぶりの様ですね。

現在最新の湿潤療法が全国に普及しつつありますが、その治療法では傷には「絶対消毒をしない事」が正しい処置であり、これは深くても浅くても同じです。

まあ医療者であればこれを読むと良いですね。
<オペ・ナース養成講座 ~ 新人手術室看護師のために>より
<百害あって一利ナシ「創の消毒」~閉鎖湿潤療法>
http://or-nurse.seesaa.net/article/20507410.html

湿潤療法についてはこのサイトが超有名です。
http://www.wound-treatment.jp/
これは、湿潤療法を立ち上げた茨城県の石岡第一病院の夏井睦医師のサイトで、全国で湿潤療法を行っている医師の教科書となっています。

その中の<消毒について>に詳しく説明されています。
http://www.wound-treatment.jp/title_shoudoku.htm

上記サイトにも深い火傷や傷での症例がありますがこちらの症例も割と深い物です。
<河村顕治研究室>より<踵部皮膚壊死の湿潤療法>
http://blog.goo.ne.jp/kawamura_md/e/74fc2d2bfc89d32b1508d6685bff7ec...
http://blog.goo.ne.jp/kawamura_md/e/aa7a4066ae35fdca6fad6a706c37ebd...
http://blog.goo.ne.jp/kawamura_md/e/ed929b9c1f6908120ab072b17173890...
http://blog.goo.ne.jp/kawamura_md/e/affd8b40d119346e1f8161aee8ed4f5...

こちらのミンチ状の患部でも消毒せず水洗いだけです。
もちろん浅い擦り傷ではない事はすぐに判ると思います。

また現在医療の世界では、消毒の賛否を巡って医療関係者の投票によるガチンコ勝負が始まっています。
http://www.m3.com/open/sanpiRyouron/article/123792/
もう少し詳しくはこちら
http://aozora.jisseki.net/2010/08/post-18ed.html

上記湿潤療法サイトの夏井医師対、消毒推進者の徳島大の低能教授との戦いですが、「同じ徳島大学出身者として非常に恥ずかしいです」と、夏井医師のBBSにコメントを入れています。
http://www.wound-treatment.jp/next/bbs28.htm#28-0069

もちろん下の回答者は、低能教授と同意見ですね。
わざわざ知恵袋で恥ずかしい回答を入れなくとも良いと思いますが…。もう少し知恵袋で「湿潤療法 消毒」で検索されてから回答を入れられると良いですよ。

参考にして下さい。


-補足です-

ついでにもう一つ貼っておきます。
<増子整形外科まり皮フ科ブログ>での昨日の更新内容です。
<消毒液>
http://dr-tachan.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-a821.html

ここから抜粋します。

>習慣とは恐ろしいもので、知ってはいても、
>実際けがや、やけどをするとつい、
>(消毒液を)使ってしまう方もいるようですが・・・

だそうです。


―他の回答者へ―

初めての知恵袋での回答が私への非難や意見であれば、それこそ本末転倒です。
まあ下の回答者の別IDの可能性が非常に高いですが。良くある手ですので…あせっているのが良く判ります。

知恵袋で意見が割れた場合で、回答内容にどれだけ信頼性があるかを判断するのは質問者さんですので、私は他の回答者がどう思われようと関係ありません。
たとえ善意であっても間違った内容は間違いです。

私は自分の経験もそうですが、中途半端な湿潤療法で悪化された方をたくさん知っています。
だから中途半端な意見は危険ですので徹底するのです。
基本的に湿潤療法は「絶対に消毒をしない」のですから、たまに消毒をする方は湿潤療法をしている医師とは言えません。まあ看護師のようですから自分の判断で処置をしている訳ではないでしょうが…。

いい加減な医者ばかりではないですが、その中からいい加減な医者等を選んで意見をしているのです。
もちろん私が意見を入れてどのような意見の回答をされるのかも、現在の湿潤療法に対する考えが判るので大いに質問者さんや閲覧者さんの参考にもなると思います。

湿潤療法を勧めているのは、それを行っている医師と、その治療を受けた患者だけです。

また、匿名の知恵袋で、「医療者だから」とか「医者じゃないから」とか、それが本当に医者だかどうかも証明出来ないのに「責任」などと書き込む方がおかしいです。
逆に私は全て実在する医師のサイトにリンクさせていますがそれだけで信用が違うと思います。
だから素人なのにベストアンサーが多いのです。

私のブログを読めばわかりますが、知恵袋で私の意見に確実に食らいついてくるのは勉強不足の看護師の方が多いです。
http://ooyakedo.exblog.jp/

これが現在の知恵袋での医療の実態です。
参考にして下さい。



ー追伸ー

ほらね。また一人増えました。こんなもんです。
教授であろうとなんであろうと間違った事を推し進めていればやはり低脳です。

こんな連中にかばってもらって下の質問者さんは幸せですね(笑)

あと私の回答についてくるのならばちゃんとこちらにも入れといて下さいね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1348970428

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2010/10/2013:27:17

オキシドールは嫌気性菌などに『有効』
穿刺外傷や犬・ネコ咬症などのときに用いたりする
そんなに消毒がいやなら
外科手術の時にでも消毒なしできってもらえばいいじゃん
水道水でよくあらってね

だから素人なのにベストアンサーが多いのです
素人がその道で少なくとも専門的に歩いてきた教授を低能教授呼ばわりするのはいかがなものでしょう?
>匿名の知恵袋で、「医療者だから」とか「医者じゃないから」とか、それが本当に医者だかどうかも証明出来ないのに「責任」などと書き込む方がおかしいです。
匿名性でむちゃくちゃ言っていると自分で思わないんですか?
文章の書き方がまずいからでしょうがあなたのほうが低能教授呼よりも優れていると自慢にしか読み取れないのですが
いくら知恵袋で匿名性があるとしても低能教授呼呼ばわりはかなり問題だともおもうけど
>知恵袋で正しい知識を持ちましょう。
ちなみに回答者の回答や質問履歴を良く読んでみるのも、回答者がどういった理由で知恵袋を利用しているのかが判って良い判断が出来ると思います。知恵袋やネットの「本当の弊害」も良くわかります
これまさしくあなたのことでしょう

yonebustさん

編集あり2010/10/1606:15:42

知恵袋って、善意の回答者さんの集まりですよね。
他の回答者さんの善意に馬鹿にしたような回答ってどうかと思いますが。

しかも医療者さんがこたえてくれてらっしゃるんでしょ?
他の趣味とか娯楽に関してなら個人の意見で良いと思いますが
病気とかって知恵袋で断言してしまってもいいんですかね?
それでひどい事になっちゃっても責任とれないじゃん!

なぁ~んか新興宗教のノリみたいで感じ悪いです。
自分が良いと信じる者を人にお勧めするのは良いですが
だからといって、他の人を中傷するのはこの場では不適切だと思います。
↓の回答者さん!
ご自分の経験をたくさんの人に知ってもらおうとするのは良い事だと思いますが
中傷的な事は書かない方が良いですよ。
実際あなたが治療をするわけではないのですから。
先の回答者さんもちゃんと時と場合によるよ・・・って書いてあるじゃん!
私は詳しい事は分かりませんので偉そうなことは言えませんケド、
アホとか低能とか書いてる人の事の方が信用できません。

chibizo_200さん

編集あり2010/10/1608:00:10

医療者です。
怪我の程度によりますが・・・


昔は怪我をすれば何でもかんでも消毒するものとされていました。
ただし、今の最新の医療では
消毒により、人間自身の持つ外傷を治そうとする必要なものまで失ってしまうので
余計に傷の治りが遅くなるという見解があります。

なので、程度の軽い外傷であれば
綺麗な流水で洗い流す!・・・これで良いとされています。

とにかく創傷部位の清潔を保つ。
これが今の軽度の外傷の処置とされています。

ただし、外傷を負った直後であれば、傷口に何が入り込んでいるのか分からないので
流水で綺麗に洗い流した後、適切な消毒は必要です。
初期に適切な処置がされていれば、傷が治るまで毎回の消毒は必要ありません。

《注意》
外傷の程度や化膿の有無によって変わってきます。
全ての場合に当てはまる訳ではありませんので、気を付けてください。
あくまでも普通のすり傷や軽度の切り傷の場合のみです。

《補足》
何故か私の回答に対しての意見が書かれているみたいなので
turuchan_40さんのご意見に対して・・・。

湿潤療法はもちろん当方も知っていますし実践もしていますよ。
ただし、今回の質問者んさんへの回答にはそこまでの説明は求めておられないので書いておりませんでした。
疾患であれ創傷であれ、自己判断は非常に危険です。
きちんと医療機関を受診するのが基本的なスタイルだと思います。
ただ、turuchan_40さんのおっしゃるように、いまだに昔ながらの医療を行っている医師もいますが、、、。
でもね、湿潤療法が全ての創傷処置に当てはまるかと言われれば、?ではないでしょうか?
ご自身でものすごく勉強されているみたいですので、その姿勢には見習うべきものがあります。
私達医療者のほうがもっと勉強しないといけないんですけどね、、、。
私個人は湿潤療法肯定派ですよ。
ただし、一般人による自己判断の治療は否定します。
これは医療者として当然のスタイルだと思っていますので。
学会でも様々な意見が出されていますが、肯定派・否定派にもそれぞれ根拠があり
自己満足の為に争っている訳ではありません。
あくまでも対患者さんの治療を優先して日々頑張っている訳ですから
ご自身の考えは尊重しますが、否定派の方々の中傷はいかがかと思います。
そんなにいい加減な医者ばかりではないですよ。

●お詫び●
質問者さん、直接の回答以外の書き込み失礼しました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。