ここから本文です

不動明王と滝との関係について

check_mate_king_2yhさん

2010/10/1814:33:37

不動明王と滝との関係について

不動滝、不動沢等の地名は日本各地にあり、
多くの滝の傍には不動明王が祀られていますが、
滝と不動明王とはどのような関係があるのですか

閲覧数:
4,816
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/10/1815:12:53

経凛々さんのブログより
http://blogs.yahoo.co.jp/syouryouzan/40138003.html

修験霊場の御瀧場にはよく不動明王さまが祀られていますが…はたしてそれには、『根拠』があるのかどうか、と聞かれたことがあります。
不動明王は『奴僕三昧』の誓いをたてていて、仏教修行者のために下僕となってその修行をたすけ、修行の邪魔をする『魔』から守護してくれる…とされています。

不動明王の功徳を説く『聖無動尊大威怒王秘密陀羅尼経』に、

『若し是の如きの法を成就せんと欲する者は、山林寂静の処に入り、清浄の地を求め、壇場を建立して、諸の梵行を修し、念誦の法をなさば、即ち本尊を見たてまつり、悉地円満すべし。
或は河水に入つて念誦をなし、若しくは山頂樹下塔廟の処に於て、念誦の法をなさば速に成就を得ん。
或は般若経を安置する處に於てこれをなさば成就すべし。』

という一節があります。

『静かな山林に入って清らかな地を求め、そこに霊場を作って修行をし、真言を唱える修行をすれば不動明王の姿を見ることができ、願いがかなう。
また、河水に浸かって真言を唱え、また山の頂や樹の下、宗教的な施設内で真言を唱えれば願いがかなう。
または、般若経(般若心経)を安置した場所で真言を唱える行を行えば願いがかなう(意訳)』

この一説の、特に『或いは河水に入って念誦をなし』の箇所が、不動明王と滝行を関連付ける『根拠』となっているようです。


(-o-)/

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hiro_t015さん

2010/10/1815:23:17

日本古来の自然信仰である滝信仰と不動明王信仰がいつの間にかひとつになったのではないかと思います。

不動明王は仏教の仏様の中でも特に人気のある仏様です。
古くは平将門調伏、元寇を退けるなど魔除けの仏様として全国各地で親しく信仰されてきました。

その人気の高さから不動尊を目印に地名がつけられることも多く、質問の不動の滝や不動坂など全国に“不動”を冠した地名はたくさんあります。
また、直接“不動”とついていなくても不動明王ゆかりの地名もあります。
東京の目黒・目白などはその代表でしょう。
それぞれ目黒不動(瀧泉寺)、目白不動(金剰院)がその地名の由来です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。