ここから本文です

イタリア語!?

ルリさん

2010/10/2801:38:05

イタリア語!?

これってイタリア語ですよね?

Il 12 ottobre 2010 Exor, in vista dell'assemblea degli azionisti, ha proposto il ceco come futuro consigliere d'amministrazione della società bianconera. Il 27 ottobre, a seguito dell'assemblea, Nedved diventa ufficialmente uno dei dodici componenti del CdA della Juventus..

2010年10月12日か27日に、ネドヴェドがExorという会社の取締役会に出席した・・・・の趣旨ということが書かれているのですか?

解る方、翻訳お願い致します。

補足皆さん、回答ありがとうございます。

失礼ですけれど、普段はイタリア語に係わってる方ですか?

閲覧数:
536
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

finedragonさん

編集あり2010/10/3108:55:35

Exorというのは、アニエッリ一族の持株会社です。

http://en.wikipedia.org/wiki/Exor_(company)

このページでみると、ユーヴェの株の60%を保有してるみたいですね。

イタリア語はよくわかりませんが、英語とフランス語の知識の断片、そしてmeiny_anneさんが載せてくれた翻訳を参考にすると、たぶん「il ceco」は英語の「the Czech(そのチェコ人)」、つまりネドヴェド自身を指していて「このチェコ人をsocietà bianconeraのfuturo consigliere d'amministrazioneにproposto(おそらく【任命】かなんか)した」という構造になっているのでしょう。「白黒」と訳されているbianconera(ビアンコネッラ)は、イタリア語知らなくともサッカーファンなら知っているユーヴェの別名(愛称)ですね。
「CdA」は「Consiglio di amministrazione(取締役会)」の略だと思いますので、二番目の文は

>10月27日の次の会議(総会?)で、ネドヴェドは公式にユヴェントス取締役会の12番目のメンバーとなる

というような意味ではないでしょうか。diventaはたぶんフランス語のdeviendra(「〜になる」の三人称単数単純未来)に相当するんじゃないかって気がします。なんにせよ、ビジネス関係のイタリア語をどう訳すのが適当なのかが厄介ですね(日本のビジネス用語もろくに知らんし)。

* * *

>失礼ですけれど、普段はイタリア語に係わってる方ですか?

いいえ、全然。時々イタリア映画を観るぐらいですよ。しかしフランス語がある程度読めれば(「話せる」必要はない)、イタリア語やスペイン語の文章の構造は大体見当がつきますから。

・ユーヴェの愛称が「bianconero(白黒)」だってのは知識として知っている。語尾が「〜nera」になってるのは、たぶんフランス語と同じ性数一致で、形容してる「della società」が女性名詞だからとか、そのへんの理由だろう。
・「ha」ってこれ一体どう発音するんだか。しかし「Exor ha propsto 〜」となるわけだから、フランス語のavoirにあたるもので、文を過去形もしくは現在完了形にしてると思って間違いないだろう。「il ceco」はmeiny_anneさんの翻訳と、あと『イル・ポスティーノ(郵便局員)』っていう映画の題名からして、定冠詞がついた単数形の「チェコ人(たぶん男性名詞)」。すると、ここじゃネドヴェド本人以外にあり得ない。
・「futuro」は英語のfutureと同語源っぽいから「将来の」とか「次期」とかいった形容詞じゃないか。

……とまあ、起こして書いてみれば、大体そんなような感じで「判読」してるに過ぎません。
その上で、改めて読み直してみましたが、「〜の12番目のメンバーとなる」はちょっと違ってたっぽいです。「uno dei dodici componenti」の「uno dei」は、たぶん英語の「one of」にあたるんでしょう。componentiは、英語というか外来語の「コンポーネント」から推測するに「構成要素」的な意味合いだろうから、

>〜ネドヴェドは公式にユヴェントス取締役会を構成する12人のメンバーの一人となる

の方が、より近い訳になりそうな気がします。
フランス語で「12」はdouzeですから、私にとって、meiny_anneさんの翻訳に出てくる「12」というのがどの単語かの見当はつくわけです。しかし私は、最初の投稿の時unoを読み飛ばしてしまって、結果dodiciを序数(〜番目)に解釈してしまったみたいです。

長くなってしまいましたが、私の場合、自分の興味がある外国語記事の大体の内容を知りたいだけで、その外国語について特に時間を割いて勉強しようとは別に思ってないわけです。だから「assemblea digli azionisti」が株主の「総会」なのか、役員会とか委員会なのかってところまで調べようとは思わない(どうせすぐ忘れますし)。手元にある辞書は英和とか仏和ぐらいですしね。
ネドヴェドの記事だったから興味を引かれたわけです。質問者さんも、そのへん動機は同じなのでは? で、ネドヴェドがユーヴェの「現場」にどう関わっていくことになるのかについては、残念ながら、この文章の範囲では何もわかりません。「amministrazione」が英語のadministrationと類縁なら、これはあくまでユヴェントスの「経営」サイドの話です。

あ、meiny_anneさんの翻訳文に「監督」という語があって気になるかも知れませんが、セリエAでのいわゆる「監督」はallenatore。ここでは言及されてません。

質問した人からのコメント

2010/11/1 06:45:38

笑う 確かにネドベのことを調べていたら、この文にいきついたのです。

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

しふぉんさん

2010/10/2801:41:16

Bingの翻訳でイタリア語と検出されました。
まあ、変ですけど翻訳載せます。質問者さんのおっしゃっている通りのことが書かれていると想像できます。

Exor 12 2010年 10 月年を視野に、株主に将来監督の取締役として白黒、チェコをもたらした。 27 10 月、会議は、次の Nedved 公式のユベントス取締役委員会のメンバーは 12 となった…

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる