ここから本文です

卓球のグルーについて 海夫のグルーは色の種類が沢山ありますが 色によって違いが...

kamei0807hanaさん

2010/10/2523:32:59

卓球のグルーについて
海夫のグルーは色の種類が沢山ありますが
色によって違いがあったりするのですか?

グルー,海夫,friendship729sp,水溶性,弾性,卓球,接着力

閲覧数:
7,073
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/10/2617:39:07

画像のは、質問者様がお持ちのものですか?
当方も海夫の水溶性と溶剤グルーを1つずつ持ってますけどねwww
海夫のグルーは沢山種類がありますので、全て紹介していきましょう。

容器の色でというより、名称によって効果が異なります。
まず、画像左のものは現行ルールに対応した(日本ではJTTA非公認ですが)水溶性の接着剤で、スピードグルー効果は全くありません。
また、日本で1万円前後の高値がついた茶色い中身の接着剤は、水溶性の補助剤グルーで中国NTも使っているものです。
生産数が非常に少なく、それで値段が驚くほど跳ね上がっているわけですね。
俗に「海夫補助剤グルー」と呼ばれているのはこのタイプのみで、補助剤効果と水溶性の接着効果があります。
但し滅多にお目にかかれるものではありません。

この2種類以外の接着剤は、基本的に現行ルールでは禁止されている溶剤系グルーです。
ルール改正後も、中国では何ら気にすることなく継続販売が行われていますwwwwwww
これを使って試合に出る人も多いんじゃないですか、中国ではwwwww
溶剤系グルーには沢山種類があり、効果もそれぞれ異なります。
画像右の「藍鯨Ⅱ」は弾性がとても強く、接着力も非常に強く、長時間持続するタイプで硬いスポンジに適しています。
「企鶴」は弾性がよく(藍鯨Ⅱほどではない)硬いスポンジも軟らかいスポンジにも合うタイプです。
「海豚」は弾性はまあまあ、乾燥が早くて値段の安い普及版です。
当方はこの「海豚」を持っています。
「藍鯨」(Ⅱではない)は弾性が強く接着力も強く、持続時間が長く硬いスポンジに合うタイプです。
「白鯊」は弾性はまあまあ、乾燥が早くソフトなスポンジに適しています。
このどれも、容器の色で性能が変わることは無いですが、「2009」と書かれたバージョンは最新のもので性能が従来品よりアップしています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/10/2700:19:56

種類については、friendship729spさんが書かれているので、質問とは違いますが使用した感想を書きたいと思います。

写真右の赤い容器のグルーを粘着ラバーと高弾性ラバーに使ったことがありますが、粘着ラバーの方がよりグルーの効果が高いように感じました、持続期間は2日ぐらいだったような気がします。
ただ、液体の中に黒いカスが入っていたり、キャップについているハケがすぐに折れてしまうなど、品質はいかにも中国製ですね。

細かい所さえ気にしなければ、試合には出れませんが練習では十分に使えると思いますよ。

ちなみに自分はオークションで1000円(送料込みで1700円)で買いました。

kamagon2003さん

2010/10/2523:56:18

卓球のグルーについて聞かれても,グルーは禁止になっているので,持っていても意味は無いと思います。

グルーが内蔵されているラバーを選べば良いと思います。

例えば,モリストやナルクロスEXなどの『グルー効果内臓ラバー』を買えば済む話だと思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。