ここから本文です

ワックスのかけ方について教えてください 今までワックスは完全に我流で適当にやっ...

kur********さん

2010/10/1516:13:10

ワックスのかけ方について教えてください
今までワックスは完全に我流で適当にやってきました そのやり方があってるのか間違ってるのかもよく考 えずに(たぶん間違ってると思いますが‥)
やり方は シ-ズン前(初滑り1週間くらい前)
①スプレーの汚れ落としで滑走面をゴシゴシ
②ガリウムの紫色のワックスを使う(アイロンでワックスを溶かして滑走面にポタポタ)ちなみにアイロンは家庭用の服とかに使うアイロンでやってます
③アイロンの面にペ-パ-付けます(これはワックスがけ用品で売ってたやつをショップで購入)
④ ②でポタポタしたワックスを伸ばす(同じとこにアイロンをずっとあてないようにと聞いた事あったのでこまめに動かして全体的に伸ばしてます)
⑤まんべんなく伸ばしたワックスを冷やす(だいたい室内で3~4時間放置)⑥三角定規で塗ったワックスゴシゴシ(百均で売ってた三角定規でほとんどカスがでなくなるまでやります)⑦ブラシでゴシゴシ(百均で売ってたお風呂洗い用のブラシを使ってます ブラシはそこそこ固いです)②~⑦を次の日にもう一度やります
以上であとは滑りに行く前日に簡易ワックス(500のペットボトルみたいなやつで車のガラコみたいに押し付けると液がブシュ~とでるやつ)をかけて乾かしてコルクで軽くゴシゴシしておしまいです
滑走後にはスプレーの汚れ落としでゴシゴシして保管し、次の滑走前日に再び簡易ワックスをして‥の繰り返しです
使う道具がダメなのはわかりますので とりあえずそこはおいといて
やり方や保管方法など どうですか?できれば正しいやり方やワックスの種類を教えてください
ガリウムの紫はなんとなく箱に書いてある用途を見て選んだだけです
基本的には何色が必要で順番は‥みたいなかんじで教えてくださいm(__)m

閲覧数:
9,706
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rul********さん

2010/10/1516:51:02

私も最初は我流で行っていましたが・・・・・このサイト&知恵袋でアドバイス頂きながらかなり上達したと思います。また、ワキシングの重要性も感じられる様になりました。このカテ方はツワモノの方が多く、みなさん的確なアドバイスを下さるので非常に役に経ちます。


参考までにガリウムHPのスノーボードのチューンナップ&ワキシング方法です。
http://www.galliumwax.co.jp/tuneup_snow.html#snow_s01

今では家族(私を含めて)4人分の板、全部行っております。ベース作りは既に完了しております。
少しは楽できますがシーズンインすればまた手入れも4人で行けば大変です。^_^;

大変ですが、頑張ってメンテナンスして下さい。シーズンイン楽しみですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yam********さん

編集あり2010/10/1602:08:35

ガリウムは-3℃~3℃の雪温帯の時に、バイオレットを推奨するんですね。
びっくりしました。普通、バイオレット(ヴィオラ)はもっと雪温帯が低い所で使うワックスとして、紫色に加工するんですけどねぇ。ガリウムさんの個性でしょうか?

で、ワックスは結論から言って、しなくていいですよ。僕なんてジブで板がボロボロになるから、もうワックスなんてかけません(笑)
でも、元クロスカントリースキー選手ですので、フリーラン用の板には好んでワックスがけします。一般の方はめんどくさいらしいじゃないですか。ワックスの良し悪しで試合のタイムがどれほど変わるかってのを分かってないのに、ワックスを楽しむなんて無理ですよね。

って、それじゃあ回答にならないので気になった点を挙げますね。

○やり方について○
アイロンでワックスを溶かして滑走面に落とす前に必ず「生塗り」して下さい。これをしないで板に120℃のワックスを落とすのは、板がかわいそうです。板もヤケドしますから。あらら、家庭用のアイロンでやってらっしゃるんですか?温度設定できないじゃないですか。もしかしたら滑走面はもうボロボロかもしれませんよ。
ガリウムのバイオレットが硬くて、生塗りしても板にワックスをこすりつける事が出来ないくらいなら、生塗りは無理にしなくていいですけどね。生塗りなんて気持ちの問題だし。

