◆女性のSEの方、女性のSEを部下や後輩にもつ方に質問◆ はじめて投稿させて頂きます。私は就職して3年目のシステムエンジニア(女)です。

転職1,893閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(3件)

1

はじめまして。 私も三年目の女性プログラマです。 私も同じような不安を抱えていて、上司に相談しました。 するとうちの経理はもともとSEとしてバリバリ働いていた方で、 結婚、出産を機に経理に移ったそうです。 経理には長年うちの会社で働いてくれた、信頼できる人に成って欲しい。 だからお前もうちの会社に絶対必要やと思える人材になって、いつか結婚した時に経理に行ったらえぇ。 と言われました。 やっぱり現場に出ながら育児…というのは難しいみたいです。 経理に移れば時間帯も配慮してくれるようですし、 今は会社に『お前にやめられたら困る!』と 思ってもらえるよう日々終電、休日出勤にもめげず頑張ってます。 そういう風に、女性の仕事復帰に協力的な会社に移るのも手かもしれません。

1人がナイス!しています

2

出産や育児に対する会社としての真剣度がどの程度あるかによると思います。幸いうちの会社は理解がある会社で育児休暇後に復帰する方がほとんどで、子供が小さいうちは時短勤務で子供の送り迎えも可能です。 しかし、SEはお客様あっての仕事です。休日にしかシステムを止められないとか、業務にピークがあるのはどこの会社に行っても同じです。お客が理解のある方でもそれはそれであり、納期が遅れることは許されないし、トラブルがあれば顧客優先は当然となります。それが仕事と言うものです。 厳しい書き方になりますが、両立は非常に厳しいです。旦那さんがどれだけ協力をしてくれるかにもよります。障害発生時に幼稚園で子供が熱を出したというシチュエーションも容易に考えられます。 そうは言ってもSEを続けたいと言う気持ちがあるようですので、例えばバックヤードの支援作業をやったり、一時的に他部門に移ることも考える必要はあるかもしれませんね。 最初にも書きましたが、会社によって状況が変わります。まだ予定はないかもしれませんが、人事課や上司、女性人に聞くのが一番です^^

2人がナイス!しています

0

始めまして。男ですがIT系でPG/SEなど多くの仕事を経験しており転職も数回 しており今年で12年になります。 私も貴女と同様に若い自分から多くの現場で様々な仕事をさせて頂いた経験が あります。そこで今までの経験・他社実態から回答させて頂きます。 まず貴女が不安に感じている事は、非常に現実を見た上で客観的に理解出来て いると思います。 一昨年のリーマンショックから女性は出産の際に退職を迫られるケースが非常に 多くなっているようです。(事務職の方は特に) SEなどの技術職の場合、その方のスキル、得意先からのウケ、などが判断材料 になるのですが、多くの場合20代で結婚・出産をする際に退職を迫られるケース が見られます。これは会社の規模が小さくなるほど、それに反比例して退職勧奨 の確率は高くなる傾向にあります。 これはご存知かと思いますが休職中でも会社としては色々な費用が発生する為 出産・育児休暇を1年以上取得されるとお金が無い会社であるほど嫌います。 (法的に保護されており本当はいけないのですが現実はそんな感じです) しかしいきなり「転職」と言うのも短絡的です。 そこで問題を一度整理してみましょう。 まず貴女の意思は結婚・出産で仕事を辞めるのではなく続けたい。 ここで2つ考える事があります。それは、 ①続ける意思があってもそもそも可能なのか?今の会社は出産・育児休暇の 取得を認めてくれる会社であるのかどうか。です。 これは現在の会社の状況を見れば分かると思います。実際に出産後に復帰して 居る女性はいるかを社内で見てみましょう。もしくは女性の人事部門の方に相談 して実態を教えて頂くのも1つの方法です。 ここで、「今の会社では難しい」と言う判断をされた場合、次の問題があります。 ②育児・仕事を両立出来るのか? 端的に言うと今のお仕事の状態の場合、夫になる方の協力は必要だと思います。 また通勤時間などが1.5時間以上ならば送迎も大変です。更に預けられる託児 所を見つけられるか、も大きな問題です。親と同居など面倒を見てもらえる人が いるのならば問題は無いのですが、実は最後が結構難関です。 そこで、次に両立が厳しい場合の選択として「働き方を変える・見直す」という考え もあります。 つまり今と同等ではないが、出来る限りの業務支援をする方向性です。 例えば、今の会社は退職して子供が1歳を過ぎたら「派遣」として働くという事も 可能性として考える必要があります。仕事の責任や量は今よりは減るでしょうし それによって家庭との両立もより可能になる事でしょう。 最後に「じゃぁどうすれば良いのか?」を詰めてみましょう。 簡単に纏めると次のような感じでしょうか。 1.今の会社が出産・育児休暇取得出来そうか?を確認 2.1がNGならば今よりも良い環境の会社に転職が可能か?を確認 (実際にコッソリと転職活動をして今の実力・経歴で可能な会社を探してみる) 3.結婚・出産・転職の3つの順序を良く考える これは正解はありません。出産が結婚より前にならなければ良いだけです。 例えば、結婚→出産→転職(退職→再就職)だけでなく転職→結婚→出産と言う 順序もありますし、結婚→転職→出産と言う場合もあります。 つまり転職の時期は十分に考える必要があると言う事。これは先にお伝えしたよう に働き方を含めて考える必要があります。 まずはこんな感じでしょうか。あくまでもアドバイスですので参考にする・しないは 貴女次第ですし、これ以外に他にも方法はあるとは思います。 最後に転職する際に働き方が現在のような感じで考えるならばポイントとして、 次の事を良く見ましょう。 1.手取りの給与よりも出来る限り規模の大きい会社を選ぶ 2.労働組合がある企業は特に良い 3.女性で子育てをされている方の有無を聞いてみる (3は例えば面接時などに聞いても問題はない。問題になるのは出産で退職する と思われてしまう場合。正直に出産後も続ける意思を伝えればOK) 色々と書かせて頂きましたが、個人的にはITの職場にはもっと女性が居た方が良 いと思っており、応援していますので頑張って下さい。