ここから本文です

ネフローゼ症候群の症状で、タンパク尿、低タンパク血症、高脂血症、浮腫がなぜおこる...

pep********さん

2010/10/1922:43:58

ネフローゼ症候群の症状で、タンパク尿、低タンパク血症、高脂血症、浮腫がなぜおこるのでしょうか?
よろしくお願いします。

閲覧数:
7,449
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sgi********さん

2010/10/2320:10:04

◆蛋白尿、低蛋白血症について
腎臓で主なろ過機能を司っている糸球体では、チャージバリア(マイナスに荷電した分子が糸球体内に存在して、同じくマイナスに荷電しているアルブミンなどの低分子蛋白を通過させない働きをする)とサイズバリア(分子量の大きい蛋白質を通過させない働きをする)の2種類のバリアが働いています。
ネフローゼ症候群では、特定の原因でこれらのバリアがともに破壊されているため、本来血中から尿中に出て行かないはずの蛋白質が大量に尿中に出て行ってしまうため、高度の蛋白尿と低蛋白血症を呈します。

◆浮腫について
蛋白質は血液の浸透圧を維持したり、種々の物質を運送するなどの働きがあるため、低蛋白血症になると浸透圧が保てなくなります。そうすると細胞中の水分が細胞間質に漏れ出すため、浮腫を呈する事になります。
細胞間質に水分が貯留すると体を循環する血液量が減少しますが、その際生体では血液減少による血圧低下を防ぐためにレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系(RAA系)という血圧維持機構のスイッチがオンになります。RAA系は遠位尿細管でのナトリウムの再吸収を増大させ、水を生体外に出しにくくするため、さらに浮腫が増強されます。

◆高脂血症について
低蛋白血症で血液中のアルブミンが減少すると、生体は肝臓でのアルブミンの合成を増大させるのですが、それに伴い低比重リポ蛋白(LDL)および超低比重リポ蛋白(VLDL)の生成も同時に増加する事が分かっており、そのため高脂血症を呈するといわれております。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる