ここから本文です

電気の計算で、kwからkvaに換算する計算方法を教えてください。

girl12301984さん

2010/10/2608:29:22

電気の計算で、kwからkvaに換算する計算方法を教えてください。

閲覧数:
231,819
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bokutomtomさん

2010/10/3115:23:49

しごく簡単です。
kVA=kW÷力率 です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「kva kw 換算」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/10/2609:01:25

KW,KVAの計算といいますが,その前のそもそも,KWというものと,KVAといものの両方がなぜあるのか,その違いは
何かを理解していないと計算してもしょうがありませんね。
Kwというのは,機器(モータなど)がどれだけの仕事を出来るかという大きさを表わす単位です。つまり,モータなどの出力を
表わします。 KVAというのは,それらの機器,装置を動かすにどれだけの電力を必要とするかを表わします。つまり
どれだけ入力しなければならないか,言い換えれば必要量です。
当然同じ装置でも,その装置を動かす必要な電力と,その結果生み出される出力(仕事量)は一致しません。なぜなら
装置の効率があるからです。つまり,熱や騒音になって,無駄になるエネルギーがあります。その違いだけKWとKVAの値は
異なってきます。
計算上は,ます装置の各構成機器のKwを把握して,その機器に流す(流れる)電流値を計算して,その電流値の総和に
機器の電圧VをかければKVA(電力量)が算出されます。 ここで,電流を計算したり,求めたりするところに装置の効率が
影響してきます。つまり,モータの効率で割ってやれば,電流値がKWから算出できます。
(3相の場合は少し計算が複雑です。)
かりに,同じ1.5Kw(出力が1.5KW)のモータでも,効率が悪ければ,大きなKVA(電力量)が必要ですし,
効率がよければ,必要電力は少なくなり,小さい電流になります。つまり,効率の悪い装置(モータなど)は無駄な
電流が流れているというこになります。その電流を無効電流といいます。
言い換えれば,仕事を出来る有効電流から計算される電力(出力)が有効電力でKW
それを動かすために供給される無効電流を含んだ電流が皮相電流でその皮相電流から計算された電力が皮相電力
といい,KVAで表現されます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2010/10/2611:18:43

有効電力[kA]から皮相電力[kVA]を算出するには、有効電力を力率で割る必要があります
ーー
皮相電力[kVA]は「その装置を動かすのに必要な電力」じゃないですねえ
(装置を動かすのに必要な『電力』は、kWで表される有効電力
ついでに『電力量』はkWhなどで表される値でエネルギーに相当してて、kVAで表す皮相電力とは無関係)

皮相電力は、電圧の実効値と電流の実効値を単純に掛け算したもの
交流だと、電圧や電流の位相差、波形の歪みのために、電圧(の実効値)*電流(の実効値)は(有効)電力とは一致しません(有効電力以上の値になる)
だもんで、別の単位(VAやkVA)をつかって、皮相電力として取り扱います(で、有効電力/皮相電力を示すのが「力率」)
電力機器で皮相電力表記が使われるのは、入力電流を計算するのに必要という以外に、皮相電力(電圧*電流)の大きさが機器の大きさに対応している、ってのも理由だったり

編集あり2010/10/2608:41:11

WはVAですから同じ数字のままでいいです
但し機械とかの話ならその機械の力率をかけた数字になっていたりするので機械によって違います
私の手元の機械では0.7倍か0.75倍になっていたように思います
モーターとかなら0.8とかって聞いたような気がする

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。