ワクシングペーパー使ってるんですね!!板をすごく大切にしてますねぇ^^まるで競技者です!ってのは皮肉です。選手でもないのにそこまでしなくていいですよ。もっと気楽に行きましょう。お金もったいないしね。僕、インハイに出た時もそんなの使いませんでしたよ(笑)

ワックスをまんべんなく伸ばした直後に、板の前から後ろに向かって、板全面を通るようにゆっくりとアイロンを全体重を使って押しつけてるようにして滑らせて下さい。この工程が飛んでいるので気になりました。これで板にワックスが浸透します。今までのじゃ、板の表面でワックスが乾燥しているだけですよ。スノーボードの場合、どちらが前でどちらが後ろって概念がないですけど、どっちかの足を前にしてじゃないと滑れない方はこの規則で塗るといいと思いますよ。

ブラッシングは、まずいですねぇ。スクレーパーで白いワックスを落とし(この時、かんなくずのようなカツオブシ状のくずが出るとスクレーピングがうまい、もしくは板に不陸がない)、その後で、ボア→ナイロン→ホース→ナイロンポリッシュの順でブラッシングします。すると、滑走面が光ります。

質問者様の場合、スクレーピングの際、ワックスのくずがカツオブシ状で出てこないと思います。なぜならば三角定規で板をいじめてきた過去があるからです。板が泣いています。

板の清掃は、私の場合業務用の安いパラフィンを板に塗って、20~30分間浸透させただけですぐにスクレーピング&ブラッシングしています。でも、スノーボードの板は年に1回しかクリーニングしません。大学生のころ、白馬に篭って、50日くらい滑っても、年に1度しかしませんでした。スノーボードクロスの選手じゃないしね。

○その他○
「道具が悪いのはおいといて」→ここはおいておけませんよ~。だって、こんなの板を壊している様なものじゃないですかぁ。ってか、これで板にワックスしてるって恥ずかしすぎますよ…普通は。
「基本的には何色が必要で順番は」→えぇ!?スノーボードクロスの選手の方でしたかぁ!?…塗る順番なんてないですよ。バイオレット一つ塗ればいいです。なんで重ね塗りするんですか?0.1秒が惜しい競技者生活でも送っていらっしゃるのでしょうか?



って感じです。文章中には鼻につくような言い方をしている所が多々ありますがどうかご理解下さい。それくらい質問者様は恥をかいていらっしゃるかもしれないということです。少なくとも絶対今の知識で他の人とワックスの話をしない方がいいです(ごめんなさい)。

でも、一つ言える事は「ワックスの話」は正解がありません。メーカーのワックスコーチ、学校の監督によって様々な論理があります。

ワックスのテクニックってめっちゃ大事です。ワックスのテクニックがあるやつにやってもらうと、スケーティングだけでも大分違います。他の回答者様は一般の方でしょうか?私は元スキー部ですので、ワックスと雪との相性以外にも、テクニックが大切だということは嫌ってほど分かっているつもりです。

最後に!スキー場の宿に泊まったら、ワクシングルームに行きましょう。そこでは「ワックスの出会い」があります。色々なワックス知識、ご当地ワックス知識を教えてくれて、かなり勉強になりますよ!

aka********さん

2010/10/1600:30:25

snow_can_coffeeさんの意見がベストアンサーです。
間違いねぇさ。

ワックスのかけ方で滑走性は変わるんじゃない。(snow_can_coffeeさんは同意見かは知りませんが・・・)
雪の質で大きく変わるのです。メーカーは色々言ってますが、どんなワックス使っても滑る雪の時もあれば滑らない日もあるんです。

はっきり言って、雪が変われば滑走性は変わるのです。ワックスの種類を変えたって違いに気付く人は少ないのです。

何故なら・・・スノボする上で最もスピードの出る条件とは?・・・アイスバーンです。
積もりたてのピステンはスピードが出ません。
分かり切った事ですが、ワックス変えたって春先の黄砂や花粉交じりでもスピードは出ないのです。

2010/10/1522:45:56

紫(バイオレット)よりも、
ピンクの方がいいですよ。
書いてある温度よりも、
実際はもっと寒い日もOKだし、
オマケにバイオレットより塗りやすい。

①のリムーバーは、使わないほうがいいです。
②~④はOKっすよ。
⑤は、常温になればいいので、もっと早く剥がしていいです。
⑥もOK。
⑦は、最後の最後に、一回だけブラシすればいいです。
それ以外は意味がまったく無いですよ。

②~⑥を、一日で何回か繰り返したほうが楽ですよ。
そして、
簡易WAXの代わりに、滑走WAXを二回くらいすればベスト。

で、
滑り終わっても同じ事を繰り返しましょう。
②~⑥+⑦ですね。
ベース+滑走のローテでね☆

リムーバーのスプレーを掛けると、
今までのWAXはほぼ、消滅しますので・・。

wis********さん

2010/10/1522:03:45

新しい板だとして初めに、(クリーニングは自分はやってません)ベースワックスを入れます。マツモトから極上下地作りという商品。ワックスのセットが有ります。ガリウムは解らないので調べて下さい。五回ぐらいワキシングします。(レースなどやる人は分子レベルまでこだわりますが)やればやるほど良いみたいですが???です。10年位昔、新しい板に40回以上(夏ぐらいから)ベース入れた事が有りましたが、ほんのちょっとだけど、滑走が良くなった程度でした。気持ち程度?、ワックスと体力の無駄でした。経験談
次に滑りに行く前に、ベースを剥がし、(ブラッシング、馬毛)までしたら、滑る日の雪質に合わせた滑走ワックスを入れます。初めはオールラウンドのタイプ(全雪質対応)の方がいいかもです。
滑り終わったら、スプレーのリムーバー(汚れ落とし)は使わない方がいいです。ベースが抜けちゃうし、ソールが酸化して次のワックスののりが悪くなります。ソールが汚れたら、安いホットワックスを塗って温かいうちにスクレーパーで剥がすと綺麗になります。又はワキシングペーパーをアイロンの間にはさんでも十分汚れが取れ綺麗になります。
自分はその後ベースをなるべく薄く(勿体ないので)入れてから滑りに行く前に雪質に合った滑走ワックス入れます。その繰り返しです
ホットワックスはイロイロ裏技が有るので、レースをやってる人や本格的なチューンナップショップの職人さんに聞くと面白いですよ。遊び程度のスノボでも(得に黄砂の時期や春のシャバ雪の時に)役に立ちますよ。
ワックスの道具は少しずつ変えれば、良いですよ。
良いシーズンを

sno********さん

2010/10/1518:07:25

こんにちは。
ソールメンテはどれが正解とかないですし、やろうと思えばどこまでもできますし、お金もどこまでもかかります。それを自分がどこまでするかなんで別にいいんです。
まず必要な物の最低限、アイロン(家庭用でも難はありますができます)、スクレーパー(定規でも一応ね)、ブラシ(ボア、ナイロン、ストラクチャーいりなら馬毛あったほうがいいです)、ワックスはコンニャク(業務用のベースワックス、バイオでもいいですが)などです。

簡易的なレベルで、クリーニングワックスでゴミをとる、要はとれればいいんです。アイロンでワックス。まんべんなく塗れて適温でかけれればいい。削る。傷つけないように余分なワックスをあらかたとる。ブラシボアナイロン馬毛の順でカスがでなくなるまでやる。
が少しレベルを上げた感じでしょうか。

あくまで簡易です。普通より下。
で正しいワックスはまずHPをみましょう。ガリウムが分かりやすいのかな。

そこまで見てからの質問の方がためになると思いますよ。お金かけたくないや、これをやる意味、これ以上のもの。そういった疑問がでてくると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる