ここから本文です

僕はこのごろファーストフライ病に悩まされています。。。(右バッター) どうか...

yak********さん

2010/10/2619:25:00

僕はこのごろファーストフライ病に悩まされています。。。(右バッター)
どうか助けてください!!

きちんと芯で捉えれた時は逆方向(右中間)に強い打球が打てるのですが少しでも詰まるとすべてファーストへの力のない打球になってしまって。。。
それで始動を早くすると打球はすべてサードへの平凡なゴロ。
ファーストへのファールフライがいくときに考えられる原因は何でしょうか?
また、どうすれば(どのような練習をすれば)センターへ強い打球が打てるようになるでしょうか?
どうかよろしくお願いします!!

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,610
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

thu********さん

2010/10/2704:37:36

巨人の坂本選手も発症したとして話題のポップフライ症候群ですか?

なるほど。

ちょっと前はメジャーに移籍したばかりの松井秀喜選手がゴロKINGなんて呼ばれてましたしね。

でもあなたの文章から何が原因か出ていますよ。

まず芯に当たれば力強い打球が飛ぶのは当たりまえのことです。

次に逆方向に打とうとして芯を外した場合、力ないファーストフライになりやすいのもごく自然なことです。

なぜなら芯をはずしているから。

で、始動を早めるとサードゴロ(笑)

ではこの症状について主な原因をあげてみましょう。

・体が開いている=球の見切りが早くなるうえ、手打ちになる。
また体が開くとヘッドが下がりやすくなる。
よって逆方向へのバッティングではスイング範囲が狭いので、さほど気にならないでしょうが、ポイントを早めスイング範囲が広くなるとそれだけ下がって出たヘッドが上がる訳ですからボールの上っ面を叩きゴロになりやすい。

また、手打ちなので、当然強い打球も打てない。

バッティングにおけるスランプの中で一番多い症状じゃないですかね。

この体の開きは。

流し打ちを意識しすぎたことによるタイミングやポイントのズレから来たものか、素振りで悪い癖をつけちゃったか?が原因じゃないでしょうかね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

run********さん

2010/10/2711:48:19

タイミングの計り方が悪い

pok********さん

2010/10/2621:07:57

もう引退しましたが自分もフライ病にかかった事あります


理由は考えすぎでしょうこれマジで!



センター前はまずごろを転がせるようになってからかな


スランプ越えた時自分は最強になってましたwマジ


だから考えすぎず努力してください



中3

shi********さん

2010/10/2619:55:55

一番考えられるのは、ヘッドが下がっているということです。
よくヘッドを立てて打つのが良いと言われますが、バットがボールに当る瞬間までは出来るだけヘッドは水平かやや立った状態を保つ意識を素振りのときから持ちましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる